20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

悔し泣き

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母が負けを認めた日 ~悔し泣きした僕~

酸素が脳に行きにくくなり
次に眠ったらそのままかもしれないという
予断を許さない状況と言われたものの
特にそんなことはなかった。


脳に酸素が行きにくい事で
上の空になったり、ボケたりすることもなく
母は亡くなるまで普通に会話もでき
何も変わらなかった。


そしてある日の夜。
僕は母の前で悔し泣きをした。


僕と兄が知らない所で父と母は
まむなく訪れる今後の事を2人で話し合っていた。


僕と兄がその事を聞かされたのは
家族が全員揃ったある日の夜。


僕の記憶では先に父と母が病室にいて
僕と兄が後から合流した時の事だった。


家族4人しかいないものの
病室内には重苦しい空気が流れていた。


その日は特段、母の体調が悪化したなど
悪い事が起きたわけではなかったのに。


ベットに寝ている母を
僕らが立ったまま囲む。


母から見て右に父
真正面に兄、そして左側に僕が立っている。


母は僕ら3人の顔を見渡した後
口を開いた…。



「おまえたちには礼服が無い。明日父ちゃんと一緒に3人でAOKIに行って、礼服を作って来てほしい。」


僕はあまりに予期せぬ母からの言葉に動揺するとともに
母が死ぬことを受け入れた事、
生きる事を諦めた事、
負けを認めた事にショックを覚え
声を震わせながら


「なんだよそれ…」


「諦めるのかよ…」


どちらかというと、
消えいるように呟くように
僕は悔し泣きをした。


どこにこの怒りをぶつければ良いのかわからない。
かといって納得はできない。


僕は歯を食いしばり、拳を握りしめ
目をつぶりながら顔を下に向け泣いた。


もう99%この状況は変わらないほど
最悪な状況だとはわかっているけれど


母がもう死を受け入れた事が
とてつもなくショックで…。


しかも母から"自分の葬式の為に着る喪服を買って来て"
と言われたことが悲しかったし


母の気持ちを考えると、
やるせなくて…。


すると母がまた口を開いた。
今度は笑顔で


「大丈夫!礼服だから、将来友達の結婚式に出る時にも使えるから^^」


(なんでこんな状況でも笑っていられるんだよ…)


母は無理して笑っているようには見えなかった。
純粋に僕らに提案していた。


僕はそんな母の笑顔を見て


(無理だよ…。おれはその服を着る度にはつみを思い出すよ…。)


(とてもそれを着て結婚式になんて参加できないよ…。)


言葉にはしなかったけれど
僕は心の中でそう強く思った。


母が負けを認めた日
それは僕が悔し泣きをした夜だった。


結局翌日僕らは母に言われた通り
AOKIに礼服を買いに行った。


そして母はこの礼服が完成するまで
しっかりと生きてくれ


母の通夜、告別式に間に合った。


未だにこの礼服を見ると
当時のこの日の夜の事を思い出す…。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



納得できるわけ…ねぇだろ…

「次に眠ったらそのまま…かもしれません…。」


その言葉が頭から離れない。


しかしあまりにも突然で
自分の想像を遥かに超える宣告だったからか
どこか他人事のような感じで
時間が立つにつれ
母と普通に雑談ができるような状態だった。


しばらくすると
仕事を早退して来た
父から「病院に着いた」と
メールが来た。


僕は母を病室に残し、急いで
4階のエレベーター前に向かった。


エレベーターから父が降りて来た。
父と目が合った瞬間、
緊張の糸がほどけたのか
僕はその場で泣き始めてしまった。


父はそんな僕を見て、心配してくれ
向かいのロビーに誘導してくれた。


僕はしゃくり泣きながら
先生から言われたことを伝えた。


しゃくり泣きながら父に伝えたため
言葉の端々で詰まり
話がうまく伝えられなかったにもかかわらず


父はメソメソしている僕に対して
「もっとはっきり言え!」などと怒ったり、
せかすわけでもなく、
僕のペースに合わせ、
僕の顔を覗き込むように
大事に大事に耳を傾けてくれた。


そして父は僕を慰めてくれ
「先生と話をしてくる。おまえは落ち着くまでここにいろ」
と優しく声をかけてくれた。


父は立ち上がり
僕の右肩を無言で
ポンポンと叩いて
先生の元へと向かった。


僕は顔を上げ
父の背中を見ながら
さらに泣いた。


父が先生の所に向かって
再び僕の前に帰ってくるまで
時間にしてどのくらいだっただろうか


覚えているのはこの間
1人で泣いていたのと
母の所に行かなかったこと、
最終的にロビーから
携帯電話が使用できる携帯エリアに移動して
その椅子に座っていたこと。


父がロビーに姿を現した。
キョロキョロしている。


僕はしゃくり泣きながら
黙って父を見つめる。


父は僕の姿を見つけると
穏やかな顔をして僕の元へと歩いてきた。


父は主治医の先生と話した内容を
丁寧に教えてくれた。


そして最終的に先生との話の中で
まむなく訪れる
"母の最期について家族の意思を聞かれた"
と僕に教えてくれた。


そして父は僕に尋ねた。



「もし母ちゃんがそんな状態になったら延命を望むか?それとも何もせず時の流れに任せるか?どうする?」


「もし延命をしたとしても母ちゃんは植物状態になって眠ったままで会話はもうできない…。」


「でもお前と兄ちゃんがそれを望むなら父ちゃんは先生に反対されようとも、先生にお願いするよ」


僕は父からの言葉を聞き
人目をはばからず、
ひたすら泣いて泣いて泣いた。


答えは出ているのに
それを言葉にしてしまったら、
はつみが死ぬことを認めてしまう気がして
なかなか父に伝えることができなかった…。


でも父はその間何も言わず
ずっと隣にいてくれた。


そして僕はしゃくり泣きながら
ゆっくり、ゆっくりと自分の答えを伝えた。


「時の流れに…任せるよ…。」


「はつみが…これ以上…苦しまないで…済むように…」


すると父は


「わかった。それで納得できるな?」


と僕の気持ちを悟ったように
どこか穏やかな顔で僕の目を
しっかりと見てくれた。


あの時の父の顔は
今でも忘れられない。


僕は目を反らしながら



「納得できるわけ…ねぇだろ…」


と悔し泣きながら
父に怒りをぶつけてしまった…。


まもなく亡くなってしまう最愛の人と
僕ら子供達の間で


誰よりも辛く、残酷な決断を迫られ
それでも決断をしなればならなかった父。


涙を見せるわけでもなく
取り乱すこともなく
決断した父。


そんな父を僕は
誇りに思う。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク