20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

番外編

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

【番外編】もしタイムマシーンがあったら

もしタイムマシーンがあって
人生の中で1日だけ戻れるとしたら
僕は即答で、はつみの余命宣告の日を選ぶ。


もっと前に戻れば、癌が発症する前に
はつみに伝えられれば
今も生きれているかもしれない。


でも僕はそれはルール違反だと思う。
人にはそれぞれ生まれた時から
寿命が決まっているのではないかと思うから。


それに仮にはつみに癌が発症がする前に伝えて
生き延びたとして、
僕だけが幸せになるのはずるいと思う。


はつみには申し訳ないけれど
自殺や交通事故や急な病に倒れ、
お別れの時間がないまま、
何も伝えられず
大切な人と別れてしまった人にこそ
タイムマシーンを使って
大切な人の命を救ってほしい。


僕ははつみの命は救えないけれど
出来る事ならタイムマシーンで
あの日に戻って
あの日のはつみの[心]を救いたい。


ただ泣くことしかできないけれど
告知の席に同席したい。


放心状態だったはつみの心に寄り添いたい。
一緒に悲しんで、
一緒に思う存分泣きたい。


「今日は傍に居てほしいな」という
はつみの心の叫びをしっかりと受け止めて
一晩中、はつみのそばに居たい。


今の自分でも、かけられる言葉など
見つからないし、かけられないけれど
あの日気づけなかった心の叫びを
はつみと共有したい。


そして思う存分2人で泣きたいなあ。
そして大好きだよってもう一度伝えたい。


はつみと信ちゃんの子供で
おれ本当に幸せだよ


ってこの9年分の想いを込めて
改めて伝えられたなあ。



いかん…書きながら涙が止まらなくなってしまった。
ここまで読んで頂いたということは
僕の妄想にお付き合い頂けたようで嬉しいです^^
ありがとうございました。


おかげさまでブログを開設して約3ヶ月。
ついに先日初めて、1日で403名の方に
お越し頂きました。


誰かの役立ちたい
その一心で書き続けて約3ヶ月。


LINE読者も15名の方に^^
僕の書く記事を気にかけてくださって
それだけで僕の励みになっています。


温かい心のこもったコメントも頂けて
このブログを書いていて良かったなと
実感しております。


拙い文章ではありますが、
これからも当ブログを引き続きご覧いただければ幸いです。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします




【番外編】30代の決意

30代がスタートしました。
9月下旬にこのブログを始め、
約1ヶ月。


「ブログを書いていてくれてありがとう」


「泣きながら読みました」


など最近では心温まるコメントやメッセージを頂けるようになり、
自分の想いが確実に誰かに届いていると感じられ嬉しい限りです。


また反対に


「いつも、ゆうじさんのブログで優しい気持ちに
してもらっています。
あなたの深い優しさが伝わるこのブログが大好きです。 」


「ゆうじさんのブログ 大好きです。
私にも、男の子が2人いますが、貴方のような人になって欲しい…と心から思います。
貴方は本当に素敵な人です。 」


など心の底からグッときて、泣いてしまいました。
このような素敵なコメントを頂く機会が増え、
このブログを書き始めて本当に良かったなと感じます。


こういった素敵なコメントやメッセージを頂く度、
寝る前に父と母の仏壇に報告しています。
もちろん泣きながら(苦笑)



このブログも
1日平均250人の方に訪問いただき
1日平均1500PVになりました。
昨日はついに始めて2000PVを超えることができました!


本当にありがとうございます。
そしてLINE読者も7名の方になり、
日々皆さんに励まされています。


両親と別れて、心のどこかで
愛情に飢えていた自分がいました。


でもこのブログを書き始めたおかげで
皆さんからたくさんの励ましを頂けて
僕は勝手にそれを「愛情」と受け止めています^^


誰かに必要とされていると
感じられるだけで僕は本当に幸せです^^


またGoogleが無料で提供する
Webページのアクセス解析サービス、
アナリティクスという機能を使っていると
日本のみならず、


アメリカ、ベトナム、エチオピアなど
9ヶ国の方達の訪問も確認できました。


このブログを書き始めた時は
日本のどこかの誰かに
届いてほしいと思っていました。


しかし世界のどこかの誰かにも
自分の想いが届いていると
最近思うようになりました。


そして30代になって強く思うのは


自分の経験を1人でも多くの方の「心」に届けたい


僕の経験が誰かの役に立ってほしい


この2点に尽きます。



父と母に言えて良かった事


父と母にできずに後悔した事


これはやっておいて良かったと思える事


あの時ああしておけば良かったと後悔した事


など山ほどあります。


特に後悔したことは、
皆さんにもしてほしくない。


そんな事を僕のブログを通して
読んで下さる方の何かの助けになってくれれば
嬉しいです。


30代この10年間のテーマは
「届ける」です。


どうぞこれからも当ブログを
よろしくお願いします^^





闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

【番外編】天国の母からの誕生日プレゼント

一昨日の誕生日は上司が気を利かせてくれ
休みをもらえた。


そんな僕に母から誕生日プレゼントを
貰えた気がする出来事が2つあった。


朝2階で洗濯を干していた時、
道路を歩いている人に視線を送ると


背丈も体形も服装も
母と瓜二つの女性が奥から歩いてきた。


おそらく年齢も亡くなった時の母と同じぐらいで
母が散歩しに行っていた頃の容姿にそっくりで、
帽子を深く被っている所までそっくりだった。


僕はまた良い方に捉え、


(誕生日に姿を見せに来てくれたんだ)


と嬉しくなった。



そして洗濯を済ませた後、
僕は近所の薬局に買い物に行った。


シャンプーや歯磨き粉を購入しようと
店内を回っている時、僕はふと


(あ!そういえば前に入浴剤の割引クーポンを貰ったんだった!)


と思い出し、財布の中からレシート上の割引クーポンを探した所…


(あったあった!有効期限は?と・・。)






有効期限は2018年2月2日。




IMG_20171109_122547








僕はドキッとした。
そしてまた目が真っ赤になった。


2月2日は母の命日。


朝の瓜二つの女性といい、
この有効期限といい、


ただの偶然なのかもしれないけれど
僕にはそうは思えない。


「ゆうじ、お誕生日おめでとう
傍にいるからね」


って天国の母からの誕生日プレゼントな気がして。


はつみありがとう。
凄く嬉しかったよ。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

【番外編】さよなら20代、よろしく30代

私事ですが今日で30歳になりました。
やはりこういう節目の年齢になる時は
毎回感慨深いものですね^^


20代を振り返ってみると


21歳で母を亡くして


22歳で就職をして


26歳で転職して


29歳で父と祖母を亡くしたりと


凄い濃い10年間でした…。


まさか20代で両親と別れることになるとは
夢にも思っていませんでした。


僕は独身なので、両親に孫を見せることもできず
別れることとなり、親孝行ができなかったので
とても心残りです。


30歳になる瞬間は両親の仏壇の前で迎えました。


23時55分ぐらいから仏壇の前に座り、
両親にたくさん話しかけました。


「まさか20代で2人と別れることになるとは思わなかったよね」


「初めて両親がいない誕生日を迎えたわ」


「産んでくれて、大切に育ててくれてありがとう」


「たくさんの愛情をくれてありがとう」


「本当の意味で産んでくれたこと、育ててくれたことを感謝しなければいけない日だね」


「約束した通り、これからもずっとそばにいてね」


30歳になった瞬間は涙でボロボロでした(苦笑)


さよなら僕の20代、よろしく僕の30代^^






にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

【番外編】やっぱり恋しいな

昨日は地元でイベントがあった。
今回で3回目。


このイベントは市民参加型で
3年前に初めて行われた1回目は兄が参加して、
父と僕は兄の応援のために一緒に出掛けた。


兄を応援しながら、父と2人で楽しく見ていたのが
昨日のことのように思い出される。


そして去年は僕も兄と一緒に参加することになった。
去年は僕も初めての参加だったので、
参加することが決まった時は
「中学の体育祭の時以来に父に自分の頑張っている所を見てもらえる!」
と喜んだのを覚えている。


なんだかんだこうやって
自分が真剣に取り組んでいる姿を
親に見てもらえる機会は大人になるにつれ
減っていくと思う。


そういった意味でも、このイベントに
参加できることを幸せに感じていた。


だけれどその当時、父は入院中だった為、
見に来れなった。
結局僕のこの夢は叶わなかった…。


去年は終わった後、そのまま父の病院にお見舞いに行き、
結果報告を含め、来れなかった父にたくさん話して
父がそれを嬉しそうに聞いてくれたのが
僕にとってとても良い思い出として残っている。


もうあれから1年か…。
今年はもう父はいない。


でも必ず見に来てくれるはず。
今回は初めて両親が
一緒に見に来てくれているはず。
きっとこの会場に来てくれているはず。

そう思ったら、正しい表現なのかはわからないけれど、
なんだか嬉しかった。


ただ昨日毎年行われているこの会場に来たら
2年前の父と一緒にいた光景が思い出されて
また目に涙が溢れてしまった。


やっぱり恋しいな…
会いたいな…

会話はできなくても良いから
観客席にいる父の姿を見ながら力をもらい、
父には僕の頑張っている姿を見てほしかったな…


すみません不覚にも
今このブログを書きながら
また泣いてしまったので
今日はこの辺で><

にほんブログ村 家族ブログへ
闘病記ランキング
livedoor プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク