20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ: 自分

僕は野球が好きだ。下手くそだけれど子供の頃からボールを投げるのが好き。小中高大学生と兄が家にいる時はよくキャッチボールをしていた。ちなみに今も休みが合えば家の前でキャッチボールをしている。兄が就職してからはキャッチボールをしてくれる相手が居なくなったので …
続きを読む

夜勤の飲食店勤務から日勤のホテル業に転職した事で僕の生活は一変した。飲食店の頃は夜勤明けの休みだと日中寝て20時や21時に起きる。起きて父が用意してくれた晩御飯を食べ酔っぱらった父と少し話すものの父はすぐ寝てしまう。そして父と兄が寝ている夜中に僕は1人起 …
続きを読む

新卒でこの会社に勤めて早くも4年が過ぎた。入社前に心に決めていた3年間続けるという目標をクリアして3年目を過ぎた事からずっと転職したいと考えていたものの次にやりたい事、自分に合っている仕事が見つけられず、ずっと行動に移せずにいた。僕はずっと転職するなら「 …
続きを読む

就職して3年半が立った2013年11月。勤務先の店舗が改装することとなり約一ヶ月休業となった。その間、人が不足している店舗にヘルプで働く事となった。僕は元々就職した時からこの会社で長く働こうとは思っていなかった。もちろん卒業ギリギリで採用してくれたこの会 …
続きを読む

何気なく見始めた榮倉奈々さん主演ドラマ「泣かないと決めた日」入社前にアルバイトとして働き始め約1ヶ月。毎日失敗ばかりでうまくいかずもどかしい日々を過ごしていた為か僕はこのドラマにあっという間に引き込まれてしまった。主人公は悪意に満ち溢れた嫌がらせなどを受 …
続きを読む

年が明けた2010年1月。一次試験に合格した僕はこの日、最終面接に臨んだ。(今日で今後の人生が決まる)前年の就職活動を始めて早々に内定をもらった時とは違う感覚。僕は就活用のスーツに着替え家を出る前、母の遺影に向かって「はつみ、約束果たせるように頑張って来る …
続きを読む

望みをかけた最後の一社の面接に臨んだものの自分の力を出せず落ちたと思った。亡くなる母との約束を自分の愚かな考えのせいで果たせず母の仏壇の前で泣いていると携帯電話が鳴った。番号は企業と僕の間を取り持ってくれた会社の人からだった。今でも覚えているのが僕はこの …
続きを読む

大学4年の6月にスーパーを経営する会社から早々に内定をもらった僕はそこで就職活動を一旦終わらせた。内定先があるというだけで父も兄もそして周りの人もとりあえずは安心してくれたので特に問題は無かった。この当時の僕は就職活動を舐め切っていた。というか「就職する …
続きを読む
家族と野球があったからこそ

僕は野球が大好きだ。1995年母が当時オリックスにいたイチローのファンとなり我が家はあっという間に野球好きな家族になった。翌年の1996年の3月20日、東京ドームで行われた巨人対オリックス戦を家族全員で見に行った。これが家族全員初めて生でプロ野球の試合を見に行った日 …
続きを読む

母と別れて2ヶ月が立ったこの頃僕は大学4年生になった。大学4年生ということは何といっても今年は「就職活動」をしなければならない。絶対にフリーターにはならない。なぜならそれは母との最後の約束だったから…。でも正直この時の僕は「就職活動」の意味をはき違えていた。 …
続きを読む