20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

納得できるわけ…ねぇだろ…

「次に眠ったらそのまま…かもしれません…。」


その言葉が頭から離れない。


しかしあまりにも突然で
自分の想像を遥かに超える宣告だったからか
どこか他人事のような感じで
時間が立つにつれ
母と普通に雑談ができるような状態だった。


しばらくすると
仕事を早退して来た
父から「病院に着いた」と
メールが来た。


僕は母を病室に残し、急いで
4階のエレベーター前に向かった。


エレベーターから父が降りて来た。
父と目が合った瞬間、
緊張の糸がほどけたのか
僕はその場で泣き始めてしまった。


父はそんな僕を見て、心配してくれ
向かいのロビーに誘導してくれた。


僕はしゃくり泣きながら
先生から言われたことを伝えた。


しゃくり泣きながら父に伝えたため
言葉の端々で詰まり
話がうまく伝えられなかったにもかかわらず


父はメソメソしている僕に対して
「もっとはっきり言え!」などと怒ったり、
せかすわけでもなく、
僕のペースに合わせ、
僕の顔を覗き込むように
大事に大事に耳を傾けてくれた。


そして父は僕を慰めてくれ
「先生と話をしてくる。おまえは落ち着くまでここにいろ」
と優しく声をかけてくれた。


父は立ち上がり
僕の右肩を無言で
ポンポンと叩いて
先生の元へと向かった。


僕は顔を上げ
父の背中を見ながら
さらに泣いた。


父が先生の所に向かって
再び僕の前に帰ってくるまで
時間にしてどのくらいだっただろうか


覚えているのはこの間
1人で泣いていたのと
母の所に行かなかったこと、
最終的にロビーから
携帯電話が使用できる携帯エリアに移動して
その椅子に座っていたこと。


父がロビーに姿を現した。
キョロキョロしている。


僕はしゃくり泣きながら
黙って父を見つめる。


父は僕の姿を見つけると
穏やかな顔をして僕の元へと歩いてきた。


父は主治医の先生と話した内容を
丁寧に教えてくれた。


そして最終的に先生との話の中で
まむなく訪れる
"母の最期について家族の意思を聞かれた"
と僕に教えてくれた。


そして父は僕に尋ねた。



「もし母ちゃんがそんな状態になったら延命を望むか?それとも何もせず時の流れに任せるか?どうする?」


「もし延命をしたとしても母ちゃんは植物状態になって眠ったままで会話はもうできない…。」


「でもお前と兄ちゃんがそれを望むなら父ちゃんは先生に反対されようとも、先生にお願いするよ」


僕は父からの言葉を聞き
人目をはばからず、
ひたすら泣いて泣いて泣いた。


答えは出ているのに
それを言葉にしてしまったら、
はつみが死ぬことを認めてしまう気がして
なかなか父に伝えることができなかった…。


でも父はその間何も言わず
ずっと隣にいてくれた。


そして僕はしゃくり泣きながら
ゆっくり、ゆっくりと自分の答えを伝えた。


「時の流れに…任せるよ…。」


「はつみが…これ以上…苦しまないで…済むように…」


すると父は


「わかった。それで納得できるな?」


と僕の気持ちを悟ったように
どこか穏やかな顔で僕の目を
しっかりと見てくれた。


あの時の父の顔は
今でも忘れられない。


僕は目を反らしながら



「納得できるわけ…ねぇだろ…」


と悔し泣きながら
父に怒りをぶつけてしまった…。


まもなく亡くなってしまう最愛の人と
僕ら子供達の間で


誰よりも辛く、残酷な決断を迫られ
それでも決断をしなればならなかった父。


涙を見せるわけでもなく
取り乱すこともなく
決断した父。


そんな父を僕は
誇りに思う。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



【番外編】幸先の良いスタート ~父からの激励~

番外編ばかりで
すみません><


新年早々、幸先の良い
スタートが切れました^^


昨年の両親がいなくなってから
初めて迎えた僕の誕生日の時のように
母が亡くなってから
何度か不思議な出来事を経験した。


母とはお互い恋しいまま別れたので
そういった不思議な出来事は多々あるが、


父が亡くなってからは父からの
そういった何か不思議な事は無かった。


でもそれは母の時と違って
父の事をしっかりと送り出せたと
心の底から思えているから
そういった不思議な事は起こらないのかなと
思っていた。


でも父が亡くなったから初めて
父からのメッセージかなと思える事が起きた。


僕は今年の元旦も仕事だった。
サービス業だから元旦はなかなか休めない。


かと言って、結婚もしていなければ
彼女もいないので、元旦に
仕事でも特に不満もない。


年末ということもあり
職場ではここ最近
大掃除がてら
保管期限が切れた資料を
シュレッダーにかけて処分していた。


僕はいつもその仕事を同僚に任せ
他の仕事をしていた。


でも元旦ということもあってか
いつもより仕事量が少なく手が空いたので、
僕も資料をシュレッダーにかけることにした。


(どれどれ、ささっとやりますかな)


と大雑把に取って資料を
シュレッダーにかけていく僕。


シュレッダーが紙を切断している最中に
次にかける資料を手に取る。


その繰り返し。
そして不意にこれから
シュレッダーにかける資料に目を通した。


(いつの頃の資料だろう?)


(うわ~懐かしい書式だな~)


(前はこんな書式の紙だったな~)


と手を止め、資料に見入った。
そして次に日付に目をやると…。


僕はドキッとした。


(え?2014年8月1日って!?)


(おれがこの会社に転職した日じゃん!!)


僕が手にした資料は
僕が今の会社に転職して
初めて働いた日の資料だったのだ。


僕は今の会社が2つ目の会社。
つまりこの日は人生で初めて転職をした日。


僕は4年制の大学を卒業して
飲食チェーン店の会社に就職した。


そこで約4年と3ヶ月働いたのだが、
当時僕は入社して1ヶ月後から
ずっと夜勤の担当だった。


当時から父は僕の体の事を
心配してくれていて


日勤の勤務のみの
今の会社に転職が決まった時は
凄い喜んでくれたのを覚えている。


父が亡くなり
初めて迎えた年のお正月。


色んな意味で新しい年が
スタートしたこの日。


たまたま手が空いたから
普段はやらないシュレッダーをかける仕事をしたこと。


たまたま取った紙が
自分が転職した初日の資料。


僕はまた都合の良い解釈をした。


新年最初の仕事。


何だかこれは父からの


「ゆうじ、初心を忘れるなよ!」
というメッセージだと解釈した。


こんな偶然なんてありえない。
これは間違いなく
「父からの激励」だと。


何だか新年早々良いスタートが切れました^^
僕も皆さんも今年は今まで以上に
良い年にしましょうね^^


改めまして今年もよろしくお願いします^^


闘病記ランキング↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



告知の日、そこにあった真実

取り乱した母。
その姿にショックを受ける僕。


告知を受けた前日は
こんな姿では無かったのに


一体母に何があったのか、
聞くのが怖かったけれど


僕は覚悟を決めて
母の担当看護師の方に


昨日の告知の時と
僕らが帰った後の
夜の様子を聞いた。


看護師の方いわく


告知を受けた母は
先生に自分の残りの時間を
尋ねた。


先生から告げられた
現実を聞いて
母は目に涙をためて、
睨むような厳しい顔をして
鼻息が荒くなり、
体が震えていたらしい。


でも隣にいた父が、そんな母の背中を
ずっとポンポンと優しく叩いて
「大丈夫だから、大丈夫だから」と
ずっと声をかけ
励ましていたらしい。


僕はそんな両親の姿を想像して
涙が溢れた。


本当に両親は深い所で
愛し合っているのだ。


僕もその場にいたかった。
いなければいけなかった。


一緒に傷つきたかった。
そばにいてあげたかった。


看護師の方もその時の光景を
思い出したのか、目に涙を貯めていた。


そして看護師の方は
目に涙を貯めながら
穏やかな顔をして


「素敵なご両親をお持ちですね」
と声をかけてくれた。


僕はその言葉にお礼を言うとともに
下を向きながらさらに泣いた。


そして話は僕がもっとも
知りたいと思っていた核心に迫った。


そうそれは
僕らが帰った後の母の様子だ。


「今日は帰らないでほしいな…」


「ずっとそばにいてほしいな…」


心の叫びを僕に断られた母は
一体どんな様子だったのか。


僕は息を呑みながら
看護師の方の話に耳を傾けた。


母は夜中、寝れないとのことで
気分転換を兼ねて、車椅子に乗せてもらい
病院内にある中庭のような所に
連れて行ってもらったらしい。


そしてそこで母は
全力で


「あーーーーーーー!」


と叫んだらしい。



これははつみの心の叫びだったのだ。
突然突き付けられた残酷な現実に対する心の叫び。


家族である僕らが支えて
あげなければいけなかったのに。
母はあの夜1人で過ごした。



それを聞いて僕は


(どうして帰ってしまったのだろう)



(なんではつみのそばにいてあげなかったのだろう)



(はつみのそばにいてあげるべきだった)



(はつみと一緒に叫びたかった、はつみの心の叫びを共有してあげたかった)



と自分の犯した昨日の言動を悔いて悔いて悔いた。
そして自分を責め、自分に対して怒りが込み上げてきた。


それらが収まった時には、はつみに対する罪悪感が
込み上げてきた…。



これがあの告知の日、そこにあった真実。
僕がこの真実を知ったのは翌日だった。


ずっと母のそばにいれば
すべて共有できたのに…。



戻れるなら本当にこの日に戻りたい…。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



告知(下) ~今も消えぬ、人生で一番後悔した夜~

余命宣告を受けてから
数時間が立った。


僕はもう母に嘘をつかなくて良い事に
解放感を覚え、一番大事な母の想いに
目を向けられずに一緒にいた。


この日に貰った巨人の大田選手の
サインボールを見せ、貰った時の感想などを
母に話したのを覚えている。


父は夕食の準備などをしに
一旦家に帰った。


父は元々料理が好きで、仕事がある日も
だいたい19時には病院に来てくれていた。


だから母が入院中も
外食やコンビニ弁当ではなく
ほぼ夕飯は手作りのご飯を用意してくれた。


今にして思えば凄い事である。
仕事しながら、看病しながら、
僕ら子供達のごはんも用意してくれて。


少し話が逸れたが、
気がつくと夜になっていた。


告知の日ということもあり、
兄も心配で夜お見舞いに来てくれた。


そして夕飯を準備をし終わった父も
再び病室に来た。


病室には家族4人が揃った。
時間にして30分ぐらいだったけれど。


そしていよいよ帰りの時が来た。
「じゃあそろそろ今日は帰るわ」
という流れになった時


母が僕に向かって
なんとも言えない表情で


「今日は帰らないでほしいな…」


「ずっとそばにいてほしいな…」


と頼んできた。


あの時の母の顔と声のトーンは
未だに脳裏に焼き付いている。


でも僕が出した答えは…。。


「明日は朝からバイトだから無理だよ^^]


「他の人の迷惑になるしさ。」


「明日はバイト終わったらすぐ来るから^^」


と母の頼みを断った。
それが母の心からの叫び
だったにもかかわらず…。
しかしこの時の僕は
その事に気づいていない。


夜中まで起きていたことがない。
明日はバイトがある。
急に誰かにシフト代わってもらうのは申し訳ない。
4人部屋だし他の人にも病院にも迷惑がかかる。


などと理由をつけ、
この時の僕は迷うこともなく、
即答で断ってしまった。


父でも兄でもなく、
僕にそばに居てほしいと
言ってくれたのに…。


もちろん父と兄は
仕事があるから頼みづらかったのも
あるかもしれないが


告知という、言葉では表せられないほどの
深い悲しみやショックを受け
放心状態だった母の気持ちを
見抜けず、僕は最低だった…。


何度も言うがこの時は
本当に解放感に包まれていた。


大事な事に目も向けられずに。
そして翌日僕は母の取り乱した姿を
目の当たりにする。


そしてこの告知の日に
自分が取った言動を
心の底から後悔することとなる。






闘病記ランキング ↑↑
良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



告知(中) ~母の想いに目を向けられなったあの日~

告知の日。
僕はジャイアンツ球場にいた。


ジャイアンツ球場で大田選手に
サインを貰おうと待っている。


でも母の事が頭から離れない。
今この瞬間にも母はどうしているのだろう。


(もう終わったかな…?)


(はつみは大丈夫かな…?)


(おれは最低だ…何してんだよ…)


考えることは母の事と
そして父と母に対する罪悪感。


自分で選んだ決断だが
次第に増していく罪悪感。


かと言ってあの場に同席する
覚悟も勇気も僕にはない…。


一番傍に居てあげなければいけないのに
僕は本当に最低な行動を取った。


そしてそうこうしているうちに
無事に大田選手にサインを貰えた。


(よし!これではつみも喜んでくれるぞ)
などと自分の都合の良いように
気持ちを振るい立たせ、
僕は父と母が待つ病院へと
急いで向かった。


病院に着くなり
1階のロビーで父にメールをした。


いきなり母に会う勇気は僕にはなかった。
ここでも僕の弱い気持ちが出てくる。


父と1階のロビーで待ち合わせをした。
ジャイアンツ球場に居た時から
ずっとこの日は心拍数が上がっていたけれど


病院に着いて父にメールをして
父を待っていたあの時が一番心拍数が上がった。
あの時の光景は今でも覚えている。


そして未だにこうして思い出すと
あの当時の鼓動が蘇るというかドキドキする。


父が下りてきた。
駆け足で父の元へと向かう僕。


「どうだった?はつみの様子はどうだった?」


僕ははやる気持ちが抑えきれず、
父を質問攻めした。


「大丈夫だ。聞いたときはショックを受けていたけれど今は落ち着いている。」


「良かった~。じゃあ今は話せる状態ってこと?」


僕は父からの言葉を聞いて安心した。


(余命を宣告されたのだし、ショックを受けるのは当然だ)


(でも思ったより動揺していないみたいで良かった)


などと自分の都合の良いように勝手に解釈した。


僕はこの時点で
大きな間違いをしてしまった。


そしてその大きな間違いに気づかず、
母に対して最低な言葉を投げかける。


もちろんこの時の僕は
母の気持ちを考えていたつもりだった。
でもそれは本当に「つもり」だった。


僕は父からの「大丈夫だ」という言葉を真に受けた。
父が僕の事を想って、
心がボロボロだった僕へとくれた
精一杯の優しさの言葉だったのに…。


僕は


(これでもうはつみに嘘をつかなくて良いんだ!)


(これで今日からはつみと同じ方向を向いていける!)


と、この1ヶ月はつみに対して
嘘をつかなければならなかった毎日から
解放された事に、不謹慎ではあるが
一種の高揚感のようなものがあり


告知という残酷な現実を突きつけられた
はつみの気持ちを考えるよりも
自分が得られた解放感が勝ってしまった。


そしてその一番に考えなければいけなかった
「はつみの想い」を考えもせず、
はつみの元へと向かった…。


忘れもしないあの光景。
僕がはつみの病室へ向かうと
ちょうどはつみがトイレに向かうため
看護師の方に付き添われながら
病室から出てきた。


僕の顔を見るなり一言。


「大変だったね…。」


今にして思えば
この時のはつみは放心状態だった…。


けれど僕は母の異変に気づかず…。
解放されたことへの反動からか
笑顔でこう返してしまった。


「ううん。これではつみに嘘をつかなくて良いから嬉しいよ!」


はつみは「そうか。」とだけ
弱々しく返事をして
トイレへと向かった。


あの時の、あのはつみの背中は
今でも忘れられない。


はつみは大丈夫などではなく、
放心状態だった。


放心状態になるのは当たり前だなと
年を重ねるにつれ、強く思う。


でもこの時の僕は違った。
はつみの事を考えて毎日毎日泣いていたのに
僕は自分のことしか考えていなかったのだ…。


そして僕はこの日の夜も
はつみの想いを踏みにじる…。


今も消えぬ後悔…。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



livedoor プロフィール
お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク