20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

奮い立つ想い おれがはつみを支えるんだ!

僕の心はボロボロだった...。


心の中に「死にたい」「死ねたら楽だろうな..」
などと自分の命を軽視する考えが出てきてしまった。


この気持ちはたしか2、3日続いた気がする。
母の病室で、母の寝顔を見ながら


(もしおれが死んだら、父からおれが死んだと聞いてショックを受けるんだろうな~)


と上の空というか無気力で
そんなことまで考えてしまったのを覚えている。


それほどまでに僕の心はボロボロだった..。
そして真っ暗な家に帰って、
父と兄の帰りを待ち、
食事などを済ませ、最低限のコミュニケーションを取る。


母が家に居た時とは、比べ物ならないほど
寂しく、暗い我が家だった。


そして就寝。
自分とゆっくりと向き合える時間。


しかし母と別れたくないという悲しみ、
胸を締め付けられるような恐怖に襲われ
僕は気がつくとすぐに泣いていた。


そんな時、このままではだめだと
自分の心を鼓舞するために
携帯で名言集を調べた。


そこで僕の心は奮い立った。


その名言とは


「あなたが死にたいと思った今日は、昨日死んでしまった人が生きたいと願った明日」


という言葉。


僕はこの言葉を読んでさらに泣いた。


そして自分なりの言葉に言い換えた。


「あなたが死にたいと思った今日は、世界のどこかで、生きたい!と強く願った人が死んでいった今日でもある」


もっと言えば


「俺が死にたいと思っているこの瞬間も、世界のどこかの誰かが生きたい!と強く思いながら死んでいっているのかもしれない」


と自分をどんどん鼓舞していった。


「生きれるおれが自分の命を捨てるなんてダメだ!はつみは生きたいのに生きれないんだ・・」


「おれがはつみを支えるんだ!」


と泣きながら自分をひたすら鼓舞し続けた。



今でもこの


「あなたが死にたいと思った今日は、世界のどこかで、生きたい!と強く願った人が死んでいった今日でもある」


という言葉は大事にしている。



だって僕はこの言葉に命を救われたから...。



闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

人生で最初で最後の...

いつもどおり僕は毎日
時間の許す限り母のお見舞いに行った。


少しでも一緒にいたい。


少しでも母との思い出を作りたい。


少しでも母の笑顔をこの目に焼き付けたい。


そんなこと思いながら
母との残りの時間を過ごしていた。


でもやっぱり母の笑顔を見る度に


いつまでもこの笑顔を見ていたい


まだ何か手はあるのではないか


まだ助かる可能性はあるのではないか


などと諦めることができずにいた。



しかしそんな母が恋しい一方、
徐々に僕の気持ちにも変化が訪れた。


あまりにも母の余命宣告がショックで
僕の心はボロボロだった。


そして人生で初めて


「死にたい..」


と思ってしまった..。


こう思ったのは後にも先にも
この時が最初で最後。


こんな希望のない悪夢の毎日から
逃げたい....と。


当時、胃が痛くて
胃潰瘍になりたいと強く願ったり、
胃潰瘍になれば死ねるのかな


帰りの暗い帰り道で
自転車に乗りながら
高層マンションを見て
あそこから飛び降りれば死ねるな


などと本気で思った。


誰にも相談できず、
僕の心の中で大切にしていた
燃え上がる炎のような想いが
儚く消えていった…。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



【番外編】30代の決意

30代がスタートしました。
9月下旬にこのブログを始め、
約1ヶ月。


「ブログを書いていてくれてありがとう」


「泣きながら読みました」


など最近では心温まるコメントやメッセージを頂けるようになり、
自分の想いが確実に誰かに届いていると感じられ嬉しい限りです。


また反対に


「いつも、ゆうじさんのブログで優しい気持ちに
してもらっています。
あなたの深い優しさが伝わるこのブログが大好きです。 」


「ゆうじさんのブログ 大好きです。
私にも、男の子が2人いますが、貴方のような人になって欲しい…と心から思います。
貴方は本当に素敵な人です。 」


など心の底からグッときて、泣いてしまいました。
このような素敵なコメントを頂く機会が増え、
このブログを書き始めて本当に良かったなと感じます。


こういった素敵なコメントやメッセージを頂く度、
寝る前に父と母の仏壇に報告しています。
もちろん泣きながら(苦笑)



このブログも
1日平均250人の方に訪問いただき
1日平均1500PVになりました。
昨日はついに始めて2000PVを超えることができました!


本当にありがとうございます。
そしてLINE読者も7名の方になり、
日々皆さんに励まされています。


両親と別れて、心のどこかで
愛情に飢えていた自分がいました。


でもこのブログを書き始めたおかげで
皆さんからたくさんの励ましを頂けて
僕は勝手にそれを「愛情」と受け止めています^^


誰かに必要とされていると
感じられるだけで僕は本当に幸せです^^


またGoogleが無料で提供する
Webページのアクセス解析サービス、
アナリティクスという機能を使っていると
日本のみならず、


アメリカ、ベトナム、エチオピアなど
9ヶ国の方達の訪問も確認できました。


このブログを書き始めた時は
日本のどこかの誰かに
届いてほしいと思っていました。


しかし世界のどこかの誰かにも
自分の想いが届いていると
最近思うようになりました。


そして30代になって強く思うのは


自分の経験を1人でも多くの方の「心」に届けたい


僕の経験が誰かの役に立ってほしい


この2点に尽きます。



父と母に言えて良かった事


父と母にできずに後悔した事


これはやっておいて良かったと思える事


あの時ああしておけば良かったと後悔した事


など山ほどあります。


特に後悔したことは、
皆さんにもしてほしくない。


そんな事を僕のブログを通して
読んで下さる方の何かの助けになってくれれば
嬉しいです。


30代この10年間のテーマは
「届ける」です。


どうぞこれからも当ブログを
よろしくお願いします^^





闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします

一緒に寝たいよ

母の癌は必ず治る!と
1人で勝手に期待していた僕。


先生からの言葉で
残酷な現実に戻らされた。


期待していた分、
そのショックは相当大きかった・・。


気持ちの整理がつかず、
僕は1階のロビーの椅子に座り
気持ちを落ち着かせようとした。


今にして思えば、
母の前では明るくいなくては!
と常に自分自身を必要以上に追い込んでいたと思う。


時間にしてどのくらいだっただろうか。
水を取りに来たのに、あまりにも時間がかかれば
母に疑問を持たれるからと、長居はしなかったと思う。


病室に戻ると何の話の流れだったかは
覚えていないけれど、


母だけは元気な体に戻れると思っていたので、
母と退院してからの生活について話をした。


母は退院してすぐには、
洗濯物を2階に持っていくのが
できないから僕にやってほしいと
頼んできた。


「もちろん!持って行くだけじゃなくて、干すのも畳むのもやるよ」
と言葉に力を込めて答えた。


無理だとはわかっていたけれど
話を合わせたわけではなく、
母が帰って来た生活を
期待というか
夢見て僕は答えた。


だけど、それ以上に僕としては



「退院できるかもわからないこと」



「普通の生活には戻れないこと」



がわかっていたので辛かった。



「あれもしたい!これもしたい!」



「あれをしなくては!これもしなくては!」



など母から出てくる言葉は
前向きな事ばかりだったので
余計に辛かった・・。



でもこの時、
僕は母に一つのお願いをした。


それは絶対に叶わない事だと
わかっていたけれど......。



それは僕の心の底からの願いだった。
言葉にしようとする時には
目には涙が溢れていた。



「家に帰って来れたら、子供の時みたいに
一緒の部屋で布団を引いて寝よう。
また一緒にはつみと寝たいよ」



言葉の後半から僕はもう
むせび泣きながらだった。


母はまた僕の頬から流れる涙を
親指で受け止めてくれて


「そうだね。久しぶりに良いかもね^^」


と優しく微笑んでくれた。
僕はその穏やかで優しい笑顔を見て
余計に母が恋しくなり、さらに泣いた。



結局僕のこの願いは叶わなかった・・。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
livedoor プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク