20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:病院

ひょっとしたら明日父と病院に行ったら父は入院することになるかもしれない。ひょっとしたら母の時のように緊急入院、緊急手術、余命宣告、そしてこの家にもう帰って来られないかもしれない。僕は狭心症であってほしいと願っていたものの父が入院する前日にはこれまで"敢えて …
続きを読む

仕事中ずっと父が病院に行ったのか気になっていた。父は元から病院嫌いの人だった。僕と兄は3つ違い。僕が高校受験兄が大学受験の時は同時に受験だった。そんな大事な年に父はインフルエンザにかかった。さらに僕が大学受験の時に父はノロウイルスにかかった。だが父は昔か …
続きを読む

翌日僕は仕事だった。父が心配でいつもより少しだけ早起きした。父は普段と変わらない様子だった。そんな父を見てひと安心したのを覚えている。支度を済ませて家を出る前に父にもう一度、病院に行くように念押しした。父はボソッと「行く気力がない…」と言ってきた。僕はそ …
続きを読む

目が覚めると悪夢の前日から次の日の朝になっていた。涙のせいで枕が湿っていてなんだか気持ち悪かった。僕はベットの上でこれからのことを自分なりに色々と考えた。母が入院している病院は家から自転車で10分以内の所にある。面会の時間までまだ時間はたくさんある。そこで …
続きを読む