望みをかけた最後の一社の面接に臨んだものの自分の力を出せず落ちたと思った。亡くなる母との約束を自分の愚かな考えのせいで果たせず母の仏壇の前で泣いていると携帯電話が鳴った。番号は企業と僕の間を取り持ってくれた会社の人からだった。今でも覚えているのが僕はこの …
続きを読む