20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

ゆうじがもう来てくれない

僕が取った不謹慎で
軽率な行動によって
僕と父は喧嘩をした。


母の病室でお互い
怒りで沈黙をする。


全ては僕がいけないのに…。


でも変に意地を張ってしまい
母にもそっけない態度を取ってしまった。


僕は


「誰も洗濯してくれないから家に帰って洗濯干してくる!」


と病院に来てまもないにもかかわらず
帰ろうとしてしまった。



そんな僕の態度を見て
母は僕が母の事を嫌いになってしまったのかと
不安を感じ始め


父の方を向かい、
泣きそうな声で



「どうしよう…ゆうじがもう来てくれない…」



僕は慌てて



「大丈夫だよはつみ。洗濯物を干したらまたすぐに来るよ」



と母に声をかけた。



そしてその瞬間、
自分の軽率な行動を
心の底から後悔した。


母にこんなことを言わせてしまった事に
ショックを受け、目に涙を貯めながら



「とりあえず一旦家に帰るね」



と言い残し家に帰った。




しかし父に対して
謝ることができなかった。



父が家に帰ってくると
僕は無言でまた自転車で病院に向かった。



母の病室に着くと
母は僕の顔を見て



これまた泣きそうな声で



「あ~ゆうじが来てくれた…」



とホッとした様子だった。



僕は本当にバカだった。



あんな軽率な行動を取らなければ
父にも母にも
こんな嫌な思いをさせなくて済んだのに…。



母との貴重な残りの時間を
僕は台無しにしてしまった。



でもこんなバカな僕には
どんな時でも味方でいてくれる両親がいた。



僕は自分のしたことを悔いていても
くだらないプライドが邪魔をして
父に謝ることができなかった。



そんな思いを持って
母のそばにいると



突然病室の扉が開いた。



そこには先程家に帰って来たはずの
父の姿があった。



動揺する僕。



そんな僕をよそに
父は椅子に腰を掛けた。



僕と父が喧嘩をしていることを
知らない母は父に



「あれ?もう帰ってきたの?」



と嬉しそうに話しかけた。



父は



「洋平は仕事でまだ来れないけれど、今日は家族でゆっくり過ごそうと思ってな」



僕は父の言葉を聞いて
泣き始めてしまった。



あんな酷い事をしたのに
父が僕の事を見放さないでいてくれた事や


僕を含めた
『家族で過ごす』
という言葉がたまらなく嬉しかった。


そして何より
父と母に対しての


『ごめんなさい』


という懺悔の気持ちが溢れ
涙が止まらなかった。



母は突然泣き始めた僕を
心配してくれて


「どうした?」



「ううん…なんでもない…。おれが悪かっただけ…」



どんな時でも
大きな心で、
たくさんの愛情で
僕の事を包み込んでくれる両親。



僕はつくづく

この両親の元に生まれて
本当に幸せだと思った。


そしてこの数時間後
僕は母と最後の会話をすることとなる。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



【番外編】ブログタイトルを変更しました

「20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~」



ブログタイトルを変更しました。



「両親を癌で亡くした僕が伝えたいこと」
このタイトルでブログを書き続けて来ました。



ブログを書き始める頃は
まさかこんなに多くの方に
読んで頂けて、かつ応援して頂けるとは
思っていませんでした。



僕は両親を癌で亡くしました。
最初は癌で親を亡くした方や
現在癌で闘病中の方や
そのご家族の方に
僕の経験が役に立ってくれればという想いがあり、
このようなタイトルをつけました。



ですが、ブログを書き続けた中で
皆さんから頂いたこれまでの心温まるコメントを
読む中で気づいたことがあります。



それは「若くして両親を亡くした」ということが
語弊はありますが相手の心に響きやすいということ。
僕は21で母を、29で父を亡くしました。



僕は若くして絶望を知りました。
でも逆を言えばそれは僕の武器でもある。



20代で両親を亡くした僕。
友人や職場の方など周りを見渡しても
なかなかいない。



ブログを書き続け、多くの方に読んで頂けている中で
僕の想いは次第に変化してきました。



僕の想いはただひとつ。
僕の経験を一人でも多くの方の心に届けたい。



そのためには多くの方の目に留まるような
興味を引けるタイトルにしたい。



また以前、XYZさんから頂いた
「あなたのブログが、様々な方の宿り木になるよう願っております。」
という素敵なコメントが
とても心に響き、心に残っています。



僕の目指すところはそこだと強く思いました。
この「宿り木」という素敵な言葉と
僕が大切にしている「心」をセットにして
「心の宿り木」という言葉を
サブタイトルに付けさせて頂きました。


両親がいなくなって初めて迎えた
新しい年ということもあり、
ブログタイトルを変更しました。



恥ずかしながらこのブログが
1人でも多くの方の心の宿り木に
なってくれたら良いなあと思っています。



これからも頑張っていきます。
よろしくお願いします。



次回も「番外編」です。
母の話は来週から再開します><



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



【番外編】パソコンの向こう側から

新年となりました。
皆さん昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。



両親がいなくなって
初めて迎える元旦。


昨年までは父と
紅白やガキの使いを見ながら
年越しそばを食べて
新年を迎えていたのに…
なんだか不思議な感覚です。


さて新年最初のブログは
番外編として音楽について書きます^^


このブログはパソコンから書いているのですが
その際、集中力を高めるために
パソコン版のYouTubeで
その時の気分で好きな曲を検索をして
音楽を流しながら書くことがあります。


曲が終わると
履歴や過去の再生傾向から
自動再生で次の曲が流れてきます。


バラードが大好きなので
そういった曲が多いです。


ブログに集中しているので
普段は音楽には集中していないのですが


先日いつものように
音楽を流しながら書いていると…


パソコンの向こう側から
流れてくる曲に
思わず心を奪われてしまいました。


失礼ながらタイトルも知らない、
初めて聞く曲でした。


父と母を思いながら聞いて
涙が溢れて来ました。





ここ数日ずっとこの曲を聞いています。


音楽にまつわる話で
母との思い出の曲が数曲あります。
皆さんに聞いてほしいので近々書きますね^^


それでは改めまして
本年もよろしくお願いします^^









闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク