20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

タグ:タクシー

父が異変を起こし寝てから数時間が経った。僕は逐一、1階で寝ている父の様子を見に来ては、父の気持ちよさそな寝息を聞いて安心し2階の自室へと戻るというのを繰り返した。この頃には僕はもう元気だった。自分で都合の良い診断を勝手に下したおめでたい奴だったから。仮に狭 …
続きを読む

転職して数ヶ月。日勤の仕事に就いた事で仕事もプライベートも充実して僕の心は穏やかになった。この当時、僕の記憶では兄はローテーションで1ヶ月に1度(5日連続の)夜勤で働く時があった。兄の夜勤の仕事開始時間は深夜3時。兄の会社は辺鄙な場所にある為電車バスを乗 …
続きを読む