20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

【番外編】こんな些細な事でも

今回は久しぶりの番外編です。
なぜ番外編かというと
水曜日あたりから体調を崩してしまい
3年ぶりの風邪を引いてしまいました。



せっかく続きを楽しみにしてくれていた方達には
期待を裏切る形となり申し訳ありません…。



今は37,5℃まで下がったものの
昨日の昼頃から熱が38,7℃まで上がったり
と上がったり、下がったりの状態で
頭がボーっとしています。


普段記事を書くときは
自分の当時の記憶を思い出しながら
かなり集中をして書いています。


なので今の状態だと
そこまで集中が出来ないため
母の事を書くのは見送りました。


それだけ大事に書いていますし
書きたいので。


また体調が戻ったら再開します。
今回はどうかご勘弁を…。




さて冒頭にも言いましたが
今回3年ぶりに風邪を引いてしまいました。


父が亡くなったから初めてです。
元々父が亡くなるまでは
しょっちゅう風邪を引いていました。



でも父が異変を訴えて
癌が見つかり、亡くなり
そして亡くなってからも
ずっと気が張っていた為
風邪を引きませんでした。



父の傍に居たい、居るためには
風邪なんて引いてられない


父がいなくなった今
自分が風邪を引いたら
誰も看病してくれない


などとずっと
気が張っていました。


よく「病は気から」
と耳にしますが
本当その通りだなと
ここ2年ぐらいは思っていました。


父が亡くなり1年と2ヶ月。
気が緩んだのかもしれません(笑)



情けない事に僕は
30歳でありながら
未だに実家暮らし。


今までなら
風邪を引いたら
体調が少し落ち着いた時に
1階に下りれば


父がうどんを作ってくれたり
頼んでもいないのに
コンビニでおにぎりを買って来てくれていました。


だから僕はただ安静にすることだけに
専念出来ていました。



でも父がいなくなってから
初めて風邪を引いた事で
こんな些細なことでも
父のありがたみが身に染みました。



久しぶりに
(信ちゃん(父)がいてくれたらなあ…)
と父の事が恋しくなりました。


また父の遺影に向かって
このお礼の気持ちを伝えました。


でも僕は大事な事を忘れていました。
僕には兄がいる。


僕は何故かしてほしいことがあっても
なかなか兄には頼みづらい事があって
今日も兄は夜勤から昼前に帰って来たのですが


何回かメールで
「帰りにおにぎり買って来て」
と頼もうと思ったのですが


(夜勤明けだし、お風呂入ってすぐ寝たいだろうし)



(自分の時間を取らせるのは悪いな…)


などと躊躇し、後で
自分でコンビニにでも
買いに行こうと思っていました。



すると…。
兄が帰ってくるなり
2階に上がって来て
僕の部屋の扉越しに



「熱下がった?」



「うん。でもまた37.5まで上がってしまった」



と言うと
兄の口から



「コンビニ行って何か買って来てあげようか?」



「え…?」




予想だにしなかった
兄からの言葉を聞いて
僕はこみ上げてくるものがあり
目を真っ赤にしながら


「じゃあおにぎり買って来て^^]



とお願いしました。




亡くなった父のありがたみと
僕には自慢の兄がいる



改めて家族って良いな


としみじみと感じました。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



【番外編】カエルの画像の意味 ~無事カエル~

今日は番外編です。


まず皆さんにお礼を言わせてください。
おかげさまでこのブログを始めて
約1ヶ月。


文章力も構成も乏しいにもかかわらず、
おかげさまでたくさんの方にご覧頂き、


1日平均200人の方に訪問いただき
1日平均1200PVになりました。


これもひとえに皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。


これからもどうかお付き合いのほど
よろしくお願い致します。


また嬉しいことにLINE読者に
2名の方が登録下さっており、
とても励みになります!!


このブログを書こうと思ったのも



「僕の経験が誰かの役に立ってほしい」



「大切な人との関係を見直そう」



「大切な人と過ごす時間を大事にしよう」



など何かのキッカケになってくれれば良いなと
強く思ったからです。



どれだけの人の心に響くはわかりませんが、
1人でも多くの方に届くと信じて、
これからも書き続けます。



さて前置きが長くなりましたが、
今回はなぜ僕のプロフィールなどが
カエルのぬいぐるみなのかということ。


興味がない方もいらっしゃると思いますが、
今日はこのカエルについてのエピソードを書きます。


母は生前、ぬいぐるみが大好きでした。
その中でも特にカエルが好きでした。


母が可愛がっていた
カエルのぬいぐるみがこちらです。


jpgjp-



一番大きい黄緑のカエルが
母の一番のお気に入りでした。


母が元気で家で暮らしていた時は
母はいつもこのカエルと一緒に寝ていました。


そして母が入院した時に
僕はただ単純に、深い意味もなく、
母が喜んでくれればという思いで、


このカエルのぬいぐるみを
病室に持っていきました。


すると母はとても喜んでくれました。


そして次の瞬間、
母は涙を堪えるように


「無事カエル(帰る)って意味だね^^」
そういうと嬉しそうに
そのカエルのぬいぐるみを
抱きしめました。


あの時の母の顔と声は
今でも頭の中に残っています。


そしてその後、母が亡くってすぐ
僕は運命的?な不思議な体験をしました。


母が亡くなり、葬儀などひと段落したある日
僕は自転車で20分ぐらいのショッピングモールに行きました。


僕の記憶ではショッピングモール内にある
ノジマ電気に洗濯機の「くず取りネット」を
購入しに行ったのだと思います。


母が亡くなって
僕は軽い引きこもりになり、
体がなまっていたので、
いつもならエスカレーターを使うのですが、その日は階段を使い、
6階のノジマ電気を目指しました。



すると5階に着いた時、
階段の横に雑貨屋さんがありました。


僕は雑貨屋さんには興味がないので、
普段なら見向きもせず素通りするはずなのに
この日はなぜか雑貨屋さんに足を踏み入れました。


そして商品棚に目をやると僕は
ドキッとして心臓が止まったような感覚になりました。


IMG_0042 (2)



そこにはなんとカエルのぬいぐるみが販売されていたのです。
しかも母の体形に似たまん丸とした太ったカエルが・・。


僕は涙がこぼれないように
店内で必死に堪えました。


「母に似た体形のカエルのぬいぐるみ」


「母が大好きだったカエルのぬいぐるみ」


僕は「これは母の生まれ変わりだ!」と
都合の良い解釈をしてすぐにレジに向かいました。


「あの時エスカレーターで6階に行っていたら
この雑貨屋さんには気づかなかった」


「あの時階段で行ったからここに辿り着いた。」


偶然だったのかもしれません。


でも僕は信じたい。


生まれ変わった母が
僕を呼んでくれたのだと・・。


ちなみに僕は今年でまもなく30歳になります。
しかし恥ずかしながら未だに
このカエルのぬいぐるみを可愛がっています^^


IMG_20170720_220045


馬鹿で気持ち悪いと思われると思いますが、
母の生まれ変わりだと信じています。


また写真上げるかもしれませんが
その時はお許しください^^;


では今日はこの辺で^^


闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク