20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

亡くなった母から
告別式の朝にもらった言葉


僕はその言葉を旨に
告別式の斎場に足を運んだ。


案の定、僕は告別式でも
号泣した。


感情の制御が出来ず
今自分が置かれている
状況、環境が受け入れられず
ただただパニック状態で
号泣した。


そしていよいよ
お別れの儀の時が訪れた。


後から兄にからかわれたが
僕は泣きながらそして
何かに取りつかれた様に


母の顔を見ながら
何度も生花を入れ




「はつみ…はつみ…」



と言っていたとのこと。





僕が覚えているのは
最後にもう一度だけ
冷たくなった母に触った事。


最後にこの感触を
心に残したくて…。


そして火葬場へと向かった。



火葬場に着いて
いよいよ棺を火葬炉へ入れる事になった時


母のこの顔を見れるのは
これで最後




そう思ったらまた抑えていた
感情が爆発した。



(嫌だよ はつみの顔を焼き付けるんだ!)



あらゆる感情に襲われた。



そして気持ちを落ち着かせ
僕は朝の


『母からのメッセージ』


を思い出し



絶対にはつみは
僕の笑った顔が見たいはずだと
泣きながら今出来る精一杯の笑みを浮かべ


棺の中の母の顔を見ながら
僕はこう母に言った。



「さよならは  言わないよ」



「行ってらっしゃい」



これは僕のせめてもの抵抗だった。
僕は母が亡くなってから一度も
『さようなら』とは言っていない。


親不孝かもしれないけれど
離れ離れになってけれど


さよならなんてしたくないし
ずっとそばにいてほしい


そう思っているからこそ
僕はこの火葬の時も
あえて言わなかった。



そしてこの数時間後
母は骨となって
僕らの前に戻ってきた…。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット