20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

告知(上) ~今も消えぬあの日の後悔~

「告知」
ついにこの日が来てしまった。


癌が見つかり、見つかった時には
すでに手遅れな状態。


「母が動揺するから」
と綺麗事を言って先延ばしにして
自分達が傷つくのが怖くて
先延ばしにしていたように思う。


それと同時に
どんなに辛くても
どんなに目を背けたくても
いつか伝えなければならない、
避けては通れない道だとも覚悟していた。

母に告知をする事となり、
父は休みを取った。

兄は仕事に向かった。


僕は大学が補講期間の為、休み。
告知の朝、父は僕に「告知に同席するか?」
と問いかけてきた。


この当時の僕は
もう限界だった。


緊急入院
緊急手術
癌発見
余命宣告
母との残り時間があとわずかしか残されていない事
人生で初めて死にたいと思った事
大好きな母から「死にたい。死んでも良いよね?」と言われた事


21歳の僕にはもう毎日が辛い事ばかりで
しかも目の前で起きる怒涛の悪夢に対して
その都度100%受け止めてしまっていた為


僕の心はもう限界だった。
だから当時の僕が出した答えは…。


「おれは良いよ。信幸が一緒に居てあげて。」
といった趣旨の事を言ったのを覚えている。


はっきりと覚えているのは
こうして言葉を濁した事。


本当は


おれにはもう限界。
これ以上傷つきたくない。
告知を聞いて動揺する、はつみを見るのが怖い。
受け止められる覚悟がない…。


これが僕の心の声、
心の叫びだった…。



要するに僕は逃げたんです…。
怖くて、傷つきたくなくて…。


さらに僕はこれから
不謹慎な行動を取る事を
父に告げた。


父はそれほどではないけれど
1995年頃からイチロー選手のファンとなった
母の影響で我が家は野球が大好きになった。


兄は巨人ファン、僕は西武ファン。
僕が高校生になったぐらいから
選手に直接サインを貰いに行くのが
僕らの楽しみになっていた。

大ファンの涌井選手や松坂選手に
サインを貰えた時は嬉しくて貰えた直後に
その都度母に電話をしていた。


電話の先で母も一緒に喜んでくれて
凄く嬉しかった。


そしてこの日僕は
これからジャイアンツ球場に
この年鳴り物入りで巨人に入団した
ルーキー大田選手にサインを貰いに行くと
父に告げた。


普通なら
「おまえも母ちゃんの傍にいてやれ!」

などと怒っても良いはず。


僕が父の立場なら、間違いなくそう言う。
でも父は違った。


僕の言葉を濁した、
あっさりとした無責任な返事、


そして母への告知という
とてもとても大事な事案に
同席しないうえに
あろうことか
サインを貰いに行くなどと
不謹慎極まりない行動に対して

父はすんなりと了承してくれた。


父は最後まで僕に同席を促すようなこともなく、
呆れた感じでも、突き放すわけでもなく
僕の意志を尊重してくれたというか


僕はその言葉に甘えて
ジャイアンツ球場へと向かった。


僕はこの日、告知という
辛い現実から逃げたのだ…。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



もう限界

「私がんばったよね!?もう死んでも良いよね?」


この母からのショックな言葉から
数時間が立った。


だがこの母からのショックな言葉は
僕の脳裏に焼き付き
必死に別の事を考えようとしても
頭の中で何回もフラッシュバックした。


母はこの日、ずっと怒りを噛み殺したような怖い顔で
声をかけられるような雰囲気ではなかったのを覚えている。


普段は優しい母だったので
余計に怖かった。


でも僕は母の横にずっといた。
会話は一切なかったし、
できる雰囲気ではなかったけれど


僕の想いは


ただただ母の傍に居たい....。


その一心だった。


そして夜になり、仕事から帰って来た父がお見舞いに来た。
何も知らない父。


僕は父の顔を見ると、
張り詰めた緊張がほどけたように
涙がドッと溢れた。


そんな僕の様子を見て、
驚いた父は
何かあったと感じ取り
僕を病棟内のロビーに連れ出した。


そしてまもなくすると
主治医の先生も現れた。


おそらく看護師の人から
父がお見舞いに来たと連絡が入ったのだろう。


主治医の先生から父に
今日起きた経緯を説明した。


僕はその横で
また今日の母からの言葉を思い出して
ずっと泣いていた。


そして主治医の先生から
「このあたりが限界ですね..。奥様も息子さんも精神的にもう限界だと思います。
これ以上奥様に、残りの時間が残されていない事を隠すのは難しい、というのが私の見解です。
明日奥様に告知をしましょう.....。よろしいでしょうか.....?」


僕は先生からの言葉を聞き


(とうとうこの時が来てしまったか…)


とショック受け、さらに泣いた。


それでも父は神妙な顔をしたものの
取り乱すこともなく
「はい」とだけ先生に返事をした。


そして父は泣きじゃくっている僕の肩を
力強くさすりながら、


そして僕の目を
しっかりと見つめながら


「いいな?ゆうじ」
と聞いてきた。



涙でぼやけて父の目をしっかりと見れなかったけれど
僕はむせび泣きながら「うん..」と答えた。


そしてついに
母に告知をする時を迎える...。


それは僕が人生の中で
一番やり直したい、
一番後悔する日にもなった。





闘病記ランキング

深い所で

母は腸閉塞を患ったことで
食べた物を腸がうまく運べていない状態になり、
食事を摂れず、点滴で賄っていた。


思えば母は腹痛を訴えた12月上旬から
約2週間、何も口にしていない生活を送っていた。


そして入院して数日が立ったある日
主治医の先生が、母の病室に訪れた。
その時、母とお見舞いに来ていた父と僕の3人がいた。


主治医の先生から、鼻からチューブを入れて
腸の中身を逃がし、腸に掛かる負担や圧力を
軽減する治療を行うと説明を受けた。


母は昔から極度の怖がりで
元気な時に町医者に通院していた頃、
診察当日に体重が増えていると、
「先生に叱られる…」と、必要以上に怖がり
よく台所で嘔吐を繰り返していた。


また虫歯がかなり進行してしまった事があり、
専門の病院で歯の治療が必要になった時も
当日、嘔吐を繰り返していた。
大学の講義が終わったら来てほしいと
頼んでくるほど怖がりだった。


そんな怖がりの母だったので、鼻から管と聞いて
先生が病室から帰った後、父と僕の手を握り、
「怖いよ…」と泣いて訴えてきた。


僕と父は「大丈夫!良くなるために頑張ろう!」
と必死で励ました。


そして鼻からチューブを入れる日、
この日は家族全員でお見舞いに来ていた。


エレベーターの前まで付いていき、
この時も母は代わるがわる家族全員の手を握り
最後まで「怖いよ…」と泣いていた。


そんな母を見て父が両手で母の手を握り
「大丈夫!家族全員ついているから」


と励ました。そんな両親の姿を見て
僕は後ろに下がり、誰にも気づかれないように
必死で涙を堪えた。


普段はこんな風に手も握らなければ、
あまり会話をしない両親なのに


こういう時にしっかりと
頼って、励まし合って


深い所で愛し合っている両親の姿を見て
こみ上げてくるものがあった。


(やっぱり信ちゃんとはつみの子供で良かった)



と心の底から思った。



あの時の両親の姿は僕の宝物。



そして母は治療へと向かった。





闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



【番外編】やっぱり恋しいな

昨日は地元でイベントがあった。
今回で3回目。


このイベントは市民参加型で
3年前に初めて行われた1回目は兄が参加して、
父と僕は兄の応援のために一緒に出掛けた。


兄を応援しながら、父と2人で楽しく見ていたのが
昨日のことのように思い出される。


そして去年は僕も兄と一緒に参加することになった。
去年は僕も初めての参加だったので、
参加することが決まった時は
「中学の体育祭の時以来に父に自分の頑張っている所を見てもらえる!」
と喜んだのを覚えている。


なんだかんだこうやって
自分が真剣に取り組んでいる姿を
親に見てもらえる機会は大人になるにつれ
減っていくと思う。


そういった意味でも、このイベントに
参加できることを幸せに感じていた。


だけれどその当時、父は入院中だった為、
見に来れなった。
結局僕のこの夢は叶わなかった…。


去年は終わった後、そのまま父の病院にお見舞いに行き、
結果報告を含め、来れなかった父にたくさん話して
父がそれを嬉しそうに聞いてくれたのが
僕にとってとても良い思い出として残っている。


もうあれから1年か…。
今年はもう父はいない。


でも必ず見に来てくれるはず。
今回は初めて両親が
一緒に見に来てくれているはず。
きっとこの会場に来てくれているはず。

そう思ったら、正しい表現なのかはわからないけれど、
なんだか嬉しかった。


ただ昨日毎年行われているこの会場に来たら
2年前の父と一緒にいた光景が思い出されて
また目に涙が溢れてしまった。


やっぱり恋しいな…
会いたいな…

会話はできなくても良いから
観客席にいる父の姿を見ながら力をもらい、
父には僕の頑張っている姿を見てほしかったな…


すみません不覚にも
今このブログを書きながら
また泣いてしまったので
今日はこの辺で><

にほんブログ村 家族ブログへ
闘病記ランキング
livedoor プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク