20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

僕は21で母を、29で父を共に癌で亡くしました。 僕の経験や想いを書きます。 このブログが一人でも多くの方の心に届いて 心の宿り木のような存在になってくれると嬉しいです。

両親を癌で亡くした僕が経験した出来事を書きます。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

神様…お願い…

お風呂から出て
気丈に振舞い
夕飯を食べて
僕は寝る準備に入った。



兄から聞かされた母の想い


僕は母が兄に言った


「ゆうじが心配」


と言葉を思い出し、
またその言葉を言っている母の姿を想像して
1人ベットの中で声を殺しながら
泣き続けた。



そして家中が
寝静まった夜中


僕は2階で寝ている父と兄を
起こさないように
静かに1階へと降りた。


顔を洗い麦茶を飲もうと
台所の電気をつけた。


冷蔵庫のモーター音


壁掛けの時計が
秒数を刻む音。


ただ麦茶を飲んで
すぐに寝るつもりだった


だが静まり返ったこの環境が
僕の心を震わせた


ここ数日、日に日に弱ってきた
母の姿をふいに思い出してしまい
一気に涙がこぼれた。


ここで僕は人生で初めての事をする。


今でもあの光景は忘れない。



僕は唐突に顔を上げた


電球の光が目に入りまぶしかった



僕は一度目を瞑った。


涙が頬に伝う。


僕は改めて目を開き
顔を上げたまま


頬に伝う涙を拭うことなく
口を開いた





「神様…お願い…これ以上はつみを苦しめないで…」





さらに涙が溢れる。






「はつみが苦しまなくて済むなら…おれは…おれはもう…」






言葉に詰まる僕。






「おれはもうはつみとお別れしても…いいから…」






僕はそう言い終わると
下を向き、目を瞑りながら
泣き続けた。




今までの人生でこんな風に
神様にお願いした事など無かった。




もっと言えばこれが
今現在、最初で最後。




別に神様の事を信じていたわけでも
信じていないわけでもなかった。




でもこの時の僕は違った。


というかこんな事を言える相手が
神様しかいなかった。



まさか最初で最後の神頼みを
神様が叶えてくれるとは思わなった。



この数時間後、
母が最期の時を迎える。


この時の僕は
まだそれを知らない。



そして麦茶を飲み
再び眠りについた。



そして翌朝
僕は父からの1本の電話で
飛び起きる事となる…。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



兄から聞かされた母の想い

あれが母との最期の会話になったとは
この時の僕は知る由もなかった。


兄は病院に残り、
先に帰った僕はお風呂を沸かした。
父は夕飯の準備をしていた。


お風呂が沸き1番風呂に入った。


いつもなら兄が
母と何を話しているのか気にならなかったが


この時は湯船に浸かりながら



ただ純粋に兄と母の会話の内容が
とても気になった。


そんなことを考えていると
門の開く音が聞こえ
玄関のドアが閉まった振動が伝わった。


兄が帰って来た。


兄は手洗いうがいをしに
脱衣室にやって来た。


湯船に浸かっている僕。
扉越しに兄の姿がボヤけて見える。



「おかえり」



「ただいま」



「ねえ母ちゃんと何を話したの?」



僕は唐突に兄に問いかけた。



すると兄は扉越しに



「今日はおまえの様子が最初おかしかったと心配していたよ」



「あ~ちょっと朝、父ちゃんを怒らせちゃってね…」



僕がそう答えて
一旦会話が終わったと思ったら


「今湯船?」


と聞いてきたので


「うん」


と答えると



兄がいきなり
浴室の扉を開けてきた。


僕は普段眼鏡をかけているため
お風呂に入る時は当然メガネを外している。


兄の顔がボヤけて
全然見えなかった。



「母ちゃんね、入院してから『ゆうじが心配』『ゆうじが心配』ってずっと言っていたよ」



「え?」



あまりにも突然で
思いがけない事を
兄から言われ、


僕は兄の言葉を理解するのに
少し時間がかかった。


そして兄は



「今日も帰る時、ゆうじが心配。だからゆうじの事頼むね、って言っていた。」




とさらに僕に語り掛け
兄は扉を閉め、
脱衣室から出て行った。



あっけにとられていた僕は
ようやく兄から言われた言葉に目を向けた。



僕の知らない所で
「ゆうじが心配」と
母が心配をしていてくれたこと



もちろん母が僕の事を
心配してくれていたのは
言葉にしなくても
母から伝わって来ていたけれど


入院した時から
ずっと僕のことを
心配していたという事実を知り


兄から聞かされた母の想いを聞いて
僕は改めて母が
僕の事を考えてくれていた事に
感情が爆発して
声を出しながら泣いた。


そして考えてみれば
母が入院してから、より兄が
僕にコミュニケーションを取ってくれたり
気を紛らわせてくれたりした事がわかり
兄に対しても感謝の思いが芽生え涙が溢れた。



僕は父にも兄にも
そして何より母にも
たくさんの心配をかけたり
たくさん気を遣わせてしまっていたのだと
自分に腹が立った。


父と兄には
母の事だけを考えてあげる事に
時間を使わせてあげたかった。


そして母には自分の体の事、
残りの時間を考える事に
目を向けさせる事が
僕にはできなかった。


現に僕は父と兄の事を心配などしてこなかった。
入院してからずっと母の事だけを考えてきた。


結局僕は皆に
余計な心配をかけてばかりだった。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母との最期の会話

言葉は無かったけれど
僕の事を許してくれた父。



仲直りした僕らは
それから穏やかな時間を過ごせた。



母は寝たきりになっていたけれど
体調は悪い感じはなく
父と仲直りしてから
兄が来るまでの間
3人で何を話したかは覚えていないけれど
本当に穏やかな時間を過ごせていたのだけは
はっきりと覚えている。



そしてついに僕と母の
『最期の会話』の時を迎える…。



忘れもしない。



時刻は面会終了間際の
20時頃。



仕事を終えた兄が
病室に来た。



母が入院してから
この日まで



僕ら家族は毎日
面会時間終了の20時で
病院を後にしていた。




余命を告知されたあの日







母が「今日はそばにいてほしいな」と
僕に懇願したあの日も


僕らは必ず20時で
病院を後にしていた。


滅多には無かったけれど
この日のように
父も兄も仕事が終わって
20時ギリギリに病院に来たとしても
必ず20時には病院を後にしていた。



僕はてっきりこの日も
兄は15分だけお見舞いに来て
僕らと一緒に帰ると思っていた。



しかしこの日は違った。



兄は僕らに



「おれはまだいるから先に帰っていいよ」



と告げた。



きっと兄も覚悟していたのだろう。
母と過ごせる時間があとわずかであることを…。



僕と父は兄の言葉を聞いて
帰る準備を始めた。



そしていよいよ
帰る準備ができた。



父と母の会話が終わる。



僕の番が来た。




僕が「じゃあ帰るね」と言うと




母はまた泣きそうな声で




「明日も来てくれる?」
と聞いてきた。




僕は「当たり前だろ^^」




と笑顔で返した。




そしていよいよ



母の口から聞いた
最期の言葉。










母「ほなまた^^」






僕「ほなまた明日^^」






これが僕と母の
最期の会話となった。


この時の僕はこれが
母との最期の会話になるとは
知る由も無かった。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



ゆうじがもう来てくれない

僕が取った不謹慎で
軽率な行動によって
僕と父は喧嘩をした。


母の病室でお互い
怒りで沈黙をする。


全ては僕がいけないのに…。


でも変に意地を張ってしまい
母にもそっけない態度を取ってしまった。


僕は


「誰も洗濯してくれないから家に帰って洗濯干してくる!」


と病院に来てまもないにもかかわらず
帰ろうとしてしまった。



そんな僕の態度を見て
母は僕が母の事を嫌いになってしまったのかと
不安を感じ始め


父の方を向かい、
泣きそうな声で



「どうしよう…ゆうじがもう来てくれない…」



僕は慌てて



「大丈夫だよはつみ。洗濯物を干したらまたすぐに来るよ」



と母に声をかけた。



そしてその瞬間、
自分の軽率な行動を
心の底から後悔した。


母にこんなことを言わせてしまった事に
ショックを受け、目に涙を貯めながら



「とりあえず一旦家に帰るね」



と言い残し家に帰った。




しかし父に対して
謝ることができなかった。



父が家に帰ってくると
僕は無言でまた自転車で病院に向かった。



母の病室に着くと
母は僕の顔を見て



これまた泣きそうな声で



「あ~ゆうじが来てくれた…」



とホッとした様子だった。



僕は本当にバカだった。



あんな軽率な行動を取らなければ
父にも母にも
こんな嫌な思いをさせなくて済んだのに…。



母との貴重な残りの時間を
僕は台無しにしてしまった。



でもこんなバカな僕には
どんな時でも味方でいてくれる両親がいた。



僕は自分のしたことを悔いていても
くだらないプライドが邪魔をして
父に謝ることができなかった。



そんな思いを持って
母のそばにいると



突然病室の扉が開いた。



そこには先程家に帰って来たはずの
父の姿があった。



動揺する僕。



そんな僕をよそに
父は椅子に腰を掛けた。



僕と父が喧嘩をしていることを
知らない母は父に



「あれ?もう帰ってきたの?」



と嬉しそうに話しかけた。



父は



「洋平は仕事でまだ来れないけれど、今日は家族でゆっくり過ごそうと思ってな」



僕は父の言葉を聞いて
泣き始めてしまった。



あんな酷い事をしたのに
父が僕の事を見放さないでいてくれた事や


僕を含めた
『家族で過ごす』
という言葉がたまらなく嬉しかった。


そして何より
父と母に対しての


『ごめんなさい』


という懺悔の気持ちが溢れ
涙が止まらなかった。



母は突然泣き始めた僕を
心配してくれて


「どうした?」



「ううん…なんでもない…。おれが悪かっただけ…」



どんな時でも
大きな心で、
たくさんの愛情で
僕の事を包み込んでくれる両親。



僕はつくづく

この両親の元に生まれて
本当に幸せだと思った。


そしてこの数時間後
僕は母と最後の会話をすることとなる。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



母が亡くなる前日~僕が取った不謹慎で軽率な行動~

僕には母に告知をした夜と
同じぐらい後悔している日がある。


それは母が亡くなる前日に取った
僕の不謹慎で軽率な行動によって


父を激怒させ、
母を不安にさせ、
そして悲しませてしまうこととなる。


これまで仲が良かった家族だったのに
家族全員で過ごせた『最後の日』
となったにも関わらず


僕のせいで父と軽い喧嘩をしたことで
微妙な距離感が生まれてしまった。


あんなことをしなければ良かったと
ずっと後悔している。




2009年2月1日日曜日
朝8時過ぎ。


今でも忘れない。


起きて父に「おはよう」と挨拶をして
父はこの日も僕が起きると
焼き魚を焼き始めてくれた。


そして出来立ての朝ご飯を用意してくれて
僕が食べ始めるのを見ると、
父は近所のコンビニにタバコを買いに行った。


父が出掛けてすぐ、
家の電話が鳴り響く。


(こんな朝早く誰だよ)


と若干の苛立ちを覚えながら
電話に出ると…。



電話の主は母だった。



母はすごく悲しそうな声で



「どうして来てくれないの…?」


と聞いてきた。


僕は


「ごめん すぐに行くから待ってて!」



と電話を切った。



寝たきりの母がどうやって
電話を掛けたのかは未だにわからない。


車椅子に乗る体力すら
残されていない状態だったのに
どうやって掛けたのか
多少の疑問を持ちながら
急いで着替えた。



そして僕はここで
不謹慎で軽はずみな行動を取る。


食べ始めたばかりの食事。


少し待っていれば
父は帰ってくる。


父が帰りを待ってからでも
良かったのに、


なんでこんなことを思ってしまったのか
この時の僕は


(信幸を驚かせてやろう)


と食べかけの食事と
食器を机の上にそのままにして、
置手紙もせず、
そのまま病院に向かった。


傍から見ればまるで母の容体が急変して
慌てて病院に向かったような状況


僕は考えなくてもわかるぐらい
やってはいけない冗談をしたまま
病院に向かってしまった。


自転車で急いで病院に向かい
母が待つ病室に行くと


母は僕の顔を見るなり


「あ~来てくれた」


と安堵した様子だった。



昨日まで僕の事を励ましてくれていたのに
母は凄く僕の事が恋しそうだった。


僕は一旦、母に顔を出して
母をホッとさせられたので
父を1階のロビーに迎えに行った。


案の定、父から着信が数件入っており
1階のロビーに着いて電話をかけると


父はちょうど病院の駐車場に
車を止め終わった所だった。



電話の先の父の声は怖かった。


先程の母との電話の経緯を話して
母の無事を伝え終わった頃には
入り口の方から父が歩いてくるのが見えた。


この日は日曜日。
病院はガラガラだった。


僕はネタバラシというか
父をからかった事に満足して
笑みを浮かべながら
父の元へ向かうと



父は怒りを噛み殺すように
凄く険しい顔で近づいてきた。


父のあんな怖い顔をしているのを見たのは
21年一緒に居たが初めてだった。



父は凄く温厚で
子供の時から
怒鳴られたり、
手を挙げられたことは一度もなく


僕が言うのも変だけど
父は人間ができていたので
とても優しい人だった。


そんな父を怒らせてしまった。


父は


「母ちゃんは本当に大丈夫なのか?」



「何度も電話したんだぞ」 



「赤信号も無視して来たんだ」



怒りを噛み殺しながら
父は僕に怒っていた。



僕は優しい父を怒らせてしまった事に
動揺して、また自分の非を認めようとせず



(な、なんだよ…そこまで怒る事ないじゃん…)



と自分を正当化しようとした。




そしてこの不謹慎で軽率な行動は
この後母を不安にさせて
そして母を悲しませてしまうこととなる…。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



プロフィール

ゆうじ

お問い合わせ
お問い合わせはこちらへまで
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク