20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:泣かないと決めた日

何気なく見始めた榮倉奈々さん主演ドラマ「泣かないと決めた日」入社前にアルバイトとして働き始め約1ヶ月。毎日失敗ばかりでうまくいかずもどかしい日々を過ごしていた為か僕はこのドラマにあっという間に引き込まれてしまった。主人公は悪意に満ち溢れた嫌がらせなどを受 …
続きを読む

座右の銘。調べてみると常にその人の心に留めておき、自分の励ましや戒めとする言葉のこと。 生き方や仕事に対する姿勢や方向性、価値観などのベースになるものといえるとある。社会人になりたての僕には座右の銘がなかった。研修期間中の束の間の休日。研修期間中に教わり、 …
続きを読む