20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

ブログ

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

【番外編】ブログタイトルを変更しました

「20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~」



ブログタイトルを変更しました。



「両親を癌で亡くした僕が伝えたいこと」
このタイトルでブログを書き続けて来ました。



ブログを書き始める頃は
まさかこんなに多くの方に
読んで頂けて、かつ応援して頂けるとは
思っていませんでした。



僕は両親を癌で亡くしました。
最初は癌で親を亡くした方や
現在癌で闘病中の方や
そのご家族の方に
僕の経験が役に立ってくれればという想いがあり、
このようなタイトルをつけました。



ですが、ブログを書き続けた中で
皆さんから頂いたこれまでの心温まるコメントを
読む中で気づいたことがあります。



それは「若くして両親を亡くした」ということが
語弊はありますが相手の心に響きやすいということ。
僕は21で母を、29で父を亡くしました。



僕は若くして絶望を知りました。
でも逆を言えばそれは僕の武器でもある。



20代で両親を亡くした僕。
友人や職場の方など周りを見渡しても
なかなかいない。



ブログを書き続け、多くの方に読んで頂けている中で
僕の想いは次第に変化してきました。



僕の想いはただひとつ。
僕の経験を一人でも多くの方の心に届けたい。



そのためには多くの方の目に留まるような
興味を引けるタイトルにしたい。



また以前、XYZさんから頂いた
「あなたのブログが、様々な方の宿り木になるよう願っております。」
という素敵なコメントが
とても心に響き、心に残っています。



僕の目指すところはそこだと強く思いました。
この「宿り木」という素敵な言葉と
僕が大切にしている「心」をセットにして
「心の宿り木」という言葉を
サブタイトルに付けさせて頂きました。


両親がいなくなって初めて迎えた
新しい年ということもあり、
ブログタイトルを変更しました。



恥ずかしながらこのブログが
1人でも多くの方の心の宿り木に
なってくれたら良いなあと思っています。



これからも頑張っていきます。
よろしくお願いします。



次回も「番外編」です。
母の話は来週から再開します><



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



【番外編】今年1年を振り返って

今年は人生で一番早く
1年があっという間に過ぎた
と感じた年だった。


2月に父を亡くし
10月に祖母を亡くした。


こんなに簡単に1年前の出来事を
鮮明に思い出せるのは初めてかもしれない。


兄に今年は人生で一番、1年が早く感じたと話したら
「今年はバタバタしていたからそう感じるのだよ。
 おれも早く感じた1年だった。」


と言われ納得していた。でもその一方で


(父が亡くなったのは2月だからな~)


(亡くなったのが秋とかだったらわかるのだけどな~)


と腑に落ちない部分もあった。


それを職場の人に話したら
「それだけ充実していたってことじゃない?」
と言われ、腑に落ちた。


いずれ父の事も書くけれど
母の時とは違い、
父とは1年という
たくさんの残りの時間をもらえたので
凄く大切に、大事に過ごすことができた。


なんというか
「しっかりと送り出せた」と
実感できている部分があるので
亡くなってからも前向きに過ごせていた。


だから毎日毎日充実した日を過ごせたから
今年1年が早く感じたのかもしれない。


父と母を亡くした事で
僕は自分の残り時間、
人生を強く意識するようになった。


あと何年生きれるか、わからない。
あと何年健康で過ごせるか、わからない。


自分が病に侵され、余命を告げられた時
「もう十分^^人生を満喫できたら思い残すことはない^^」
と自分の人生に悔いがないと
自分の死をすんなりと受け入れられるような
人生を過ごしたい。


そんなことを意識しながら
今年1年過ごしてきた。


仕事で落ち込んだり、誰かに腹を立てた時など


(こんな事に時間を取られているのはもったいない!)


