20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

深呼吸

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

おまえには無理だ^^

いよいよ母と過ごせる
残りの時間もあとわずか


母の口から死を受け入れた発言を聞くようになり
このあたりから本当の意味で
僕も『その時』を真剣に考えるようになった。


だから僕は母が生きているうちに
伝えたいことを伝えなければと決心した。


この日僕は母に会う前から緊張していた。


それは母の体調に関してではなく、
自分の事でだった。


それは母にこれまで一度もしたことのなかった
『好きな人がいる』というのを伝えること。


僕は30歳になる今でも
人生で彼女ができたことがない。


この当時(21歳時点で)も
彼女はいなかった。


これまでの21年間、
彼女ができた事がなかったこともあり
母と好きな人の事や
女性の話をしたことは皆無だった。


しかしこの当時、
こんな僕にも
2歳下の高校の後輩の好きな子がいた。


その子とは知り合った当時から
毎日のようにメールをして
時には電話をしたりして、
付き合ってはいなかったけれど
母が入院した時からも
ずっと支えてもらっていた。


僕にもそんな人がいる。


母が亡くなる前に
『自分にも好きな人がいること』
をきちんと伝えたいと思った。


それはノロケでも自慢でも何でもない。
ただ純粋にこれまでの人生で
そういった恋愛の話などしてこなかった僕にも
『好きな人がいるんだ、だから心配しないでね』
と安心させてあげたかったから。


そしていよいよその時を迎える。
僕は母の前で深呼吸をして



「はつみ、今日は大事な話があるんだ。2人だけの秘密にしてくれる…?」



「ん?なにかな?^^」



心拍数が上がり、
心臓がバクバクしているのが
自分でもわかった。


再度深呼吸をして


「実はオレ、好きな人がいるんだ」


「高校の後輩の子で、はつみが入院した時からもずっと支えてもらっていて」


「付き合ってはいないから誤解しないでね」


「ただの片想いだからさ」


僕は勢いに任せ、
聞かれてもいないことまで
母に話した。


すると母は驚いた感じではなく
嬉しそうに


「へ~ゆうじにも好きな人がいたのか^^」



とニタニタしながら僕を見てきた。



この時の光景は今でも覚えている。


僕は携帯を取り出し
母にその子の写真を見せた。



すると母は



「かわいい子だね^^」



そしていたずらっぽく笑いながら



「おまえには無理だ^^」



とからかってきた。



僕も笑いながら



「なんだよそれ^^」



と言い返した。




母は凄く嬉しそうだった。



僕の勝手な解釈かもしれないけれど
僕の口からこれまで一度たりともしてこなかった
恋愛の話を聞けたことが嬉しかったのだと思う。



僕もまた嬉しかった。
母とこういった照れくさい話ができて。


そして同時に元気な時にも
しておけばよかったと。


何とか母が亡くなる前に
話せてよかった。


そして僕には母にもうひとつ
伝えておきたいことがあった。



でもそれは照れくさくて
また『できればまだ言いたくない事』
でもあった。


なのでこの日は言わず
明日にしようと決めた。


これは母が亡くなる3日前の話。


母が亡くなるまであと2日。


翌日、僕は泣きながら母にある想いを伝える。









闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



生きててくれて

僕らが病室に着いた頃には
母は意識が戻っていて
落ち着いていた。


僕は母の姿を見ると安堵して
緊張の糸がほどけ目が真っ赤になった。


母はまず父と兄と話をした。
僕はその間、母に背を向け
母から見えない位置に立ち
何回も深呼吸をして
気持ちを落ち着かせようとした。


すると母が
「ゆうじもこっちへ来て」と
弱々しい声で
僕を呼んだ。


僕はその母の声を聞いて
込み上げてくるものがあり
涙を貯めながらも
母の元に向かった。


母も目に涙を貯めていた。
僕は両膝をついて
ベットで寝ている母の右手を
両手で力強く握りしめた。


母もまた僕の手を
今持てる力を振り絞って
ギュッと握り返してくれた。


母の手の温もり、
母の声


母がまだ生きていることを
実感できて、心の底からホッとした。



すると母は
申し訳なさそうに
僕の方に目を向けて


「ごめんね…心配かけて…」


「ううん…大丈夫だよ…」


「いつもゆうじが来るとすぐ母ちゃん体がおかしくなって本当にごめんね…」


僕はその言葉を聞いて
涙がドッと溢れた。


僕は両手で握りしめた母の手を
自分のおでこに何回もポンポンと当てて
泣き続けた。


そして母の顔を見て
むせび泣きながら


「生きててくれて本当によかった……」


と心の底から思っている事を伝えた。


母は


「こんなに心配してくれてるんだ、まだ母ちゃんは死ねないよ」


と言って笑って励ましてくれた。


その顔を見て
僕はさらに泣いた。


そして先生が言った通り
腹水を抜いたこの日から
母の体は日に日に弱っていった…


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク