20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ:

明日は父と病院に行く日。これまで以上にこの時が初めてだったかもしれない。父が居なくなった(=死別した)場合の生活を考えたのは…。もしそうなった場合もう頼れる人はいない。今までなら父が何とかしてくれたが父が居なくなってしまったら自分で考えて自分で行動して生き …
続きを読む

ひょっとしたら明日父と病院に行ったら父は入院することになるかもしれない。ひょっとしたら母の時のように緊急入院、緊急手術、余命宣告、そしてこの家にもう帰って来られないかもしれない。僕は狭心症であってほしいと願っていたものの父が入院する前日にはこれまで"敢えて …
続きを読む

2016年2月2日火曜日。この日は母の7回目の命日。僕は母の墓参りに行った。僕はこの3、4年ぐらい前から母の墓参りに行くと母にいつも同じお願いをしていた。(信ちゃんと洋ちゃん、家族全員がこれからも健康でいれますように)と。命日だけではなくお正月やお盆の節目 …
続きを読む

父の事で頭がいっぱいだった僕は家の最寄り駅に着くと駆け足で家に向かった。走った影響と父の体が心配で家の門に着いた時には心臓がバクバクしていた。乱れた呼吸を整えながらカバンから鍵を取り出し玄関を開けた。「ただいまー」と言いながら急いでリビングに入るとそこに …
続きを読む

時は2016年1月30日土曜日。この日僕は19時まで仕事だった。父はこの前夜、僕に病院に行くと約束してくれた。病院嫌いの父が自らの意思で病院に行くと言ってきた。ただ僕が教えた病院ではなく歩いてすぐの所にあるクリニックに行くと父は言った。僕は父の体力が続か …
続きを読む

僕は父に対して怒りが収まらなかった。「何でこんなに心配しているのに 信ちゃんは今回も病院に行ってくれなかったの?」僕は思ったままに父に想いを告げた。すると父は何とも言えない表情で重い口を開いた。「行かなかったんじゃない、行けなかったんだ…。」と元気のない …
続きを読む

仕事中ずっと父が病院に行ったのか気になっていた。父は元から病院嫌いの人だった。僕と兄は3つ違い。僕が高校受験兄が大学受験の時は同時に受験だった。そんな大事な年に父はインフルエンザにかかった。さらに僕が大学受験の時に父はノロウイルスにかかった。だが父は昔か …
続きを読む

翌日僕は仕事だった。父が心配でいつもより少しだけ早起きした。父は普段と変わらない様子だった。そんな父を見てひと安心したのを覚えている。支度を済ませて家を出る前に父にもう一度、病院に行くように念押しした。父はボソッと「行く気力がない…」と言ってきた。僕はそ …
続きを読む

父が異変を起こし寝てから数時間が経った。僕は逐一、1階で寝ている父の様子を見に来ては、父の気持ちよさそな寝息を聞いて安心し2階の自室へと戻るというのを繰り返した。この頃には僕はもう元気だった。自分で都合の良い診断を勝手に下したおめでたい奴だったから。仮に狭 …
続きを読む

父が寝たのを確認すると僕は2階の自室へと戻った。そして先程の父の症状を自分なりに調べた。すぐに症状が治まった事呼吸困難だった事この2つが僕の中で大きな症状として印象に残り急いで調べるとある病気に先程の症状と近い症状が書いてあった。この半月後に父は入院しその …
続きを読む