20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:ノート

母が亡くなった後、父が引き継いだように今度は僕が引き継ぐと決意した僕。父との話は止まらなかった。こんなに父と真剣に話したのは母の闘病中以来だったかもしれない。母の入院から母が亡くなった後に行った必要な手続きとそのやり方、葬儀のお金でだいたいいくらかかった …
続きを読む

明日は父と病院に行く日。これまで以上にこの時が初めてだったかもしれない。父が居なくなった(=死別した)場合の生活を考えたのは…。もしそうなった場合もう頼れる人はいない。今までなら父が何とかしてくれたが父が居なくなってしまったら自分で考えて自分で行動して生き …
続きを読む

2016年2月2日火曜日。この日は母の7回目の命日。僕は母の墓参りに行った。僕はこの3、4年ぐらい前から母の墓参りに行くと母にいつも同じお願いをしていた。(信ちゃんと洋ちゃん、家族全員がこれからも健康でいれますように)と。命日だけではなくお正月やお盆の節目 …
続きを読む