20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

思い出

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

僕らは「家族」

告知を受け、ショックを受け
計り知れない恐怖と戦う母。


一方、ようやく自分の過ちに気づいた僕。
かける言葉は見つからないが、
母の病室へと戻った僕。


僕も気が動転していたので
この時、母とどんな会話をしたか
覚えていない。


ただ覚えているのは半日、
ほとんど会話は無く、
母は険しい顔、僕はひたすら下を向いて
泣いていた。


でもこんな状況でも
こういった時間は長くは続かなかった。


元々僕ら家族は、凄く仲が良くて
どんな問題にぶつかっても
些細な事で喧嘩をしても
いつも時間が解決してくれた。


お互いがお互いを放っておけないというか
深い所で強い絆で結ばれていたから。


この時もそうだった。
翌日には徐々に母との会話が増え、
母にも僕にも少しずつ笑顔が増えてきた。


改めて
僕らは「家族」なのだと
心の底から実感した。


改めて自分の中で
「家族」という存在が
自分には無くてはならないもの、
失いたくないものだと
再認識できた。



そしてようやく本当の意味で
この日になって初めて
ココから母と同じ方向を
向いていくことができた。


もう隠すことなど何もない
思う存分、母との残りの時間を
大切に、大事に過ごしたい。


家族の思い出を
ひとつでも多く残して
この「心」に焼き付けたい。


僕はそう決意した。
その一方でこれから今まで以上に


目を覆いたくなる事


目を背けたくなる事


心が折れるような事


僕が想像もできないような
出来事が起こるのだろうと
漠然としたイメージではあったけれど、
僕は強い気持ちを持って
来たるその時を覚悟をした。


しかしその時は
僕が想像していたより
早く訪れた。


ここから怒涛の勢いで
母の容体は悪化する。


母との別れの時が
こく一刻と迫ってきた…。


いよいよ母との別れの
カウントダウンが始まる…。


母が亡くなるまで
あと約10日…。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」って

依然として母は
元の元気な体に戻れると希望を持っていた。


しかし母も唯一、
今回の手術をしたことで
今後の生活に不安を持っていることがあった。


そうそれは人工肛門。
癌細胞が邪魔をして
自然な排泄ができなくなった為、
便を排泄するために
胸の下あたりに人工の肛門を
作った。


本人には今回の腹痛を招いた原因の
ひとつであり、それを解消するために
人工肛門の処置をしたと伝えてあった。


母は当初、人工肛門になったことに
少しショックを受けていたが
その事実を受け止め、必死に対応しようとしていた。


そんな入院して数日立ったある日
僕がいつものようにお見舞いに行くと
母は申し訳なさそうに


「ゆうじごめんね…パジャマにうんちがついちゃった…」


「イトーヨーカ堂行って新しいパジャマを買って来てほしい…」


「このパジャマを家で洗濯してきてほしい…ごめんね…」


と母は何度も僕に「ごめんね」と言ってきた。


僕はまた泣いてしまった。


僕ら家族の為にいつも頑張ってきてくれた母。
僕ら家族が仲良くやってこられたのは
間違いなく母のおかげ。


そんな母との残りの時間が
本当にあとわずかしか残っていないのなら


母のこんな悲しそうな顔は見たくないし、
僕といるときだけでも穏やかな気持ちでいてほしい。


少しでも母の笑った顔を
この目に焼き付けたい!
少しでも前向きであってほしい。


母からの「ありがとう」
という言葉だけで僕は頑張れる。


様々な事を考えながら、
僕も泣いてはいたけれど
深呼吸をして笑顔を作り、


はつみ、謝ることなんかないよ。
これからは
「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」って言おう。
だって俺はつみのこと大好きだもん
はつみの為ならおれがんばるよ
全然謝ることなんてないよ

と言った。


そしたらはつみも


「そうだね^^ありがとう^^」


と笑顔で言ってくれた。


このやりとりも今でもすぐに思い出せる。
それほどまでに、あの時こう言えて良かったと
思えている。


僕にとってこの日のこのやりとりも
母との忘れられない大事な思い出です。


闘病記ランキング
プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク