20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父の言葉につい取り乱してしまい
洗濯物を持って勢いのまま
2階へと駆け上がった僕。


洗濯物を干す部屋で
怒りに震える僕。


しかし次の瞬間
声を出して泣き始めた。


父に取った先程の自分の言動を
後悔して涙が止まらなかった。


(なんであんな態度を取ってしまったんだ…)


(はつみが悲しむことをしてしまった…)


いつもならどんなに自分が悪いと自覚していても
自分を正当化してしまうのだが
この時の僕は違った。


時間にして5分程度だっただろうか
僕は洗濯物を干さずにいた。


僕は父にすぐに謝ろうと思った。
泣くのを止め、自分の気持ちを落ち着かせて
父がいる1階へと向かった。


リビングのドアの手前で
大きく深呼吸をして
ドアを開けるとすぐに父と目が合った。


父は穏やか顔をしていた。
僕はその顔を見て
また涙が溢れた。


そしてヒクヒクと泣きながら



「信ちゃん…さっきはごめん…」



「おれが悪かった…信ちゃんに言われた通り、これからは襟の部分丁寧にやる」



自分でも驚くほど素直に謝れた。
だからこうして今でもはっきりと
覚えられているのかもしれない。



そして最後に僕は父に向かって
決意表明をした。



「おれ…はつみの分まで頑張るからさ…」



すると父は突然椅子から立ち上がって
ゆっくりと僕の所に来て



「ありがとな」



と一言だけ言って
下を向いて泣いている僕の頭を
ポンと叩いた。



21年間生きてきた中で
初めて父にこんな風に
頭をポンとされたのは
物心がついてからは
初めてだった。


こんな酷い言動を父に取ったのに
大きな愛情で包んで許してくれる父に
申し訳ない気持ちと


母が居なくなっても
自分にはこんなに優しい父が
そばに居てくれることに
嬉しくて暫く涙が止まらなかった。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット