20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

母ちゃん

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母ちゃんがゆうじを守るから

前日、母がリラックスできるようと
AIさんのStoryが入ったMDを渡した僕。


翌日いつものように病院に行くと
母は嬉しそうに僕を迎えてくれた。


「ゆうじのおかげで昨日はよく眠れたよ^^」


僕はとてもうれしかった。
母が少しでも苦しみから解放され
楽しい!と思えてもらえたことに。


そして母は


「Storyを聞いて今の自分と重ね合わせたよ」


「今の自分にピッタリ!だと思った^^」




ここでAIさんのStoryの歌詞を載せます。





限られた時の中で
どれだけのことが出来るのだろう…
言葉にならないほどの想いを
どれだけあなたに伝えられるだろう…

ずっと閉じ込めてた
胸の痛みを消してくれた
今 私が笑えるのは
一緒に泣いてくれた君がいたから

一人じゃないから
君が私を守るから
強くなれる もう何も恐くないよ…
時がなだめてく
痛みと共に 流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

説明する言葉も
無理して笑うコトもしなくていいから
何かあるなら いつでも頼って欲しい
疲れたときは 肩をかすから

どんなに強がっても
ため息くらいする時もある
孤独じゃ重い扉も
共に立ち上がればまた動き始める


一人じゃないから
私が君を守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

時に人は傷付き、傷付けながら
染まる色はそれぞれ違うけど
自分だけのStory
作りながら生きてくの
だからずっと、ずっと
諦めないで…

一人じゃないから
私が君を守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光が優しく照らしてくれる














「母ちゃんの場合は家族みんなが守ってくれるから、強くなれるよ^^」


と僕に嬉しそうに、
もっと言えばこんな状況にもかかわらず
幸せを感じているような顔で
言ってくれた。


僕はその言葉で目に涙が貯まり
母に対してつい




「はつみおれは無力だよ…毎日ピーピー泣いてはつみに心配かけてばっかりだし…」



言葉が震えながら、
母の意見を否定してしまった。



しかし母はさらに太陽な笑顔で


「そんなことないよ^^ゆうじ、信ちゃん、洋ちゃんがいるから母ちゃん頑張れるよ^^」



「母ちゃんがゆうじを守るから」



「ゆうじの笑う顔が見たいから^^ほら泣いていないで笑って^^」


と無邪気に声をかけてくれた。



看病している僕が泣いて沈んでいる。
死が近い母が明るく笑っている。


僕は母の言葉と表情に
泣きながらも嬉しくて照れくさく


「なんだよそれ」


とつい笑ってしまった。
そしてそれと同時に
「母は強し!」と心の底から思った。


当時も母の影響で
よく耳にしていたけれど
この日母にこうして言われてから
夜1人部屋で聞いて
僕は号泣した。


歌詞の一つ一つが心に突き刺さる。
どこか今の自分の気持ちを代弁してくれているようで
どこか母がこういうことを考えているのだろうと感じたり。

この日この曲も僕にとって
忘れられない曲となった。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



生きててくれて

僕らが病室に着いた頃には
母は意識が戻っていて
落ち着いていた。


僕は母の姿を見ると安堵して
緊張の糸がほどけ目が真っ赤になった。


母はまず父と兄と話をした。
僕はその間、母に背を向け
母から見えない位置に立ち
何回も深呼吸をして
気持ちを落ち着かせようとした。


すると母が
「ゆうじもこっちへ来て」と
弱々しい声で
僕を呼んだ。


僕はその母の声を聞いて
込み上げてくるものがあり
涙を貯めながらも
母の元に向かった。


母も目に涙を貯めていた。
僕は両膝をついて
ベットで寝ている母の右手を
両手で力強く握りしめた。


母もまた僕の手を
今持てる力を振り絞って
ギュッと握り返してくれた。


母の手の温もり、
母の声


母がまだ生きていることを
実感できて、心の底からホッとした。



すると母は
申し訳なさそうに
僕の方に目を向けて


「ごめんね…心配かけて…」


「ううん…大丈夫だよ…」


「いつもゆうじが来るとすぐ母ちゃん体がおかしくなって本当にごめんね…」


僕はその言葉を聞いて
涙がドッと溢れた。


僕は両手で握りしめた母の手を
自分のおでこに何回もポンポンと当てて
泣き続けた。


そして母の顔を見て
むせび泣きながら


「生きててくれて本当によかった……」


と心の底から思っている事を伝えた。


母は


「こんなに心配してくれてるんだ、まだ母ちゃんは死ねないよ」


と言って笑って励ましてくれた。


その顔を見て
僕はさらに泣いた。


そして先生が言った通り
腹水を抜いたこの日から
母の体は日に日に弱っていった…


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク