20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

カテゴリ:

覚悟はしていたとは朝から父に付き添い病院へと行き、癌の疑いがあると言われ、母の時のジェットコースターのような怒涛の悪夢を突き付けられる事は無かったものの、一旦家に帰り、張り詰めていた緊張から解放されたからか母の遺影の前で号泣してしまった僕だが、母に今感じ …
続きを読む

一旦自宅へと戻った僕は忙しなく病院で父と話しながら取ったメモ書きを見ながら頼まれた物をカバンに詰め込んだ。そして準備ができるとすぐ近くに住む叔父の家に行った。運よく叔父と叔母は家に居て父が入院した事を告げた。二人とも神妙な面持ちで僕の話を聞いてくれ二人は …
続きを読む

父とまた一緒に暮らせる可能性が高い!それだけで僕の心は喜びで満たされた。母の時に叶えられなかった事を取り返せた気がして…。僕は父の病室に戻った後、主治医の先生が挨拶に来てくれた。先生からは父の肺に水が溜まっているのでまずは肺の水を抜いていく治療をしていく …
続きを読む

父を病室に残し僕は上司に電話で父の件を報告した。電話をするために病院の外へと出ていた僕。目の前には患者さんを病院に送り終えた救急車とその中から救急隊の方達が片付けやら何やらで出入りをしている。僕は電話をしながら最初はそんな風に周りの光景に目をやるぐらい淡 …
続きを読む

父の病室は母が最期の時を迎えた病室の向かい側。僕は父の病室に入り父の前で少しうつむいた。すると父は僕の考えている事がわかったのだろうか、いきなりこう僕に告げた。「向かい側の部屋は母ちゃんが入院していた部屋だな」(やはりそうだったのか)それと同時に7年経って …
続きを読む

父の入院先は母が最期を迎えた病棟だった。看護師さんに案内され車椅子に乗った父の後ろをついていく僕。エレベーターホールから病室へと向かう。この目の前に移る光景が僕には本当に辛くて耐えられなかった…。‘この場から逃げ出したい‘本気でそう思うぐらいこの空間から …
続きを読む

父の前でつい泣いてしまった。しかし次第に僕の気持ちは一旦落ち着いた。そしていよいよ病室の準備が完了して4Aの病棟に向かうことになった。処置室のベットからまた車椅子に乗って看護師さんに連れられながらエレベーターへと向かった。今でもはっきりと覚えているのは2階 …
続きを読む

父の口から予想だにしなかった言葉を聞き僕は動揺を隠せなかった。なぜ父は自分の病気が癌であるとわかったのか。その答えはすぐに父の口から出てきた。僕は思わず父にこう聞いた。「え…?なんで癌だってわかったの?」僕はもう隠すつもりはなく僕はもう父が癌である事を知 …
続きを読む

兄との電話を終えると僕は父の待つ処置室へと戻った。処置室に戻ってからもしばらくはベットが空かず先程と同様に待機を余儀なくされた。しかしちょうど入り口付近に待機していたため先生や看護師さん達が頻繁に出入りしていた。会話をしたいが人通りもまあまああるし他の方 …
続きを読む

看護師さんに優しい言葉をかけられこれまで堪えていた感情を爆発させ号泣してしばらくすると、車椅子に乗った父は先程の看護師さんに連れられて僕の元へとやってきた。現時点での検査はこれで終了し病室が用意できるまで、僕と父は処置室に案内された。僕の記憶ではこの処置 …
続きを読む