20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母の告別式
納骨など
一通りのことが終わった。


父と兄も忌引きが終わり
また仕事の生活が始まった。


僕はというと
母が亡くなったのは2月。
大学は4月まで無い。


昨年の12月から始まった
母の異変、癌発見、
余命宣告、闘病生活
永眠


怒涛の2ヶ月間が
終わったものの


毎日全身全霊で
母に寄り添っていたからこそ
その反動は大きかった。


この約2か月間は
「母中心の生活」
だった。


しかしその生活スタイルから
強制的に解放された僕は


母を失った悲しみと
母がいないこの環境を
受け入れられず、向き合えず
激しい喪失感に襲われた。



この前までは
母が入院している病院に行くのが日課で
その合間を縫って
家事やアルバイトや大学生活を
送っていた。



しかし病院に行く必要が無い
病院に行っても母はいない。


かといって母は
家にもいない。



自由に使える時間がありすぎた分
僕を反対に苦しめた。



仏壇の前に座り
母の遺影を見てずっと泣いている



僕の生活に
母がいない。




この当時、ある人が僕を気遣って



「今はバタバタしていると思うけれど、早く日常の生活に戻れると良いね」



と励ましてくれた。




もちろんその言葉は嬉しかったし
その人が本当に僕の事を心配してくれているのも
十分に伝わったけれど




僕は心の中で




(日常になんて戻れない)



と思っていた。



だって僕のそれまでの
「日常」に戻るには
母がいてこそ
成り立つものだったから。



母が居なくなったこれからは
決して「日常に戻る」ではない。



「母のいない新たな生活」
をスタートさせるに過ぎない。

それこそが
これからの日常になるわけだから。



そう考える一方
僕は母の遺影を見ながら





「もう二度と母の声が聞けない」




「もう二度と母と暮らせない」



「もう二度と母と会話ができない」



それまで当たり前だった事が
もう二度とできない事に




強い悲しみ、
激しい恐怖に襲われ
ひたすら泣いた。



事あるごとに
母の仏壇の前に座り
何度も何度も
泣いた。



こうして僕の
「新生活」は
少しずつ動き始めた。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ゆい
    • 2018年05月16日 13:25
    • ゆうじさんこんにちは。今回の記事もとても共感できました。
      毎日全身全霊で
      母に寄り添っていたからこそ
      その反動は大きかった。
      日常になんて戻れない
      ここの部分物凄く分かります。私も私が他の誰よりも母の側に居たので、だからこそ悲しみがより大きく深いです。
      本当に今まで通りになんて戻れないんですよね。ここから新しくスタートさせないと行けないんですよね。励ましの言葉はときに残酷に感じますよね。正直、私は今は親戚からの定期的な元気?や大丈夫?やいつも以上に来る外出のお誘いの連絡が少し重たいです。
      自分を気遣ってくれているのは重々承知していますし、ありがたいことだし、無下にしてはいけないとも思いますが。
      元気な訳がない。大丈夫な訳もない。というのが本音なので。ただそんなとこは口が裂けても言えませんしね。
      私の場合は母が亡くなった事に対して、あまり言葉をかけられたくないので、わがままですが、いつも通りに接してくれて、ただ何も言わずに悲しみに寄り添って貰えるのが一番嬉しいんですよね。
      ありがたいことに私の辺りにはそれをしてもらえる場所が今あるので、そこで温かい気持ちを貰うことが出来ています。
      母が亡くなった現実はとても辛く悲しく、この悲しみが一生消えることはありませんが、今回のことがまた私を一回りも二回りも成長させてくれるんだろうな思うと本当に貴重な経験を両親にはさせてもらったなと最近思えるようになって来ました。
      支離滅裂な文章ですみません。
      これからもブログ更新心待ちにしていますね。
    • 2. yuuji16
    • 2018年05月18日 00:40
    • 今回のゆいさんの意見にも凄く共感します。それと同時に僕の気持ちをそっくりそのまま代弁してくれているようで驚いています。
      特に「母が亡くなった事に対して、あまり言葉をかけられたくないので、わがままですが、いつも通りに接してくれて、ただ何も言わずに悲しみに寄り添って貰えるのが一番嬉しいんですよね。」⇐凄く共感します!
      そうなんですよね。もちろん僕の事を気遣ってくれていて、気にかけている事が伝わるので嬉しいのですが、そっとしておいてほしいというか、本当に今まで通り普通に接してくれるのが一番嬉しいですよね。触れないでほしいというわけではありませんが、普段心に蓋をして考えないように考えないようにして生活しています。ちょっとでもその蓋を外せば両親が恋しくなって涙が勝手に溢れてきます。
      「大丈夫?」と聞かれれば「大丈夫」と反射的に応えてしまうし「元気?」と言われれば「元気」と応えますからね…。

      ゆいさんは本当に強い方ですね。そんなゆいさんを見てご両親は近くで見守りながら絶対に喜んでいますよ^^僕も両親からたくさんの愛情をもらって大事に育ててもらった以上、両親に恥じぬ残りの人生を歩んでいくと常に意識しています^^
      お互い亡くなって、天国にいる両親に会った時に「よく頑張ったね^^」と褒めてもらえるように残りの人生、大事に大切に過ごしていきましょうね^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット