20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:走馬灯

父の口から予想だにしなかった言葉を聞き僕は動揺を隠せなかった。なぜ父は自分の病気が癌であるとわかったのか。その答えはすぐに父の口から出てきた。僕は思わず父にこう聞いた。「え…?なんで癌だってわかったの?」僕はもう隠すつもりはなく僕はもう父が癌である事を知 …
続きを読む

今日2月2日は母の命日だ。2009年2月2日に亡くなったので今日で丸10年だ。母は53歳で亡くなった。生きていれば63歳。来月の3月が誕生日だから生きていれば64歳。なんだか10年という節目なためか母の早死に対し考えるのはなかなかない。64歳なんてまだま …
続きを読む
避け続けていた場所

母と死別してから僕にはずっと避け続けていた場所があった。その場所とは母が入院し、母が亡くなった病院。僕は母と死別してからその後の手続きなどで病院に行ったものの最初の数年間はずっとこの場所を避けていた。家から自転車で10分の場所にある病院。僕は出来る限りこ …
続きを読む

日勤の仕事に就き気持ちに余裕が持てて父との時間がたくさん取れた。母が居た頃は仕事が休みの週末の昼食と夕食を作るのが父の担当だった。でも逆を言うと洗濯やお風呂洗い、食器洗いなどの家事全般は父は全くやらなかった。しかし母が亡くなってからというものの最初のうち …
続きを読む