20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:メール

処置室で待機している僕と父。僕はここからしばらく僕らはこの処置室に待機するのだろうと思った。病院に来てから約3時間。父が検査中はいつ父の検査が終わるかわからず待合スペースから離れる事ができなかったので父にトイレや心配している兄に電話して来る、と言って僕は …
続きを読む

就職して約2年半が過ぎた頃僕はようやくこの仕事に慣れて来た。調理がなかなかうまくできなかったが異動した3店舗目で事実上の夜の責任者を任されたことで嫌でも調理をしなければならない環境になった。僕は臆病者でなかなか一歩目が踏み出せないタイプ。自己評価が低いの …
続きを読む

2011年3月11日。東日本大震災。僕はその日休みだった。この日は金曜日。金曜日は1週間の中で一番忙しい。その為社員は必ず出勤するというのが暗黙の了解であった。現に僕はこの会社に4年半お世話になったがこの日以外で金曜日に休んだ記憶がない。それにアルバイト …
続きを読む

告別式の日の朝。不思議で奇妙な体験をした。それは単なる偶然という言葉では片付けられない出来事だった。そしてそれは間違いなく母からのメッセージだと僕は信じている。母は昔から機械音痴であり、また専業主婦で家にずっと居たのであまり必要性が無いこともあり携帯電話 …
続きを読む