20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母が1か月半ぶりに我が家に帰って来た。
しかし冷たくなった状態で。


冷たくなった状態の母が寝ているのは
1階のリビングの隣の和室。


リビングで父と兄が居て
僕はその間ずっと冷たくなった母のそばに居た。


ただただ母のそばに居たかった。
母のそばから離れたくなかった。


いつもなら母が寝ていたら
こんなに部屋を明るくしていない。


もっといえばこの部屋での
母の寝顔を見た事が無い。


渦を巻いた線香から
独特の匂いがする。





今回の腹痛と入院は
母の事を大事にしてこなかった僕に対しての
神様からの警告で


母は大きな病気でなく
また元気な状態で
この家に帰って来て
この部屋で前と同じように
一日の疲れを取るために寝てほしかった。


もはや今この目の前の光景は
僕が望んだ
光景ではない。



【もう本当に全てが終わってしまった】


その喪失感と母に対しての恋しい気持ちが
交差して母の顔を見ているだけで
涙が止まらなかった。


襖の向こうには父と兄が居る。
鼻を摘まみながら隣の部屋に
鳴き声が漏れないようにと
必死に我慢した。



父から
「明後日には母ちゃんは火葬してしまう」
と聞かされていた僕は



何度も何度も
泣きながら母の顔を触った。



あの何とも表現しがたい
また経験した事のない
「冷たさ」「感触」は手だけではなく
心の奥底にまで


もっといえば
今でも忘れられないほど
脳を含めた全身に残っている。


それでも僕は何度も何度も
母に触った。


その「冷たさ」「感触」が
僕の心の奥底まで震わせた


とてつもない恐怖に襲われ
母の顔に数滴、
涙をこぼしてしまった。


僕は母の顔に垂らしてしまった
涙を拭きながら



「何だよ…涙を落としても生き返らないじゃないか…」



もちろんこんなのは空想の世界の話だと
わかっていたけれど


藁にも縋る思いというか
そんなことまで考えてしまうほど
この現実を受け止めきれなかった。


この現実が
「夢」であってほしいと
真剣に思ってしまった。



そして僕は
母のおでこにキスをした。


「はつみ何でだよ…いつもなら"気持ち悪い"って嫌がるじゃん…」



「起きてよ…はつみ…」



「こんな形で帰ってくるの嫌だよ俺…」



「せっかくはつみの大事さがわかったのに…」



すると唐突に襖があいた。


振り返ると
相手は父だった。


僕が母の部屋にこもる前
父は缶ビールを数本飲んでいた。


いつもなら酔っているのに
この時は酔っていなかった。


というか今にして思えば
酔えなかったのだと思う。


僕は泣いているのを隠そうと
無言になったものの
泣いた後がバレバレだったのだと思う。



父は



「母ちゃんが家で過ごせるのは今日が最後だ。必ず今ここにいるから好きなだけ母ちゃんの前で泣いてあげな」


というと襖を閉めた。


僕は父のその言葉を聞いて
顔をくしゃくしゃにして
泣きながら



「うん…」


と答えた。


そしてまた
母の前で泣いた。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. さおりん
    • 2018年04月25日 07:10
    • ゆうじさん体調はよくなられましたか?

      わかります。亡くなった方に触れた時の今まで感じたことのない冷たい感触。手だけでなく、心まで震えるような衝撃をわたしも受けました。今でもその感触は鮮明に覚えているし、きっとこれから先もずっと覚えていることと思います。

      うちの場合は、お義母さんが亡くなられて帰宅して家で最後に過ごす夜、旦那の弟くんが【今日は母さんと一緒に寝る】と言って、亡くなられたお義母さんの隣で一夜を過ごしていたことを思い出します。なんとなくその弟くんの姿が、ゆうじさんに重なるような気がしている今日この頃です。
    • 2. yuuji16
    • 2018年04月26日 00:05
    • さおりんさんへ
      コメントありがとうございます^^
      声だけが相変わらず変ですが、それ以外は大分よくなりました^^

      あの感触は本当に心の奥底までが震えて、一生忘れられないですよね。あれは経験した人だけがわかる衝撃だと思います。

      旦那さんの弟さんの行動凄く共感しました。想像しただけで当時の自分の気持ちと重なりこみ上げてくるものがありました。僕は弟さんのように一緒には寝ませんでしたが、
      弟さんの気持ち凄くよくわかります。
      本当にさおりんさんは良いお義母、旦那さん、義弟さんをお持ちですね^^
    • 3. じゅうぞう
    • 2018年04月26日 00:59
    • ゆうじさん、いつもブログ拝見させて頂いております。
      私は9ヶ月ほど前に父を亡くし、たくさんのブログをうろうろ読み歩きしていたところ、偶然こちらにたどり着きました。気分を害されたら申し訳ないのですが、私はゆうじさんのブログを読んで本当に羨ましいと思いました。こんなに素直に自分の感情を出せてたなら、今の自分は・・・と、ただただそう思います。私は長男で喪主を務めましたが、家を飛び出して親不孝ばかりしてきたので、毎日父の遺影を見る度に自分が情けなくて涙がでます。亡くなる日ですら、危篤になった時ですら、父が死ぬなんて思ってなかった馬鹿息子ですから。喪主の役目すら、常識知らずで父に恥ずかしい思いをさせてると思ってました。スミマセン、支離滅裂な文章になりました。ゆうじさんのブログは色々なことを思い出して時に悲しくなりますが、それ以上に人の暖かさを教えてくれます。これからも時々お邪魔させていただきます。ブログ頑張ってください。
    • 4. yuuji16
    • 2018年04月28日 00:31
    • ゆうじさんの、ブログ読んで、自分の時と重なり、ぐっときました。

      去年10月に父がなくなりました。
      うちに帰ってきて、横になっていた
      こと。いままで、触ったことの
      ないくらいすごく冷たかったこと。
      お父さんのおでこにわたしも
      キスをしたこと。。
      これは夢なんじゃないか、って、
      しばらく思っていたこと。
      ブログ読んで思い出しちゃったよ。
      普段は、悲しみに
      蓋をして、毎日を過ごして
      いるから。

      ブログを読ませてもらって、
      ゆうじさんの痛み、哀しみが
      伝わってきて、共感できた
      ことが、わたしの気持ちの救い
      にもなっています。
      お母さまは、こんなに、
      息子さんに愛されて、
      お幸せだと思いました





    • 5. yuuji16
    • 2018年04月29日 12:42
    • じゅうぞうさんへ
      返信が遅くなりまして申し訳ございません。頂いたコメント大切に読ませていただきました。
      お父様が生前の頃からお父様に対してたくさんの後悔の気持ちがおありだったのですね…。頂いたコメントからそういった気持ちがとても伝わってきます。
      でもその一方でコメントを読み終わってまず感じた事は、たとえじゅうぞうさんが家を飛び出して、危篤になった時も死ぬとは思わなかった事、喪主の役目を果たせなったと思っていたとしても、今こうしてお父様に対してじゅうぞうさんご自身が感じている事、後悔している事、そういった気持ちは間違いなくお父様に届いていますよ!

      僕には正直じゅうぞうさんとお父様の仲がどうだったのかはわかりません。仮にお父様がじゅうぞうさんに家を出ていかれた事などに傷ついてしまっていたかもしれませんが、自分が亡くなってからも息子であるじゅうぞうさんが毎日自分の事を想ってくれていて、当時の行動を後悔していることは絶対にお父様に届いていると僕は思います!
      そして許してくれていて、もっといえば喜んでいると思います!

      僕の方こそ支離滅裂で申し訳ありません…。僕の一方的な考えを述べてしまい。気分を害させれてしまったのなら謝ります。
      またお時間ある時はぜひ僕のブログに来ていただけたら嬉しいです^^
    • 6. yuuji16
    • 2018年04月29日 12:48
    • コメントありがとうございます。
      あなたも去年の10月にお父様を亡くされたのですね…。
      頂いたコメントを拝見して凄く共感しました。
      特に「普段は、悲しみに蓋をして、毎日を過ごしているから。」
      という気持ちに共感しました。凄くその気持ちがよくわかります。
      近いうちにブログに書きますが、僕も母が亡くなった当時、ある事がきっかけで自分の気持ちに蓋をすることを決意しました。そこからずーっと蓋をしてきたように思います。なので凄くその気持ちがわかります!

      僕の経験があなたの気持ちの救いになれていることに凄く誇りを感じます。
      書き続けてきて良かったと改めて感じることができました。
      これからもぜひご覧いただけたら嬉しいです^^

      次回はぜひお名前を教えてくださいね^^




コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット