20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母の通夜の時が来た。


この時の僕は
当時21歳ということもあってか
親戚や参列者など
知らない人達の前で


泣くわけにはいかない


泣いている姿を見せたくない


【人前で泣く=恥ずかしい事】


などと
考えてしまっていた。


僕はそんなことを考えながら
喪服に着替え、
母が待つ斎場に向かった。


斎場に着くと
入り口に母の名前が書かれた
看板が立っていた。


昔からこの斎場の前を通っていて
こうして故人の名前が書かれていた看板を
何気なく何度も見ていた。



まさかこうして
母の名前が書かれた看板が立つ、
こんな日が来るなんて…。
想像もしたこともなかった。



母の名前が書かれた
この看板を見て
僕の心はとてつもなく震えた。


そして改めて
母が本当に亡くなったんだと
再認識させられた。


そして家族揃って斎場に入った後
兄の会社から受付をしてくれる人達が来てくれて
その人達にお礼の挨拶をしたり


親戚や参列者が
僕ら遺族に次々と
声をかけてくれた。


「まさかこんなに早く亡くなるなんてね…」



「この前お会いした時はお元気そうだったのに…」



「こんな素敵な息子さん達が居ただなんて」



「大きくなったわね」



たくさんの人に
色んな言葉をかけてもらったが
泣かないと決めていた僕は
気丈に振舞い、泣かずにいた。



そして通夜が営まれる直前。
各々が席に着いて
僧侶の到着を待っていた。


すると向かい側に座っていた
親戚席の年配の女性2人が
母の遺影を見ながら
小声で



「良い写真ね」



「そうよね、凄く良い顔しているわよね」



そんなやり取りが聞こえて
僕は目頭が熱くなった。



そして心の中で
こう思った。



(当然さ だってこの写真(遺影)ははつみたっての希望だもん)



母があの時、
自分に何かあった時は遺影にしてと
僕に頼んだ写真だもん。


そう思ったら
当時のやりとりが
走馬灯のように思い出され



(はつみやったね!はつみの写真が褒めてもらえたよ…)



その瞬間、無理して我慢していたせいか
一瞬だけ心の蓋が取れ、涙がこぼれた。


慌ててハンカチで涙を拭き
もう一度、自分の感情に蓋をした。


だがその蓋は通夜が始めると
簡単に外れてしまった。


それもそうだ。
泣き虫の僕がそう簡単に
我慢できるわけがない。



僧侶の読経が始まり
母の写真を見ていたら


突然色んな感情に襲われた



無理矢理、自分の感情に蓋をしていたことで
その反動はいつも以上に大きかった。



母が亡くなったこの現実が
信じられない、
信じたくない



母の通夜なんてしたくない



こんなの辛すぎする…



母が居なくなった、
母が死んでしまった
この現実がこの時一気に
僕に襲いかかってきた。
そんな感覚だった。



受け止めきれない



その思いもあってか
感情が一気に爆発した。



僧侶の読経が続き
いよいよ遺族から始まる焼香。


喪主である父がまず焼香の為
席を立ち、遺族、参列者にお辞儀をした頃には
もうワンワン泣いてしまった。



そしていよいよ僕と兄の番になり
僕は顔をくしゃくしゃして大泣きしながら


親族、そして参列者にお辞儀をして
母の前に立ち、遺影を見ると
そこでも涙がさらに溢れた。


おそらく人生で
一番大泣きしたと思う。


焼香が終わり、自分の席に戻り
次々と親戚が焼香の為、
僕らに一礼をするので
その返しを繰り返ししていく事で
徐々に気持ちが落ち着いていった。



そして遺族の焼香が終わり
参列者の番になると
アルバイト先の店長が
来てくれていたのがわかった。


そして焼香が店長の番になると
店長はしっかりと僕の目を見てくれ
一礼をして焼香を行った。


(はつみ、この人が店長だよ)


僕は母の顔を一瞬見て
そう心の中で話しかけた。




そして僕が最も驚いたのが
中学の時の親友のヒロシがお母さんと
一緒に参列してくれていたこと。



ヒロシのお母さんには
母が入院した時に近所のスーパーで
会った時に報告していたが
ヒロシとは高校も違い、
中学を卒業してから
音信不通状態だったので
本当に驚いた。



ヒロシのお母さんに後で聞いた話だと
たまたまこの日この斎場の前を通ったら
母の名前が書かれた看板が目に入り
母が亡くなった事を知り、
参列したとのこと。


母の為に多くの人が来てくれて
本当にありがたかった。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. じゅうぞう
    • 2018年05月03日 00:43
    • ゆうじさん、こんばんは。先日はご返事有り難うございました。お返事読み返す度にお世辞ではなく、暖かい気持ちになれました。父がそんな風に今思ってくれているなら本当に嬉しく思います。生前の父と私は決して仲の良い親子ではありませんでした。出来の悪い私と優等生の弟といった親子の構図がぴったり当てはまった家族でしたので、折り合いの悪かった私は学校卒業とともに家を飛び出しました。散々迷惑かけた自分を父が疎む気持ちは分かりますので、父を恨んだりはしていません。今思えば、私はただただ父に何でもいいから褒められたかったのだと思います。今回の記事よく分かります。斎場に掲げられた父の名前、現実を突き付けられた気持ち、僧侶の読経、いろいろなことを思いだしますね・・・。病気になって不自由な生活をしていた父、長男にしか出来ないと言ってきた願い。意地を張って無視した馬鹿な私が今こうして後悔してるのは当然のことなんだと思います。はつみさんとゆうじさんの関係が、私にはとても羨ましく思えました。長文スミマセン。
    • 2. yuuji16
    • 2018年05月04日 15:32
    • じゅうぞうさんへ
      コメントありがとうございます^^
      お父様との関係やそうなった経緯を詳しく教えて下さりありがとうございます。

      僕は母が亡くなった時も、そして父が亡くなった時も思ったことがあります。
      それは生きている間にどれだけ凄い事をしたり、お金持ちだったり、社会に貢献できたとしも人望が伴っていなければ、きっとその人が亡くなった後には、悪い思い出や悪口で思い出してもらうことはあっても、「会いたい」「話したい」などの恋しい気持ちは持ってもらえないと思います。そういった人は生きている間は幸せをたくさん実感できたとしても、亡くなった後は悲しい気持ちで天国で過ごしているかもしれません。

      でも反対に僕の両親のように(両親には失礼ですが)平凡で普通の人生を過ごしたとしても、亡くなった後も毎日のように考えてもらえて、「会いたい」「話したい」「また一緒に暮らしたい」などと亡くなった自分の事を思い出して、泣いてくれる人がいる。きっと天国にいる両親は幸せだと思います。

      支離滅裂ですが、要するに亡くなった後もそんな風に思ってくれる人がいる人は本当に幸せだと思います。それが一人でも多くの人に思ってもらえる人ならなおさら。だから僕もそんな人になりたいと思っています。「居なくなって嬉しい」ではなく「また会いたい」「そばで見守っていて」と思ってもらえる人になりたいです。

      だからじゅうぞうさんのお父様は絶対に今幸せです。これからも僕のように大切なお父様の事を考えてたくさん泣いてほしいと思いました。
      本当に支離滅裂でよくわからない返信となりましたが、どうがこれからも僕のブログをよろしくお願いします^^
    • 3. ゆい
    • 2018年05月06日 02:23
    • ゆうじさんこんばんは。
      お母様から何かあったときはこの写真を遺影にと告げられた時のゆうじさんの心情を考えたら、何とも表し難く苦しい気持ちになりました。ただ、それをかわいいかわいい息子にきちんと拓すことが出来たお母様はとてもお強い方ですね。そしてゆうじさんのことをとても信頼されていたのですね。文面からそのことが良く伝わって来ました。
      同じ20代で両親を亡くした者どうしですが、やはり21歳の若さでお母様を亡くされたことは私から見ても本当に早すぎると感じました。29歳になった今でも私はこんなにも悲しく辛いのに、ゆうじさんの当時の年齢で母親を亡くすなんて私にはとても考えられません。それなのに気丈に振る舞おうとしていたゆうじさんは本当にご立派だと思いました。中々出来ることではありませんよ。差し出がましいことを申し上げますが、お母様もきっとそんなゆうじさんの姿がとても誇らしかったと思います。
      母のために多くの人が来てくれて本当にありがたかったとありましたが、私も母の通夜のときに同じことを思いました。
      私の母の通夜のときには、用意されていた椅子に座りきれないほど沢山の方が来て下さいました。その中には母が亡くなる直前まで働いていた職場の方も来下さっていて、ほぼ全員の方が参列して下さっていました。仕事帰りに直行してかけつけて下さった方もいました。
      本当にありがたいと思いましたし、沢山の人に愛され、身近な人を大切にしていた、こんな母親の元に生まれて来ることが出来た私は幸せ者だと思いました。
      ゆうじさんのお母様もたくさんの方に愛されていた素敵な方だったんですね。
      いつもコメントが長くなってしまい申し訳ありません。母のことを改めて考える時間を下さっていつもありがとうございます。
      これからもブログの更新を心待ちにしています。
    • 4. yuuji16
    • 2018年05月06日 13:03
    • ゆいさんへ
      僕から見たらあの時の母は健康そうでした。そんな母から「何かあったときはこれを遺影にしてね」と託された僕は母のその言葉を冗談としか捉えられませんでした。
      しかしそれは母から託された想いだった。僕は母との約束どおりそれを実現できて本当に良かったと思えました。

      同じように20代で両親を亡くされたゆいさんにこのようなコメントを頂き恐縮です。
      ただどちらかというと気丈に振舞えたのは、周りからの見られ方を意識していたに過ぎないと今振り返るとそう思います。21歳ということもあり、必要以上に周りの視線を意識した自意識過剰というか。そしてそれ以上にどこか「同情されたくない」「そっとしてほしい」と思っていました。なぜなら少しでも優しい言葉をかけられたら簡単に泣いてしまう精神状態でしたから…。その点兄はまさにゆいさんのおっしゃるような立派に気丈に振舞っていました。弟の僕から見ても本当に凄いなと感心しました。そして尊敬できる振る舞い方でした。

      ゆいさんのお母様のお通夜には多くの方が参列してくれたのですね。ゆいさんのおっしゃるとおり、それだけ生前お母様は多くの方に愛され、大切にされていたのがわかります。人望のある素敵な方だったのだと。
      「沢山の人に愛され、身近な人を大切にしていた、こんな母親の元に生まれて来ることが出来た私は幸せ者だと思いました。」←素敵なコメントで、心に響き感動しました。お母様もこんな風に思ってくれる娘さんを持って「私も幸せ者だよ」と思ってくれていますよ!本当に素敵です^^

      コメントが長い事は一切気になさらないでください^^
      凄く毎回うれしいですから^^
      またぜひコメントください^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット