20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

通夜

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

はつみは今ココにいる!

母の通夜が終わり
その日の夜、
家族3人で過ごした。


僕は通夜でワンワン泣いたのもあり
父と兄にこれ以上余計な心配をかけないようにと
努めて明るく振舞った。



母は身長が低く、ぽっちゃりとした体形だった。
僕は母の事をたまに「ブウ」と呼んでいた。


「ブウ」とはドラゴンボールに出てくる
子供っぽい性格の可愛らしいキャラクターで
母にそっくりだと、母に対して
悪口というより親しみを込めて言っていた。


母の通夜には、僕が思っていたより
多くの人が来てくれた。


僕は不意に


隣の和室(母の寝室だった部屋)に向かって



「ブウ意外と知り合いいたんだね~」


と馬鹿にしながら
言った瞬間



突然リビングのタンスの上に置いてあった
母の写真が盾ごと倒れた。


僕はドキッとした。


母をからかった途端に
母の写真盾が倒れたことに。


間違いなく母の仕業。


『はつみは今ココにいる!』



そう思ったら



そう感じたら



嬉しくて



恋しくて



一気に涙が零れた。



この夜、母は間違いなく
僕ら家族と一緒にいてくれた。


そんな不思議な体験をした夜だった。


そして翌日、告別式当日の朝
これ以上に不思議な体験をする。


それは間違いなく
母からのメッセージだった。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



当然さ だってこの写真(遺影)は

母の通夜の時が来た。


この時の僕は
当時21歳ということもあってか
親戚や参列者など
知らない人達の前で


泣くわけにはいかない


泣いている姿を見せたくない


【人前で泣く=恥ずかしい事】


などと
考えてしまっていた。


僕はそんなことを考えながら
喪服に着替え、
母が待つ斎場に向かった。


斎場に着くと
入り口に母の名前が書かれた
看板が立っていた。


昔からこの斎場の前を通っていて
こうして故人の名前が書かれていた看板を
何気なく何度も見ていた。



まさかこうして
母の名前が書かれた看板が立つ、
こんな日が来るなんて…。
想像もしたこともなかった。



母の名前が書かれた
この看板を見て
僕の心はとてつもなく震えた。


そして改めて
母が本当に亡くなったんだと
再認識させられた。


そして家族揃って斎場に入った後
兄の会社から受付をしてくれる人達が来てくれて
その人達にお礼の挨拶をしたり


親戚や参列者が
僕ら遺族に次々と
声をかけてくれた。


「まさかこんなに早く亡くなるなんてね…」



「この前お会いした時はお元気そうだったのに…」



「こんな素敵な息子さん達が居ただなんて」



「大きくなったわね」



たくさんの人に
色んな言葉をかけてもらったが
泣かないと決めていた僕は
気丈に振舞い、泣かずにいた。



そして通夜が営まれる直前。
各々が席に着いて
僧侶の到着を待っていた。


すると向かい側に座っていた
親戚席の年配の女性2人が
母の遺影を見ながら
小声で



「良い写真ね」



「そうよね、凄く良い顔しているわよね」



そんなやり取りが聞こえて
僕は目頭が熱くなった。



そして心の中で
こう思った。



(当然さ だってこの写真(遺影)ははつみたっての希望だもん)



母があの時、
自分に何かあった時は遺影にしてと
僕に頼んだ写真だもん。


そう思ったら
当時のやりとりが
走馬灯のように思い出され



(はつみやったね!はつみの写真が褒めてもらえたよ…)



その瞬間、無理して我慢していたせいか
一瞬だけ心の蓋が取れ、涙がこぼれた。


慌ててハンカチで涙を拭き
もう一度、自分の感情に蓋をした。


だがその蓋は通夜が始めると
簡単に外れてしまった。


それもそうだ。
泣き虫の僕がそう簡単に
我慢できるわけがない。



僧侶の読経が始まり
母の写真を見ていたら


突然色んな感情に襲われた



無理矢理、自分の感情に蓋をしていたことで
その反動はいつも以上に大きかった。



母が亡くなったこの現実が
信じられない、
信じたくない



母の通夜なんてしたくない



こんなの辛すぎする…



母が居なくなった、
母が死んでしまった
この現実がこの時一気に
僕に襲いかかってきた。
そんな感覚だった。



受け止めきれない



その思いもあってか
感情が一気に爆発した。



僧侶の読経が続き
いよいよ遺族から始まる焼香。


喪主である父がまず焼香の為
席を立ち、遺族、参列者にお辞儀をした頃には
もうワンワン泣いてしまった。



そしていよいよ僕と兄の番になり
僕は顔をくしゃくしゃして大泣きしながら


親族、そして参列者にお辞儀をして
母の前に立ち、遺影を見ると
そこでも涙がさらに溢れた。


おそらく人生で
一番大泣きしたと思う。


焼香が終わり、自分の席に戻り
次々と親戚が焼香の為、
僕らに一礼をするので
その返しを繰り返ししていく事で
徐々に気持ちが落ち着いていった。



そして遺族の焼香が終わり
参列者の番になると
アルバイト先の店長が
来てくれていたのがわかった。


そして焼香が店長の番になると
店長はしっかりと僕の目を見てくれ
一礼をして焼香を行った。


(はつみ、この人が店長だよ)


僕は母の顔を一瞬見て
そう心の中で話しかけた。




そして僕が最も驚いたのが
中学の時の親友のヒロシがお母さんと
一緒に参列してくれていたこと。



ヒロシのお母さんには
母が入院した時に近所のスーパーで
会った時に報告していたが
ヒロシとは高校も違い、
中学を卒業してから
音信不通状態だったので
本当に驚いた。



ヒロシのお母さんに後で聞いた話だと
たまたまこの日この斎場の前を通ったら
母の名前が書かれた看板が目に入り
母が亡くなった事を知り、
参列したとのこと。


母の為に多くの人が来てくれて
本当にありがたかった。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母が負けを認めた日 ~悔し泣きした僕~

酸素が脳に行きにくくなり
次に眠ったらそのままかもしれないという
予断を許さない状況と言われたものの
特にそんなことはなかった。


脳に酸素が行きにくい事で
上の空になったり、ボケたりすることもなく
母は亡くなるまで普通に会話もでき
何も変わらなかった。


そしてある日の夜。
僕は母の前で悔し泣きをした。


僕と兄が知らない所で父と母は
まむなく訪れる今後の事を2人で話し合っていた。


僕と兄がその事を聞かされたのは
家族が全員揃ったある日の夜。


僕の記憶では先に父と母が病室にいて
僕と兄が後から合流した時の事だった。


家族4人しかいないものの
病室内には重苦しい空気が流れていた。


その日は特段、母の体調が悪化したなど
悪い事が起きたわけではなかったのに。


ベットに寝ている母を
僕らが立ったまま囲む。


母から見て右に父
真正面に兄、そして左側に僕が立っている。


母は僕ら3人の顔を見渡した後
口を開いた…。



「おまえたちには礼服が無い。明日父ちゃんと一緒に3人でAOKIに行って、礼服を作って来てほしい。」


僕はあまりに予期せぬ母からの言葉に動揺するとともに
母が死ぬことを受け入れた事、
生きる事を諦めた事、
負けを認めた事にショックを覚え
声を震わせながら


「なんだよそれ…」


「諦めるのかよ…」


どちらかというと、
消えいるように呟くように
僕は悔し泣きをした。


どこにこの怒りをぶつければ良いのかわからない。
かといって納得はできない。


僕は歯を食いしばり、拳を握りしめ
目をつぶりながら顔を下に向け泣いた。


もう99%この状況は変わらないほど
最悪な状況だとはわかっているけれど


母がもう死を受け入れた事が
とてつもなくショックで…。


しかも母から"自分の葬式の為に着る喪服を買って来て"
と言われたことが悲しかったし


母の気持ちを考えると、
やるせなくて…。


すると母がまた口を開いた。
今度は笑顔で


「大丈夫!礼服だから、将来友達の結婚式に出る時にも使えるから^^」


(なんでこんな状況でも笑っていられるんだよ…)


母は無理して笑っているようには見えなかった。
純粋に僕らに提案していた。


僕はそんな母の笑顔を見て


(無理だよ…。おれはその服を着る度にはつみを思い出すよ…。)


(とてもそれを着て結婚式になんて参加できないよ…。)


言葉にはしなかったけれど
僕は心の中でそう強く思った。


母が負けを認めた日
それは僕が悔し泣きをした夜だった。


結局翌日僕らは母に言われた通り
AOKIに礼服を買いに行った。


そして母はこの礼服が完成するまで
しっかりと生きてくれ


母の通夜、告別式に間に合った。


未だにこの礼服を見ると
当時のこの日の夜の事を思い出す…。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク