20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

ショック

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

一緒に寝たいよ

母の癌は必ず治る!と
1人で勝手に期待していた僕。


先生からの言葉で
残酷な現実に戻らされた。


期待していた分、
そのショックは相当大きかった・・。


気持ちの整理がつかず、
僕は1階のロビーの椅子に座り
気持ちを落ち着かせようとした。


今にして思えば、
母の前では明るくいなくては!
と常に自分自身を必要以上に追い込んでいたと思う。


時間にしてどのくらいだっただろうか。
水を取りに来たのに、あまりにも時間がかかれば
母に疑問を持たれるからと、長居はしなかったと思う。


病室に戻ると何の話の流れだったかは
覚えていないけれど、


母だけは元気な体に戻れると思っていたので、
母と退院してからの生活について話をした。


母は退院してすぐには、
洗濯物を2階に持っていくのが
できないから僕にやってほしいと
頼んできた。


「もちろん!持って行くだけじゃなくて、干すのも畳むのもやるよ」
と言葉に力を込めて答えた。


無理だとはわかっていたけれど
話を合わせたわけではなく、
母が帰って来た生活を
期待というか
夢見て僕は答えた。


だけど、それ以上に僕としては



「退院できるかもわからないこと」



「普通の生活には戻れないこと」



がわかっていたので辛かった。



「あれもしたい!これもしたい!」



「あれをしなくては!これもしなくては!」



など母から出てくる言葉は
前向きな事ばかりだったので
余計に辛かった・・。



でもこの時、
僕は母に一つのお願いをした。


それは絶対に叶わない事だと
わかっていたけれど......。



それは僕の心の底からの願いだった。
言葉にしようとする時には
目には涙が溢れていた。



「家に帰って来れたら、子供の時みたいに
一緒の部屋で布団を引いて寝よう。
また一緒にはつみと寝たいよ」



言葉の後半から僕はもう
むせび泣きながらだった。


母はまた僕の頬から流れる涙を
親指で受け止めてくれて


「そうだね。久しぶりに良いかもね^^」


と優しく微笑んでくれた。
僕はその穏やかで優しい笑顔を見て
余計に母が恋しくなり、さらに泣いた。



結局僕のこの願いは叶わなかった・・。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

それぞれの

手術が終わり、病室に戻って来て
少し落ち着いた頃にはすでに19時半を過ぎていた。


母が「色々とみんなも疲れただろうからそろそろ帰りな」
と僕らの事を心配してくれたので、その言葉に甘え僕らは帰路に着いた。


ただ母の病室から出た後はみんな、ほとんど会話をしなかった。
というよりあまりにもショックが大きすぎて、
会話をする気にすらならなかった。


家に着き、食事やお風呂を済ませた後
いつもどおり父は一人でビールを飲んでいた。


我が家では父だけがアルコールを飲める。
その上、父はビールが大好きで350の缶ビールを2本飲むのが日課だった。


しかしこの日の夜は違った。


やり場のない怒り、


余命を告げられたショック、


最愛の人との別れが近い現実、


常に冷静で温厚な父がこの日の夜だけは違った。


缶ビールを6~7本飲み、ベロベロに酔っ払い、


泣きながら


「おれは〇〇医院のあいつを絶対に許さない」


怒りを噛みしめるように


「あいつは毎週はつみを診ていたのに、末期癌に気づかないだなんて」


僕はそんな父の姿を見て、さらにショックを受けた。
こんな事を言うような父ではないのに、と・・。

兄はというと、もともとドライというか、
父以上にある意味冷静な人の為、
ほとんど取り乱しているようには見えなかった。


後から本人に聞いた話では
長男ということもあり、自分だけは冷静にいなくては思っていたらしい。
それと僕が毎日ピーピー泣いていたから、
母を不安にさせたくなかったとのことだった。

僕はというと、一人になるとひたすら泣いていた。


別れたくない


もっと一緒にいたい


死んでほしくない


怖い


嫌だ


父と兄に余計な心配をかけられない



色んな不安な感情に襲われ、
横になりながらもずっと泣いていた。


無意識にも泣いていて、夜中
隣の部屋で寝ていた兄が、
心配して僕の様子を見に来るほどであった。


僕の頭の中はずっと母の事でいっぱいだった。
大学生だった僕にはこの現実が
あまりにも残酷で、到底向き合える事ではなかった。



そして眠りから覚めた僕は、
浅はかな考えを思いつく・・。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

livedoor プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク