20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

告別式

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

日常になんて戻れない

母の告別式
納骨など
一通りのことが終わった。


父と兄も忌引きが終わり
また仕事の生活が始まった。


僕はというと
母が亡くなったのは2月。
大学は4月まで無い。


昨年の12月から始まった
母の異変、癌発見、
余命宣告、闘病生活
永眠


怒涛の2ヶ月間が
終わったものの


毎日全身全霊で
母に寄り添っていたからこそ
その反動は大きかった。


この約2か月間は
「母中心の生活」
だった。


しかしその生活スタイルから
強制的に解放された僕は


母を失った悲しみと
母がいないこの環境を
受け入れられず、向き合えず
激しい喪失感に襲われた。



この前までは
母が入院している病院に行くのが日課で
その合間を縫って
家事やアルバイトや大学生活を
送っていた。



しかし病院に行く必要が無い
病院に行っても母はいない。


かといって母は
家にもいない。



自由に使える時間がありすぎた分
僕を反対に苦しめた。



仏壇の前に座り
母の遺影を見てずっと泣いている



僕の生活に
母がいない。




この当時、ある人が僕を気遣って



「今はバタバタしていると思うけれど、早く日常の生活に戻れると良いね」



と励ましてくれた。




もちろんその言葉は嬉しかったし
その人が本当に僕の事を心配してくれているのも
十分に伝わったけれど




僕は心の中で




(日常になんて戻れない)



と思っていた。



だって僕のそれまでの
「日常」に戻るには
母がいてこそ
成り立つものだったから。



母が居なくなったこれからは
決して「日常に戻る」ではない。



「母のいない新たな生活」
をスタートさせるに過ぎない。

それこそが
これからの日常になるわけだから。



そう考える一方
僕は母の遺影を見ながら





「もう二度と母の声が聞けない」




「もう二度と母と暮らせない」



「もう二度と母と会話ができない」



それまで当たり前だった事が
もう二度とできない事に




強い悲しみ、
激しい恐怖に襲われ
ひたすら泣いた。



事あるごとに
母の仏壇の前に座り
何度も何度も
泣いた。



こうして僕の
「新生活」は
少しずつ動き始めた。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



さよならは  言わないよ

亡くなった母から
告別式の朝にもらった言葉


僕はその言葉を旨に
告別式の斎場に足を運んだ。


案の定、僕は告別式でも
号泣した。


感情の制御が出来ず
今自分が置かれている
状況、環境が受け入れられず
ただただパニック状態で
号泣した。


そしていよいよ
お別れの儀の時が訪れた。


後から兄にからかわれたが
僕は泣きながらそして
何かに取りつかれた様に


母の顔を見ながら
何度も生花を入れ




「はつみ…はつみ…」



と言っていたとのこと。





僕が覚えているのは
最後にもう一度だけ
冷たくなった母に触った事。


最後にこの感触を
心に残したくて…。


そして火葬場へと向かった。



火葬場に着いて
いよいよ棺を火葬炉へ入れる事になった時


母のこの顔を見れるのは
これで最後




そう思ったらまた抑えていた
感情が爆発した。



(嫌だよ はつみの顔を焼き付けるんだ!)



あらゆる感情に襲われた。



そして気持ちを落ち着かせ
僕は朝の


『母からのメッセージ』


を思い出し



絶対にはつみは
僕の笑った顔が見たいはずだと
泣きながら今出来る精一杯の笑みを浮かべ


棺の中の母の顔を見ながら
僕はこう母に言った。



「さよならは  言わないよ」



「行ってらっしゃい」



これは僕のせめてもの抵抗だった。
僕は母が亡くなってから一度も
『さようなら』とは言っていない。


親不孝かもしれないけれど
離れ離れになってけれど


さよならなんてしたくないし
ずっとそばにいてほしい


そう思っているからこそ
僕はこの火葬の時も
あえて言わなかった。



そしてこの数時間後
母は骨となって
僕らの前に戻ってきた…。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



告別式の朝~母から届いたメッセージ~

告別式の日の朝。


不思議で奇妙な体験をした。


それは単なる偶然という言葉では
片付けられない出来事だった。


そしてそれは間違いなく
母からのメッセージだと
僕は信じている。




母は昔から機械音痴であり、
また専業主婦で家にずっと居たので
あまり必要性が無いこともあり
携帯電話を持っていなかった。


でも母が亡くなる半年ぐらい前に
母がどうしても携帯電話が欲しいとのことで


年配の方でも使いやすいというのがウリな
「かんたんケータイ」を購入した。


購入した当時
母はすごく嬉しそうで
夜家事が終わってから
よく僕に「使い方を教えてほしい」と
2人で勉強会をしていた。


そんな母が特に気に入ったのが
メールとメールの絵文字。


老眼鏡をかけながら
人差し指でゆっくり、ゆっくり
文字を入力していた。


僕はそんな母をからかいながら
一生懸命入力している姿が
可愛く見えた。


そして母はなぜか絵文字が大好きで
メールにはいつも絵文字を入力していた。


しかも同じ絵文字を語尾に
必ず大量に入れてメールを送ってきた。


例えば


「今日はとんかつでーす◎◎◎◎◎◎◎◎」


といった風に。
(◎は全てピースの同じ絵文字)


特に母が好きだった絵文字は
カエルの絵文字。


僕の記憶ではほぼ必ず
この絵文字が入っていた。



そして告別式の朝。
父がコンビニで
おにぎりを買ってきてくれていた。


僕は喪服に着替え
父が買って来てくれた
おにぎりを食べながら


ふと


(そうだ!はつみのメールを保護しよう!)


と思い立ち
自分の携帯を持ってきて
母から貰った受信メールを
保護しようとした。


当時僕が使っていたのは
折りたたみ式の携帯電話。
今でいうガラケーを使っていた。


僕は母と過去に
どんなやりとりしていたのか


メールとは言え
「母を感じられる」
瞬間でもあったので
はやる気持ちを抑えながら
自分の携帯を持ってきた。


受信ボックスを開くと
よくメールのやりとりをしていた人には
その人専用の個人フォルダを作っていて
その中に


「はつみ」
もあった。


僕はその
「はつみ」フォルダを開いて
母と過去にやりとりしたメールを
一通一通大事に大切に読んだ。



そして当時を振り返りながら



「今日はとんかつでーす◎◎◎◎◎◎◎◎」



(この日の夕飯はとんかつだったんだな)



「楽しんできてね◎◎◎◎◎◎」



(これは西武ドームに行った日だな)



などと当時の光景が走馬灯のように蘇り
込み上げてくるものがあったり、
心が和んだりした。



そしてなおも



次はどんなメールかな♪



と楽しみな気持ちで







次のメールを開くと…







僕はドキッとした







言葉が出なかった








絶句するとは
こういうことを言うのだろう





そのメールの文面とは…





















「ほなさいなら」














あまりにも予想にもしなかった
文面に絶句し
その文面を理解するのに
時間が掛かった。



そしてようやく
そのメールの文面に
心を向けると
鳥肌が立ち


あまりにも
今のこの状況に
ピッタリ過ぎて


僕はすぐに
これは



母からのメッセージだと
思った。



あれだけ絵文字が好きで
必ずメールには絵文字が入っていた。
しかもクドイぐらいに。



しかしこのメールには
絵文字が入っていない。



偶然とは思えなった。
というか疑うことすらしなかった。



そして次第に
涙が込み上げてきた。





「ほなさいなら」って…。




母が「さいなら」って
僕らの所から
さよならしようとしている事に
ショックを受け
涙が溢れた。




「さよならなんてずるいよ…はつみ…」




これが告別式の日の朝
僕が体験した不思議な出来事。



ちなみにこれには
後日談がある。


僕はこの不思議な体験を
母が亡くなってから
友達や知り合いに
このメールを見せながら
話した。


そして半年後ぐらいに立ったある日
この話しをまた新たな友達にした。



そしていつものように証拠として
このメールを見せようと
受信ボックスから探し
見せようとすると



このメールは
消えていた。



しかもこのメールだけ…。



いつ消えたのかは
わからない。




間違いなく
保護していたのに…。



そしてこの数年後
この携帯本体自体が
壊れてしまいその後
母とのメールはもう見れなくなってしまった…。




>
闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母が負けを認めた日 ~悔し泣きした僕~

酸素が脳に行きにくくなり
次に眠ったらそのままかもしれないという
予断を許さない状況と言われたものの
特にそんなことはなかった。


脳に酸素が行きにくい事で
上の空になったり、ボケたりすることもなく
母は亡くなるまで普通に会話もでき
何も変わらなかった。


そしてある日の夜。
僕は母の前で悔し泣きをした。


僕と兄が知らない所で父と母は
まむなく訪れる今後の事を2人で話し合っていた。


僕と兄がその事を聞かされたのは
家族が全員揃ったある日の夜。


僕の記憶では先に父と母が病室にいて
僕と兄が後から合流した時の事だった。


家族4人しかいないものの
病室内には重苦しい空気が流れていた。


その日は特段、母の体調が悪化したなど
悪い事が起きたわけではなかったのに。


ベットに寝ている母を
僕らが立ったまま囲む。


母から見て右に父
真正面に兄、そして左側に僕が立っている。


母は僕ら3人の顔を見渡した後
口を開いた…。



「おまえたちには礼服が無い。明日父ちゃんと一緒に3人でAOKIに行って、礼服を作って来てほしい。」


僕はあまりに予期せぬ母からの言葉に動揺するとともに
母が死ぬことを受け入れた事、
生きる事を諦めた事、
負けを認めた事にショックを覚え
声を震わせながら


「なんだよそれ…」


「諦めるのかよ…」


どちらかというと、
消えいるように呟くように
僕は悔し泣きをした。


どこにこの怒りをぶつければ良いのかわからない。
かといって納得はできない。


僕は歯を食いしばり、拳を握りしめ
目をつぶりながら顔を下に向け泣いた。


もう99%この状況は変わらないほど
最悪な状況だとはわかっているけれど


母がもう死を受け入れた事が
とてつもなくショックで…。


しかも母から"自分の葬式の為に着る喪服を買って来て"
と言われたことが悲しかったし


母の気持ちを考えると、
やるせなくて…。


すると母がまた口を開いた。
今度は笑顔で


「大丈夫!礼服だから、将来友達の結婚式に出る時にも使えるから^^」


(なんでこんな状況でも笑っていられるんだよ…)


母は無理して笑っているようには見えなかった。
純粋に僕らに提案していた。


僕はそんな母の笑顔を見て


(無理だよ…。おれはその服を着る度にはつみを思い出すよ…。)


(とてもそれを着て結婚式になんて参加できないよ…。)


言葉にはしなかったけれど
僕は心の中でそう強く思った。


母が負けを認めた日
それは僕が悔し泣きをした夜だった。


結局翌日僕らは母に言われた通り
AOKIに礼服を買いに行った。


そして母はこの礼服が完成するまで
しっかりと生きてくれ


母の通夜、告別式に間に合った。


未だにこの礼服を見ると
当時のこの日の夜の事を思い出す…。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク