20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

僕にはどうしても
許せない人がいた。


母が亡くなり49日が過ぎた
この日僕はその人と1対1で
会わなければいけなかった。


その人物とは葬儀屋の人間だ。
白髪交じりの50代後半の男性。


母が亡くなったあの日、
家に冷たくなった母が帰って来て
数時間後、そこには


父と兄と僕と叔父と
そしてその葬儀屋の男性がいた。


忘れもしない。


母の葬儀について
話し合いが行われる直前


叔父が何気なく
葬儀屋の男性に
仕事について


「最近どうですか?」


と聞いたところ


葬儀屋の男性は


舌をペロっと出し


「おかげさまで最近(亡くなる人が多くて)忙しいんですよ」


と笑顔で叔父に応えていた。


その言動に僕は
唖然とした。


そしてすぐに憤りを感じた。


兄もこの時の
この言動を見ていた。



たしかにこの人にとっては
僕らは客であり、
何の繋がりもないので
悲しくも何ともないのはわかっているけれど


亡くなった当日に
悲しんでいる遺族の前で
なんでこんな態度を取れるんだ


よく心の傷に塩を塗るような

こんな態度が取れるな


学生ながらに
50代のしかもこれを仕事にしている
人間が取る言動ではない!


と憎しみの感情が
湧いてきてしまった。


そして49日が過ぎたこの日
この人がまた我が家にやって来る。



僕の記憶では
この49日の時点で仏壇が
まだ我が家には無くて


この葬儀屋が仏壇に代わる
簡易的なテーブルの上に
49日までに必要なものを置いていた。


そして49日が終わった為
何点か回収に我が家に来ることになっていた。


兄から今日この日に
この葬儀屋の男性が来たら
塩を撒いておいてと頼まれていた。


普段優しい兄がこんな事を言うなんて
兄もこの人を憎んでいるのだとわかった。


そして約束の時間に
この人が来た。


僕は素っ気なく、
いや内に激しい憎しみを持っていた為


僕はずっと酷い応対をしていた。


近況を聞かれ
冷たく応え


母に線香を上げてくれた時も
その背中を見ながら
ずっと睨んでいた。


そしてこの人が帰った後
兄に言われた通り、塩を撒いた。


しかし徐々に自分の取った行動に
罪悪感が生まれ、母の遺影の前で
また泣いた。



でも僕は未だに
あの人の事は許せないでいる…。


憎むことでしか
前に進めない
自分が情けない。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ゆきこ
    • 2018年06月13日 15:29
    • こんにちは。初めまして。

      自分には子供がいないのであなたの様なお母さん思いの
      息子がいたら良いなぁと思いいつも読んでいます。
      多分あなたのお母さん位の年齢です。

      その葬儀屋は無神経でしたね。
      何気に本音が出たのだと思いますが人間性が分かりますね。
      同じ事を言うのでも笑顔でなければそこまで腹は立たなかったかと思います。

      でも私がお母さんだったらそんな人の事で怒っているのも疲れるからアホな人だと思って忘れて貰いたいなって思います。

      又読ませて頂きますね。
    • 2. yuuji16
    • 2018年06月15日 12:09
    • ゆきこさんはじめまして^^
      僕の母と同じくらいの年齢の方からコメントを頂けて凄く嬉しいです。

      ゆきこさんのおっしゃる通り、当時の葬儀屋の人は無神経でした。笑顔な上に舌をペロっと出す仕草、忘れられません…。もしあの時、笑顔ではなく当たり障りのない表情で同じことを言われたらきっとこうしていつまでも憎んでいたいないと思います。「相手の立場になって考える。」
      今回当時の事を振り返って忘れられない事としてこうして書きましたが、僕もひょっとするとこの30年生きてきた中で、この葬儀屋の人のように無神経な言動で誰かを傷つけてしまったことがあるのではないかと思いました。この人を反面教師にしてこれからはより一層、相手の立場になって考えられる人になりたいなと感じました。

      最後に「でも私がお母さんだったらそんな人の事で怒っているのも疲れるからアホな人だと思って忘れて貰いたいなって思います。」とのコメント凄く心に響きました。なんだか救われた気がします。母が言ってくれそうな言葉でもあるので読んでいて涙がでました。
      真に受けないではないですが、こんなつまらないことをいつまでも引きづっていないで前に進め、と言われているような気がして元気が出ました^^
      素敵なコメントありがとうございました。またぜひコメント下さい^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット