20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

決意

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

自分の感情に

兄から言われた言葉に
最初は怒りを覚えたものの
時間が立つにつれ
ショックに変わった。


たしかに兄は僕の前で
一度も大泣きしなかった。


自分は凄く感情に正直で
ワンワン泣いていて
過ごしてきたので


兄と父は凄いなと
改めて思ったのと同時に



確かにいつまでも
自分だけ泣いているのは
2人に申し訳ない。


‘泣くのは1人の時だけにしよう'



と決意した。



そして携帯を使って
自分の気持ちを相手に
見せないためには
どう振舞えば良いのかなどについて
調べ始めた。



するといくつか
心に刺さる言葉が見つかり


座右の銘はないけれど
肝に銘じようと決意した。



それがこれだ。



『自分の感情に何重にも何重にも蓋をして【日常】という仮面を被って過ごす』



これはこの日から
今日まで一日も忘れた事が無い。



蓋が外れたり
仮面を外せば
未だに簡単に涙が溢れる。



無理して笑って
感情に蓋をして


考えないように


考えないように


して



泣いちゃいけないんだ




日常という仮面を被って
この母がいない
新しい生活を日常にするのだと
決意した。



こう決意してからは
父の前では何度か泣いてしまったけれど
兄の前ではピタリと泣かないようになった。


しかしこの決意をした翌日
また不思議な体験をする。


それはまた母からのメッセージだと
今でも思っている。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



僕らは「家族」

告知を受け、ショックを受け
計り知れない恐怖と戦う母。


一方、ようやく自分の過ちに気づいた僕。
かける言葉は見つからないが、
母の病室へと戻った僕。


僕も気が動転していたので
この時、母とどんな会話をしたか
覚えていない。


ただ覚えているのは半日、
ほとんど会話は無く、
母は険しい顔、僕はひたすら下を向いて
泣いていた。


でもこんな状況でも
こういった時間は長くは続かなかった。


元々僕ら家族は、凄く仲が良くて
どんな問題にぶつかっても
些細な事で喧嘩をしても
いつも時間が解決してくれた。


お互いがお互いを放っておけないというか
深い所で強い絆で結ばれていたから。


この時もそうだった。
翌日には徐々に母との会話が増え、
母にも僕にも少しずつ笑顔が増えてきた。


改めて
僕らは「家族」なのだと
心の底から実感した。


改めて自分の中で
「家族」という存在が
自分には無くてはならないもの、
失いたくないものだと
再認識できた。



そしてようやく本当の意味で
この日になって初めて
ココから母と同じ方向を
向いていくことができた。


もう隠すことなど何もない
思う存分、母との残りの時間を
大切に、大事に過ごしたい。


家族の思い出を
ひとつでも多く残して
この「心」に焼き付けたい。


僕はそう決意した。
その一方でこれから今まで以上に


目を覆いたくなる事


目を背けたくなる事


心が折れるような事


僕が想像もできないような
出来事が起こるのだろうと
漠然としたイメージではあったけれど、
僕は強い気持ちを持って
来たるその時を覚悟をした。


しかしその時は
僕が想像していたより
早く訪れた。


ここから怒涛の勢いで
母の容体は悪化する。


母との別れの時が
こく一刻と迫ってきた…。


いよいよ母との別れの
カウントダウンが始まる…。


母が亡くなるまで
あと約10日…。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク