20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:ピクルス

一旦自宅へと戻った僕は忙しなく病院で父と話しながら取ったメモ書きを見ながら頼まれた物をカバンに詰め込んだ。そして準備ができるとすぐ近くに住む叔父の家に行った。運よく叔父と叔母は家に居て父が入院した事を告げた。二人とも神妙な面持ちで僕の話を聞いてくれ二人は …
続きを読む
【番外編】僕の心を救ってくれた その②

このブログを以前から読んで下さっている方達ならすでに御存知かとは思うがもう一度伝えようと思う。以前この記事でも書いたとおり僕はこのカエルのピクルスに出会った事で僕の心は救われた。母を亡くして傷ついた心をこのぬいぐるみが僕の心を救ってくれた。母が傍に居てく …
続きを読む
【番外編】僕の心を救ってくれたキャラクター その①

先日都内某所で行われたとある撮影会に足を運んだ。僕は先月でもう31歳。独身で子供もいない。当日まで激しい羞恥心があり行くかどうか迷っていた。一体何の撮影会だったのかというと…。カエルのピクルスの撮影会。2回行われた撮影会は各回先着30組限定でこの大きなピ …
続きを読む