20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:酸素

高山病のような症状で酸素が脳に行きにくい状態。いつ亡くなってもおかしくない状態。もう本当に追い込まれている状態だと僕も重々承知していたがやはり諦める事などできなかった。それが無駄な抵抗だとしても僕はまだまだはつみに生きてほしい。インターネットで酸素につい …
続きを読む

「次に眠ったらそのまま…かもしれません…。」その言葉が頭から離れない。しかしあまりにも突然で自分の想像を遥かに超える宣告だったからかどこか他人事のような感じで時間が立つにつれ母と普通に雑談ができるような状態だった。しばらくすると仕事を早退して来た父から「 …
続きを読む

混乱したまま案内された部屋に入るとそこは暗闇に近い部屋だった。しかし僕はすぐに不信感を抱いた。それはいつもの主治医の先生ではなく初対面の先生だったことに。(だれだこの先生は…)僕は余計に混乱した。とりあえず一例をして椅子に腰を掛けた。すると僕の困惑した表情 …
続きを読む