20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

SOS

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

【番外編】もしタイムマシーンがあったら

もしタイムマシーンがあって
人生の中で1日だけ戻れるとしたら
僕は即答で、はつみの余命宣告の日を選ぶ。


もっと前に戻れば、癌が発症する前に
はつみに伝えられれば
今も生きれているかもしれない。


でも僕はそれはルール違反だと思う。
人にはそれぞれ生まれた時から
寿命が決まっているのではないかと思うから。


それに仮にはつみに癌が発症がする前に伝えて
生き延びたとして、
僕だけが幸せになるのはずるいと思う。


はつみには申し訳ないけれど
自殺や交通事故や急な病に倒れ、
お別れの時間がないまま、
何も伝えられず
大切な人と別れてしまった人にこそ
タイムマシーンを使って
大切な人の命を救ってほしい。


僕ははつみの命は救えないけれど
出来る事ならタイムマシーンで
あの日に戻って
あの日のはつみの[心]を救いたい。


ただ泣くことしかできないけれど
告知の席に同席したい。


放心状態だったはつみの心に寄り添いたい。
一緒に悲しんで、
一緒に思う存分泣きたい。


「今日は傍に居てほしいな」という
はつみの心の叫びをしっかりと受け止めて
一晩中、はつみのそばに居たい。


今の自分でも、かけられる言葉など
見つからないし、かけられないけれど
あの日気づけなかった心の叫びを
はつみと共有したい。


そして思う存分2人で泣きたいなあ。
そして大好きだよってもう一度伝えたい。


はつみと信ちゃんの子供で
おれ本当に幸せだよ


ってこの9年分の想いを込めて
改めて伝えられたなあ。



いかん…書きながら涙が止まらなくなってしまった。
ここまで読んで頂いたということは
僕の妄想にお付き合い頂けたようで嬉しいです^^
ありがとうございました。


おかげさまでブログを開設して約3ヶ月。
ついに先日初めて、1日で403名の方に
お越し頂きました。


誰かの役立ちたい
その一心で書き続けて約3ヶ月。


LINE読者も15名の方に^^
僕の書く記事を気にかけてくださって
それだけで僕の励みになっています。


温かい心のこもったコメントも頂けて
このブログを書いていて良かったなと
実感しております。


拙い文章ではありますが、
これからも当ブログを引き続きご覧いただければ幸いです。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします




告知(下) ~今も消えぬ、人生で一番後悔した夜~

余命宣告を受けてから
数時間が立った。


僕はもう母に嘘をつかなくて良い事に
解放感を覚え、一番大事な母の想いに
目を向けられずに一緒にいた。


この日に貰った巨人の大田選手の
サインボールを見せ、貰った時の感想などを
母に話したのを覚えている。


父は夕食の準備などをしに
一旦家に帰った。


父は元々料理が好きで、仕事がある日も
だいたい19時には病院に来てくれていた。


だから母が入院中も
外食やコンビニ弁当ではなく
ほぼ夕飯は手作りのご飯を用意してくれた。


今にして思えば凄い事である。
仕事しながら、看病しながら、
僕ら子供達のごはんも用意してくれて。


少し話が逸れたが、
気がつくと夜になっていた。


告知の日ということもあり、
兄も心配で夜お見舞いに来てくれた。


そして夕飯を準備をし終わった父も
再び病室に来た。


病室には家族4人が揃った。
時間にして30分ぐらいだったけれど。


そしていよいよ帰りの時が来た。
「じゃあそろそろ今日は帰るわ」
という流れになった時


母が僕に向かって
なんとも言えない表情で


「今日は帰らないでほしいな…」


「ずっとそばにいてほしいな…」


と頼んできた。


あの時の母の顔と声のトーンは
未だに脳裏に焼き付いている。


でも僕が出した答えは…。。


「明日は朝からバイトだから無理だよ^^]


「他の人の迷惑になるしさ。」


「明日はバイト終わったらすぐ来るから^^」


と母の頼みを断った。
それが母の心からの叫び
だったにもかかわらず…。
しかしこの時の僕は
その事に気づいていない。


夜中まで起きていたことがない。
明日はバイトがある。
急に誰かにシフト代わってもらうのは申し訳ない。
4人部屋だし他の人にも病院にも迷惑がかかる。


などと理由をつけ、
この時の僕は迷うこともなく、
即答で断ってしまった。


父でも兄でもなく、
僕にそばに居てほしいと
言ってくれたのに…。


もちろん父と兄は
仕事があるから頼みづらかったのも
あるかもしれないが


告知という、言葉では表せられないほどの
深い悲しみやショックを受け
放心状態だった母の気持ちを
見抜けず、僕は最低だった…。


何度も言うがこの時は
本当に解放感に包まれていた。


大事な事に目も向けられずに。
そして翌日僕は母の取り乱した姿を
目の当たりにする。


そしてこの告知の日に
自分が取った言動を
心の底から後悔することとなる。






闘病記ランキング ↑↑
良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



母からのSOS

母の異変を感じたのは
忘れもしない


2008年11月9日の事だった。


その日は僕の21歳の誕生日。
結局これが母と過ごした
最後の誕生日となった。


僕はプロ野球の
西武ライオンズの大ファン。


兄はプロ野球の
読売ジャイアンツの大ファン。


この年両チームはリーグ優勝し、
日本シリーズで対戦した。


そしてこの日は
勝ったチームが
日本一になるという大事な日。


日曜日ということもあり、
いつものように父、母、兄と4人で
テレビで野球見ながら
晩御飯のしゃぶしゃぶを食べていた。


週末のいつもの光景。
しかし母の異変はすぐに起こった。


食べている途中で
突然吐き気を催し、
食べるのを止め、
流しで嘔吐を繰り返した。


僕は食事中だった事、
テレビ観戦の邪魔をされたことに腹を立て
苦しんでいる母に
つい酷い言葉をかけてしまった。


「うるさいな!食事中だぞ」


「ごめん・・。鶏肉に当たったのかも」


僕はその時その言葉を鵜呑みにし、
ただの一過性の食あたり程度にしか
思っていなかった。


母はその後2階の寝室で横になった。
その時には僕も冷静になり、母の代わりに
食器洗いと洗濯をした。


ちょうど母の寝室の前の部屋で
洗濯を干していると
襖の奥から


「ゆうじ、ごめんねせっかくの日本シリーズの時に・・。」


「気にしないで良いよ」


「西武勝つと良いね。でもそうするとお兄ちゃんが怖いか(笑)」


「うん。でも今日は誕生日だし絶対に西武が勝つよ!おやすみ」


そして試合は西武が日本一になった。
僕は嬉しくて2階の母の所に向かい、襖越しに


「はつみ(母)起きてる?西武勝ったよ!!!!」


「起きてるよ。良かったね。良い誕生日になったね」


「ありがとう!体調どう?良くなった?」


「うん。もう大丈夫だから、下に行ってスポーツニュース見て来な」


「良かった!おやすみ」


「うんおやすみ」


この時の僕は、
本当にただの一過性の
食あたりとしか思っていなかった。


しかしこれが母の
初めての異変で、母も気づかない
「母からのSOS」だっただなんて知る由もなかった・・・。



闘病記ランキング↑↑良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク