20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ: 家族

就職が決まり母が亡くなって1年の月日が過ぎた頃僕は家の中の整理をした。就職してしまうとこうした時間が取れないと思ったし就職する前に少し家の中の不要な物を処分したかったから。男3人暮らしだったにもかかわらず父が綺麗好きな人だったのもありきちんと物は整理され …
続きを読む

母がまだ生きていた頃。僕が大学に入学した18歳の時、3つ上の兄は大学四年生。その頃、我が家は車を買い替えた。父の趣味はドライブと料理。新車に買い替えた事で父は運転がしたかったのだろう。父が仕事が休みの週末はほぼ毎週家族でドライブに出掛けた。ほぼ毎週、朝5 …
続きを読む

告知を受け、ショックを受け計り知れない恐怖と戦う母。一方、ようやく自分の過ちに気づいた僕。かける言葉は見つからないが、母の病室へと戻った僕。僕も気が動転していたのでこの時、母とどんな会話をしたか覚えていない。ただ覚えているのは半日、ほとんど会話は無く、母 …
続きを読む

12月22日に入院し、癌が見つかり、余命宣告を受け人工肛門になり、鼻から管を入れて我が家の2008年は11月までは例年と変わらなかったが12月に入り年末にかけて一瞬にして絶望の年へと変わった。この当時バイトしていた所で毎年恒例の大掃除があったのだが、お母さんのそばに …
続きを読む

鼻からチューブを入れ終わり、母が病室に戻ってきた。しかし母は憔悴しきっていてとても会話ができるような雰囲気ではなかった。精神的にも肉体的にも疲れ切っているのが見て取れた。僕ら家族は母が回復するまで1人ずつ交代制で看病した。そして夜になった頃には母もだいぶ落 …
続きを読む

依然として母は元の元気な体に戻れると希望を持っていた。しかし母も唯一、今回の手術をしたことで今後の生活に不安を持っていることがあった。そうそれは人工肛門。癌細胞が邪魔をして自然な排泄ができなくなった為、便を排泄するために胸の下あたりに人工の肛門を作った。 …
続きを読む

専業主婦の母が入院した事で僕と父、兄の男3人の生活が始まった。当時は父と兄は会社員、僕は大学生。母が家にいた時は家事全般をやってくれていた。母は本当に家族が大好きで家族の為に、家族中心の生活をずーっと送っていた。日中僕らが仕事や学校に行っている間に、近所へ …
続きを読む