20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ:

兄との電話を終えると僕は父の待つ処置室へと戻った。処置室に戻ってからもしばらくはベットが空かず先程と同様に待機を余儀なくされた。しかしちょうど入り口付近に待機していたため先生や看護師さん達が頻繁に出入りしていた。会話をしたいが人通りもまあまああるし他の方 …
続きを読む

看護師さんに優しい言葉をかけられこれまで堪えていた感情を爆発させ号泣してしばらくすると、車椅子に乗った父は先程の看護師さんに連れられて僕の元へとやってきた。現時点での検査はこれで終了し病室が用意できるまで、僕と父は処置室に案内された。僕の記憶ではこの処置 …
続きを読む

母に父の無事をお願いしたのに母が父を守ってくれなかった。僕はやり場のない怒りを母にぶつけ待合スペースで周りの人に気づかれないようにしながらも悔し泣きをした。だが時間が経つにつれ平静を取り戻しつつあった。そんな中、一人の看護師の方が僕に声をかけに来てくれた …
続きを読む

父と別れることになるかもしれない。母の時のようにこのままあっという間に別れの時間が来てしまうのではないか。僕はそんな悲しみに押しつぶされそうになりながらも一旦は平静を取り戻した。しかしふとした瞬間、僕はカバンに忍ばせておいた母の事を思い出しカバンのチャッ …
続きを読む

タクシーに乗り込み時間にして10分ぐらいで病院に着いた。父から財布を渡され支払いを済ませて先に僕はタクシーから降りた。父はゆっくり、ゆっくり座ったままお尻を滑らせ開いているドア側まで来た。僕は父に右腕を差し出した。父は僕の右腕を強く握りタクシーから降りた …
続きを読む

今日2月2日は母の命日だ。2009年2月2日に亡くなったので今日で丸10年だ。母は53歳で亡くなった。生きていれば63歳。来月の3月が誕生日だから生きていれば64歳。なんだか10年という節目なためか母の早死に対し考えるのはなかなかない。64歳なんてまだま …
続きを読む
避け続けていた場所

母と死別してから僕にはずっと避け続けていた場所があった。その場所とは母が入院し、母が亡くなった病院。僕は母と死別してからその後の手続きなどで病院に行ったものの最初の数年間はずっとこの場所を避けていた。家から自転車で10分の場所にある病院。僕は出来る限りこ …
続きを読む
【番外編】このCMを見ると必ず

つい先日大好きなドラマ下町ロケットの放送が終了した。今回のはシーズン2のようなものでシーズン1の時は父と一緒に見ていた。出来れば今回のシーズン2も父と一緒に見て感想を言い合いたかったな。熱いシーンを見る度にそう思った。だいたい日曜日は21時まで仕事の為、 …
続きを読む
【番外編】僕の心を救ってくれた その②

このブログを以前から読んで下さっている方達ならすでに御存知かとは思うがもう一度伝えようと思う。以前この記事でも書いたとおり僕はこのカエルのピクルスに出会った事で僕の心は救われた。母を亡くして傷ついた心をこのぬいぐるみが僕の心を救ってくれた。母が傍に居てく …
続きを読む
【番外編】僕の心を救ってくれたキャラクター その①

先日都内某所で行われたとある撮影会に足を運んだ。僕は先月でもう31歳。独身で子供もいない。当日まで激しい羞恥心があり行くかどうか迷っていた。一体何の撮影会だったのかというと…。カエルのピクルスの撮影会。2回行われた撮影会は各回先着30組限定でこの大きなピ …
続きを読む