母が病棟に響き渡る悲鳴を上げてから数時間が立った。その頃には僕ら兄弟は病棟のロビーで待機をしていた。生きた心地がしないとはまさにこういうことを言うのだと思う。僕はこの時、本当に母がこのまま死んでしまうのでないかと思っていた。もっと言えば7割は諦めていた…。 …
続きを読む