(いかん!怒りの感情に支配されている)


などと考えるようにしたから
充実していたのかなと思う。



またこのブログを書き始めて
文字にすることで自分の過去としっかり向き合えてきている。


書くことで自分の気持ちを
整理できてきているのがわかる。


嬉しいもので、ブログを通して励ましのコメントを頂けたり
誰かに必要とされていると強く実感できています。


これはひとえに
皆さんのおかげです^


今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
それではみなさん良いお年を^^




闘病記ランキング↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



【番外編】カエルの画像の意味 ~無事カエル~

今日は番外編です。


まず皆さんにお礼を言わせてください。
おかげさまでこのブログを始めて
約1ヶ月。


文章力も構成も乏しいにもかかわらず、
おかげさまでたくさんの方にご覧頂き、


1日平均200人の方に訪問いただき
1日平均1200PVになりました。


これもひとえに皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。


これからもどうかお付き合いのほど
よろしくお願い致します。


また嬉しいことにLINE読者に
2名の方が登録下さっており、
とても励みになります!!


このブログを書こうと思ったのも



「僕の経験が誰かの役に立ってほしい」



「大切な人との関係を見直そう」



「大切な人と過ごす時間を大事にしよう」



など何かのキッカケになってくれれば良いなと
強く思ったからです。



どれだけの人の心に響くはわかりませんが、
1人でも多くの方に届くと信じて、
これからも書き続けます。



さて前置きが長くなりましたが、
今回はなぜ僕のプロフィールなどが
カエルのぬいぐるみなのかということ。


興味がない方もいらっしゃると思いますが、
今日はこのカエルについてのエピソードを書きます。


母は生前、ぬいぐるみが大好きでした。
その中でも特にカエルが好きでした。


母が可愛がっていた
カエルのぬいぐるみがこちらです。


jpgjp-



一番大きい黄緑のカエルが
母の一番のお気に入りでした。


母が元気で家で暮らしていた時は
母はいつもこのカエルと一緒に寝ていました。


そして母が入院した時に
僕はただ単純に、深い意味もなく、
母が喜んでくれればという思いで、


このカエルのぬいぐるみを
病室に持っていきました。


すると母はとても喜んでくれました。


そして次の瞬間、
母は涙を堪えるように


「無事カエル(帰る)って意味だね^^」
そういうと嬉しそうに
そのカエルのぬいぐるみを
抱きしめました。


あの時の母の顔と声は
今でも頭の中に残っています。


そしてその後、母が亡くってすぐ
僕は運命的?な不思議な体験をしました。


母が亡くなり、葬儀などひと段落したある日
僕は自転車で20分ぐらいのショッピングモールに行きました。


僕の記憶ではショッピングモール内にある
ノジマ電気に洗濯機の「くず取りネット」を
購入しに行ったのだと思います。


母が亡くなって
僕は軽い引きこもりになり、
体がなまっていたので、
いつもならエスカレーターを使うのですが、その日は階段を使い、
6階のノジマ電気を目指しました。



すると5階に着いた時、
階段の横に雑貨屋さんがありました。


僕は雑貨屋さんには興味がないので、
普段なら見向きもせず素通りするはずなのに
この日はなぜか雑貨屋さんに足を踏み入れました。


そして商品棚に目をやると僕は
ドキッとして心臓が止まったような感覚になりました。


IMG_0042 (2)



そこにはなんとカエルのぬいぐるみが販売されていたのです。
しかも母の体形に似たまん丸とした太ったカエルが・・。


僕は涙がこぼれないように
店内で必死に堪えました。


「母に似た体形のカエルのぬいぐるみ」


「母が大好きだったカエルのぬいぐるみ」


僕は「これは母の生まれ変わりだ!」と
都合の良い解釈をしてすぐにレジに向かいました。


「あの時エスカレーターで6階に行っていたら
この雑貨屋さんには気づかなかった」


「あの時階段で行ったからここに辿り着いた。」


偶然だったのかもしれません。


でも僕は信じたい。


生まれ変わった母が
僕を呼んでくれたのだと・・。


ちなみに僕は今年でまもなく30歳になります。
しかし恥ずかしながら未だに
このカエルのぬいぐるみを可愛がっています^^


IMG_20170720_220045


馬鹿で気持ち悪いと思われると思いますが、
母の生まれ変わりだと信じています。


また写真上げるかもしれませんが
その時はお許しください^^;


では今日はこの辺で^^


闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク