20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ:

酸素が脳に行きにくくなり次に眠ったらそのままかもしれないという予断を許さない状況と言われたものの特にそんなことはなかった。脳に酸素が行きにくい事で上の空になったり、ボケたりすることもなく母は亡くなるまで普通に会話もでき何も変わらなかった。そしてある日の夜 …
続きを読む

「次に眠ったらそのまま…かもしれません…。」その言葉が頭から離れない。しかしあまりにも突然で自分の想像を遥かに超える宣告だったからかどこか他人事のような感じで時間が立つにつれ母と普通に雑談ができるような状態だった。しばらくすると仕事を早退して来た父から「 …
続きを読む

「私がんばったよね!?もう死んでも良いよね?」この母からのショックな言葉から数時間が立った。だがこの母からのショックな言葉は僕の脳裏に焼き付き必死に別の事を考えようとしても頭の中で何回もフラッシュバックした。母はこの日、ずっと怒りを噛み殺したような怖い顔 …
続きを読む

母は腸閉塞を患ったことで食べた物を腸がうまく運べていない状態になり、食事を摂れず、点滴で賄っていた。思えば母は腹痛を訴えた12月上旬から約2週間、何も口にしていない生活を送っていた。そして入院して数日が立ったある日主治医の先生が、母の病室に訪れた。その時、母 …
続きを読む

昨日は地元でイベントがあった。今回で3回目。このイベントは市民参加型で3年前に初めて行われた1回目は兄が参加して、父と僕は兄の応援のために一緒に出掛けた。兄を応援しながら、父と2人で楽しく見ていたのが昨日のことのように思い出される。そして去年は僕も兄と一緒 …
続きを読む