20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母 はつみ 永眠 享年53歳

家族では僕だけが
母の最期を看取った


母には2回死亡時刻がある。
僕が看取った午前8時42分。


この時先生は父が来るまで
死亡時刻を待ちますと僕に告げた。


なので
2009年2月2日午前9時11分が
母の正式な死亡時刻となった。


父が来るまで約30分の間、
母が息を引き取ったにもかかわらず
僕は泣かなかった


というようより
泣けなかった



この母が亡くなったという現実が
理解できず、また受け止めきれず
実感が沸かなかったから。


それに先生と看護師の方もいたので
平静を装って
時折笑みも浮かべていた気がする。


覚えているのは
看護師の方が
目に涙を貯めながら


「朝の時点では普通に会話ができていたのですが…」


と僕に教えてくれた事。



そして看護師さんは
母の死を悲しんで悲痛な顔で
冷たくなった母の顔を
ずっと見てくれていたのが
僕は凄く嬉しかった。


そしてそうこうしていると
物凄い勢いで
病室の扉が開いた


父が来た。



父は今までに見た事のないような
表情で病室に入ってくるなり
母の顔を見つめた。



すると先生が父に
本当は8時42分に亡くなったが
父が来た時間を死亡時刻にするため
待っていたことを告げた。




そしてついに『その時』を
先生は僕と父に告げた。



「午前9時11分ご臨終です…」



その瞬間父は膝から崩れ落ち



母の両手を力強く握りしめ


「よく頑張った! よく頑張った!」


と泣きながら
母に呼び掛けた。



僕はそんな父の姿を見て
この目の前で起きている
残酷な光景が
「現実」であると実感が沸き



リミッターが外れ
一気に感情が爆発した



声を出して
ワンワン泣いた。



父がこんな風に泣いたところを見るのは
産まれて初めてだった。


父が母の事を本当に大切に大事に想って
愛していたのが改めてわかって
そこにも感動した。



あらゆる感情に襲われ
それが僕の心を震わせた。



2009年2月22日
午前9時11分


母 はつみ 永眠


享年53歳


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母との最期の会話

言葉は無かったけれど
僕の事を許してくれた父。



仲直りした僕らは
それから穏やかな時間を過ごせた。



母は寝たきりになっていたけれど
体調は悪い感じはなく
父と仲直りしてから
兄が来るまでの間
3人で何を話したかは覚えていないけれど
本当に穏やかな時間を過ごせていたのだけは
はっきりと覚えている。



そしてついに僕と母の
『最期の会話』の時を迎える…。



忘れもしない。



時刻は面会終了間際の
20時頃。



仕事を終えた兄が
病室に来た。



母が入院してから
この日まで



僕ら家族は毎日
面会時間終了の20時で
病院を後にしていた。




余命を告知されたあの日







母が「今日はそばにいてほしいな」と
僕に懇願したあの日も


僕らは必ず20時で
病院を後にしていた。


滅多には無かったけれど
この日のように
父も兄も仕事が終わって
20時ギリギリに病院に来たとしても
必ず20時には病院を後にしていた。



僕はてっきりこの日も
兄は15分だけお見舞いに来て
僕らと一緒に帰ると思っていた。



しかしこの日は違った。



兄は僕らに



「おれはまだいるから先に帰っていいよ」



と告げた。



きっと兄も覚悟していたのだろう。
母と過ごせる時間があとわずかであることを…。



僕と父は兄の言葉を聞いて
帰る準備を始めた。



そしていよいよ
帰る準備ができた。



父と母の会話が終わる。



僕の番が来た。




僕が「じゃあ帰るね」と言うと




母はまた泣きそうな声で




「明日も来てくれる?」
と聞いてきた。




僕は「当たり前だろ^^」




と笑顔で返した。




そしていよいよ



母の口から聞いた
最期の言葉。










母「ほなまた^^」






僕「ほなまた明日^^」






これが僕と母の
最期の会話となった。


この時の僕はこれが
母との最期の会話になるとは
知る由も無かった。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



ゆうじがもう来てくれない

僕が取った不謹慎で
軽率な行動によって
僕と父は喧嘩をした。


母の病室でお互い
怒りで沈黙をする。


全ては僕がいけないのに…。


でも変に意地を張ってしまい
母にもそっけない態度を取ってしまった。


僕は


「誰も洗濯してくれないから家に帰って洗濯干してくる!」


と病院に来てまもないにもかかわらず
帰ろうとしてしまった。



そんな僕の態度を見て
母は僕が母の事を嫌いになってしまったのかと
不安を感じ始め


父の方を向かい、
泣きそうな声で



「どうしよう…ゆうじがもう来てくれない…」



僕は慌てて



「大丈夫だよはつみ。洗濯物を干したらまたすぐに来るよ」



と母に声をかけた。



そしてその瞬間、
自分の軽率な行動を
心の底から後悔した。


母にこんなことを言わせてしまった事に
ショックを受け、目に涙を貯めながら



「とりあえず一旦家に帰るね」



と言い残し家に帰った。




しかし父に対して
謝ることができなかった。



父が家に帰ってくると
僕は無言でまた自転車で病院に向かった。



母の病室に着くと
母は僕の顔を見て



これまた泣きそうな声で



「あ~ゆうじが来てくれた…」



とホッとした様子だった。



僕は本当にバカだった。



あんな軽率な行動を取らなければ
父にも母にも
こんな嫌な思いをさせなくて済んだのに…。



母との貴重な残りの時間を
僕は台無しにしてしまった。



でもこんなバカな僕には
どんな時でも味方でいてくれる両親がいた。



僕は自分のしたことを悔いていても
くだらないプライドが邪魔をして
父に謝ることができなかった。



そんな思いを持って
母のそばにいると



突然病室の扉が開いた。



そこには先程家に帰って来たはずの
父の姿があった。



動揺する僕。



そんな僕をよそに
父は椅子に腰を掛けた。



僕と父が喧嘩をしていることを
知らない母は父に



「あれ?もう帰ってきたの?」



と嬉しそうに話しかけた。



父は



「洋平は仕事でまだ来れないけれど、今日は家族でゆっくり過ごそうと思ってな」



僕は父の言葉を聞いて
泣き始めてしまった。



あんな酷い事をしたのに
父が僕の事を見放さないでいてくれた事や


僕を含めた
『家族で過ごす』
という言葉がたまらなく嬉しかった。


そして何より
父と母に対しての


『ごめんなさい』


という懺悔の気持ちが溢れ
涙が止まらなかった。



母は突然泣き始めた僕を
心配してくれて


「どうした?」



「ううん…なんでもない…。おれが悪かっただけ…」



どんな時でも
大きな心で、
たくさんの愛情で
僕の事を包み込んでくれる両親。



僕はつくづく

この両親の元に生まれて
本当に幸せだと思った。


そしてこの数時間後
僕は母と最後の会話をすることとなる。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母が亡くなる前日~僕が取った不謹慎で軽率な行動~

僕には母に告知をした夜と
同じぐらい後悔している日がある。


それは母が亡くなる前日に取った
僕の不謹慎で軽率な行動によって


父を激怒させ、
母を不安にさせ、
そして悲しませてしまうこととなる。


これまで仲が良かった家族だったのに
家族全員で過ごせた『最後の日』
となったにも関わらず


僕のせいで父と軽い喧嘩をしたことで
微妙な距離感が生まれてしまった。


あんなことをしなければ良かったと
ずっと後悔している。




2009年2月1日日曜日
朝8時過ぎ。


今でも忘れない。


起きて父に「おはよう」と挨拶をして
父はこの日も僕が起きると
焼き魚を焼き始めてくれた。


そして出来立ての朝ご飯を用意してくれて
僕が食べ始めるのを見ると、
父は近所のコンビニにタバコを買いに行った。


父が出掛けてすぐ、
家の電話が鳴り響く。


(こんな朝早く誰だよ)


と若干の苛立ちを覚えながら
電話に出ると…。



電話の主は母だった。



母はすごく悲しそうな声で



「どうして来てくれないの…?」


と聞いてきた。


僕は


「ごめん すぐに行くから待ってて!」



と電話を切った。



寝たきりの母がどうやって
電話を掛けたのかは未だにわからない。


車椅子に乗る体力すら
残されていない状態だったのに
どうやって掛けたのか
多少の疑問を持ちながら
急いで着替えた。



そして僕はここで
不謹慎で軽はずみな行動を取る。


食べ始めたばかりの食事。


少し待っていれば
父は帰ってくる。


父が帰りを待ってからでも
良かったのに、


なんでこんなことを思ってしまったのか
この時の僕は


(信幸を驚かせてやろう)


と食べかけの食事と
食器を机の上にそのままにして、
置手紙もせず、
そのまま病院に向かった。


傍から見ればまるで母の容体が急変して
慌てて病院に向かったような状況


僕は考えなくてもわかるぐらい
やってはいけない冗談をしたまま
病院に向かってしまった。


自転車で急いで病院に向かい
母が待つ病室に行くと


母は僕の顔を見るなり


「あ~来てくれた」


と安堵した様子だった。



昨日まで僕の事を励ましてくれていたのに
母は凄く僕の事が恋しそうだった。


僕は一旦、母に顔を出して
母をホッとさせられたので
父を1階のロビーに迎えに行った。


案の定、父から着信が数件入っており
1階のロビーに着いて電話をかけると


父はちょうど病院の駐車場に
車を止め終わった所だった。



電話の先の父の声は怖かった。


先程の母との電話の経緯を話して
母の無事を伝え終わった頃には
入り口の方から父が歩いてくるのが見えた。


この日は日曜日。
病院はガラガラだった。


僕はネタバラシというか
父をからかった事に満足して
笑みを浮かべながら
父の元へ向かうと



父は怒りを噛み殺すように
凄く険しい顔で近づいてきた。


父のあんな怖い顔をしているのを見たのは
21年一緒に居たが初めてだった。



父は凄く温厚で
子供の時から
怒鳴られたり、
手を挙げられたことは一度もなく


僕が言うのも変だけど
父は人間ができていたので
とても優しい人だった。


そんな父を怒らせてしまった。


父は


「母ちゃんは本当に大丈夫なのか?」



「何度も電話したんだぞ」 



「赤信号も無視して来たんだ」



怒りを噛み殺しながら
父は僕に怒っていた。



僕は優しい父を怒らせてしまった事に
動揺して、また自分の非を認めようとせず



(な、なんだよ…そこまで怒る事ないじゃん…)



と自分を正当化しようとした。




そしてこの不謹慎で軽率な行動は
この後母を不安にさせて
そして母を悲しませてしまうこととなる…。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



納得できるわけ…ねぇだろ…

「次に眠ったらそのまま…かもしれません…。」


その言葉が頭から離れない。


しかしあまりにも突然で
自分の想像を遥かに超える宣告だったからか
どこか他人事のような感じで
時間が立つにつれ
母と普通に雑談ができるような状態だった。


しばらくすると
仕事を早退して来た
父から「病院に着いた」と
メールが来た。


僕は母を病室に残し、急いで
4階のエレベーター前に向かった。


エレベーターから父が降りて来た。
父と目が合った瞬間、
緊張の糸がほどけたのか
僕はその場で泣き始めてしまった。


父はそんな僕を見て、心配してくれ
向かいのロビーに誘導してくれた。


僕はしゃくり泣きながら
先生から言われたことを伝えた。


しゃくり泣きながら父に伝えたため
言葉の端々で詰まり
話がうまく伝えられなかったにもかかわらず


父はメソメソしている僕に対して
「もっとはっきり言え!」などと怒ったり、
せかすわけでもなく、
僕のペースに合わせ、
僕の顔を覗き込むように
大事に大事に耳を傾けてくれた。


そして父は僕を慰めてくれ
「先生と話をしてくる。おまえは落ち着くまでここにいろ」
と優しく声をかけてくれた。


父は立ち上がり
僕の右肩を無言で
ポンポンと叩いて
先生の元へと向かった。


僕は顔を上げ
父の背中を見ながら
さらに泣いた。


父が先生の所に向かって
再び僕の前に帰ってくるまで
時間にしてどのくらいだっただろうか


覚えているのはこの間
1人で泣いていたのと
母の所に行かなかったこと、
最終的にロビーから
携帯電話が使用できる携帯エリアに移動して
その椅子に座っていたこと。


父がロビーに姿を現した。
キョロキョロしている。


僕はしゃくり泣きながら
黙って父を見つめる。


父は僕の姿を見つけると
穏やかな顔をして僕の元へと歩いてきた。


父は主治医の先生と話した内容を
丁寧に教えてくれた。


そして最終的に先生との話の中で
まむなく訪れる
"母の最期について家族の意思を聞かれた"
と僕に教えてくれた。


そして父は僕に尋ねた。



「もし母ちゃんがそんな状態になったら延命を望むか?それとも何もせず時の流れに任せるか?どうする?」


「もし延命をしたとしても母ちゃんは植物状態になって眠ったままで会話はもうできない…。」


「でもお前と兄ちゃんがそれを望むなら父ちゃんは先生に反対されようとも、先生にお願いするよ」


僕は父からの言葉を聞き
人目をはばからず、
ひたすら泣いて泣いて泣いた。


答えは出ているのに
それを言葉にしてしまったら、
はつみが死ぬことを認めてしまう気がして
なかなか父に伝えることができなかった…。


でも父はその間何も言わず
ずっと隣にいてくれた。


そして僕はしゃくり泣きながら
ゆっくり、ゆっくりと自分の答えを伝えた。


「時の流れに…任せるよ…。」


「はつみが…これ以上…苦しまないで…済むように…」


すると父は


「わかった。それで納得できるな?」


と僕の気持ちを悟ったように
どこか穏やかな顔で僕の目を
しっかりと見てくれた。


あの時の父の顔は
今でも忘れられない。


僕は目を反らしながら



「納得できるわけ…ねぇだろ…」


と悔し泣きながら
父に怒りをぶつけてしまった…。


まもなく亡くなってしまう最愛の人と
僕ら子供達の間で


誰よりも辛く、残酷な決断を迫られ
それでも決断をしなればならなかった父。


涙を見せるわけでもなく
取り乱すこともなく
決断した父。


そんな父を僕は
誇りに思う。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク