20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

家族では僕だけが
母の最期を看取った


母には2回死亡時刻がある。
僕が看取った午前8時42分。


この時先生は父が来るまで
死亡時刻を待ちますと僕に告げた。


なので
2009年2月2日午前9時11分が
母の正式な死亡時刻となった。


父が来るまで約30分の間、
母が息を引き取ったにもかかわらず
僕は泣かなかった


というようより
泣けなかった



この母が亡くなったという現実が
理解できず、また受け止めきれず
実感が沸かなかったから。


それに先生と看護師の方もいたので
平静を装って
時折笑みも浮かべていた気がする。


覚えているのは
看護師の方が
目に涙を貯めながら


「朝の時点では普通に会話ができていたのですが…」


と僕に教えてくれた事。



そして看護師さんは
母の死を悲しんで悲痛な顔で
冷たくなった母の顔を
ずっと見てくれていたのが
僕は凄く嬉しかった。


そしてそうこうしていると
物凄い勢いで
病室の扉が開いた


父が来た。



父は今までに見た事のないような
表情で病室に入ってくるなり
母の顔を見つめた。



すると先生が父に
本当は8時42分に亡くなったが
父が来た時間を死亡時刻にするため
待っていたことを告げた。




そしてついに『その時』を
先生は僕と父に告げた。



「午前9時11分ご臨終です…」



その瞬間父は膝から崩れ落ち



母の両手を力強く握りしめ


「よく頑張った! よく頑張った!」


と泣きながら
母に呼び掛けた。



僕はそんな父の姿を見て
この目の前で起きている
残酷な光景が
「現実」であると実感が沸き



リミッターが外れ
一気に感情が爆発した



声を出して
ワンワン泣いた。



父がこんな風に泣いたところを見るのは
産まれて初めてだった。


父が母の事を本当に大切に大事に想って
愛していたのが改めてわかって
そこにも感動した。



あらゆる感情に襲われ
それが僕の心を震わせた。



2009年2月22日
午前9時11分


母 はつみ 永眠


享年53歳


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (12)

    • 1. ラブハウス
    • 2018年04月14日 15:37
    • 5 お父様の愛しているご様子、目に浮かぶようです!
      ここまで仲良しの愛ある夫婦から生まれたゆうじさん(涙)
      丁寧に書いていただき、改めてありがとうございましたm(__)m

      お母様の愛が、今でも天からたくさん降り注いでいるのだと思います。
    • 2. さおりん
    • 2018年04月14日 22:25
    • ついにその時がきてしまったのですね。
      読んでいると、その情景が目に浮かぶようで、ドキドキというか、ゾワゾワするような気持ちになりました…

      本日、うちはお義母さんの四十九日の法要を済ませました。
      遺影の写真は1年前の病気発覚前の元気な姿のお義母さんです。
      通夜や葬儀、法要を済ませても
      なんだかまだお義母さんがいないことが
      信じられず、以前ゆうじさんが言ってみえた【違う時間軸を生きているかんじ】というのが、しっくりくるような気がしています。
      大切な人がいなくなった虚無感や喪失感をひしひしと感じている今日この頃です。
    • 3. yuuji16
    • 2018年04月14日 23:53
    • はじめまして。ずっと読んでいました。
      区切りのようなので私の想いを伝えたいとおもいました。

      私は今、51歳、娘が26歳。そして48歳の時に乳がんになり手術を受けました。

      お母様がなくなったとき、ゆうじさんはまだ21歳。お若くて大変辛かったですね。お母様もあなたの成長が見られるずに無念だったことでしょう。

      私も乳がんになったとき、すぐに死ぬことはないだろうけど、娘一人を置いていくことになったら・・と考えて夜も眠れませんでした。私はシングルマザーで娘は一人っ子。頼る人はいません。少しでも長く生きなければと考えました。

      今は娘が結婚し仕事も順調で一人でも生きていけるかなと思っています。そうするともういつでも逝ってもいいかなって感じることはあります。人間いつ事故に巻き込まれるわからない、明日死んでしまうかもしれないですよね。

      親になると特にそうですが、自分の死よりも愛する人を残して逝く方が辛いです。そして自分がいなくなっても立派に生きていくことを望みます。
      お母様が「負けを認めた日」。死にたくない、生きていたいと騒ぐとゆうじさんが余計悲しむ、心配かけたくないという気持ちと「負け」ではなく「死を受け入れる」ことによって残り少ない時間をどれだけ愛する人のために使うかを考えたのでしょう。

      ゆうじさんは何も後悔することはありません。お母様は十分あなたの気持ちをわかっています。
      上手く言えませんがあなたも親になったらわかるでしょう。
      あなたのお母様はあなたが一人前になってくれるだろうとは思っているでしょうけど、ほんの少し思うことがあったのですね。(ちょっと頼りないかな)

      亡くなったのは今から8年ちょっと前ですね。このブログを書くということは立派に成長されていること思います。

      お母様に胸を張って言えるように頑張ってくださいね。

    • 4. yuuji16
    • 2018年04月15日 01:00
    • さおりんさんへ
      またコメント頂けて嬉しいです^^
      お義母様の四十九日の法要がお済みになったのですね。これまで流されるままにバタバタしていて今日まで来られたのではないでしょうか。なのでまだ本当の意味で実感が沸いていないのではないのかなと思います。

      「大切な人がいなくなった虚無感や喪失感をひしひしと感じている今日この頃です。」
      ⇒これは凄く共感できます。
      あくまで僕の経験上の考えですが、僕は未だにまだどこかで受け入れられていなかったり、向き合えていない自分がいますので、母や父と過ごした重なる時間軸とは別の時間軸を生きる事で平静を保てているような気がします。心に蓋をしてその現実とは向き合わず生きている感じです。

      さおりんさんもこれから少しずつお義母様がいない新たな生活が始まる事で別の時間軸を生きつつ、僕のようにフとした時にお義母様との時間軸に戻った時に激しい虚無感と喪失感に襲われるのではないかなと心配になります。
      でもそこで無理をして別の時間軸に戻ろうとはせず、お義母様との時間軸に戻った時は好きなだけ泣いてほしいなと思います。僕もそうやって前に進んできましたから…。
      支離滅裂で申し訳ありません><
    • 5. yuuji16
    • 2018年04月15日 01:36
    • コメントありがとうございます^^
      亡くなった母の当時の年齢と近くとても親近感を覚えました^^

      だからこそコメントを拝見して母親としての想いや覚悟を聞け、なんだか亡くなった母の気持ちを代弁してくれているようでとても心に響きました。読んでいて思わず泣いてしまいました。

      「親になると特にそうですが、自分の死よりも愛する人を残して逝く方が辛いです。そして自分がいなくなっても立派に生きていくことを望みます。」
      ⇒あなたの言葉には決して強がって言っているのではなく、心の底からそう思っているのだなと強く感じます。それと同時にやっぱり親って、母親って凄いな、偉大だなと再認識することができました。

      もっともっと亡くなった両親に誇れる残りの人生を歩んでいかなければいけないなと改めて決意することができました。本当にありがとうございます。

      あなたもいくら娘さんが結婚し仕事が順調で一人で生きているかななどと思わないで、もっともっと娘さんと素敵な時間や思い出をこれからも作っていてください><
      娘さんもお母様であるあなたには長生きしてほしいと思っているはずです。
      そしてあと20年、30年と生きて娘さんだけではなくお孫さんとも素敵な思い出をたくさん作ってほしいです。僕にはあまりおばあちゃんとの思い出がありません。
      母とも若くして死別した為、道半ばというか大人になってから親にしてあげたい事が出て来てももうすることができません。

      僕と同じような思いを娘さんやお孫さんにはしてほしくありません。
      その為にもあなたには元気でいて欲しいです。
      偉そうに言って申し訳ありません><
      どうか乳がんに負けずこれからも長生きしてください^^



    • 6. 花
    • 2018年04月15日 23:46
    • 初めてコメントします。

      私の主人も、若くして両親を亡くしてます。主人は 7歳下の妹と二人兄妹ですが、主人が19歳(妹が小6)の時に 父を亡くし、28歳(妹が大学4年)の時に 母を亡くし、29歳の時に 祖父を亡くしてます。

      主人の妹が ゆうじさんと 同世代です(62年生まれ)
      母を亡くした時期も ゆうじさんのお母様と近く、2009年の4月で 享年54でした。私と主人は 母とは別で暮らしてたので、最期を看取る事が出来なかったのですが、主人の妹は 母と暮らしていて 長い闘病生活も ずっと そばで見てきたので、妹も こんな気持ちだったのではないかと思いながら ゆうじさんのブログを 読ませて頂きました。

      最初から全て読ませて頂いて、素敵な家族だなと思いました。ご両親が素晴らしい方だから、
      ゆうじさんが素敵な息子さんに育ったんですね。これからも ブログ拝見させていただきますね。
    • 7. yuuji16
    • 2018年04月16日 00:26
    • ラブハウスさんへ
      以前ブログでも書きましたが父と母は本当に深い所で繋がっていて、両親の子供で本当に僕は幸せです^^
      普段はイチャイチャしたり、2人だけで遊びに行ったりする夫婦ではありませんでしたが
      買い物には必ず2人で行っていました。そんな夫婦でして^^

      これからも拙い文章ではありますが書き続けますので、よろしくお願いします^^
    • 8. yuuji16
    • 2018年04月16日 00:48
    • 花さんへ
      コメントありがとうございます^^
      花さんのご主人とはとても境遇が似ていて驚きました。
      19歳でお父様(21歳で母)、28歳でお母様(29歳で父)、29歳で祖父(29歳で祖母)、
      お母様が亡くなった年が2009年4月,享年54歳だったとは偶然とはいえとても境遇が似ていて読んでいてとても驚きました。
      また妹さんが僕と同じ62年生まれとは何かご縁を感じます。

      花さんのおっしゃるとおり、きっとご主人の妹さんも僕と同じように、たくさん目を背けたいことや辛い光景を目の当たりにしながら、たくさん傷ついてたくさん泣いてお母様の闘病生活を一番近くで支えてこられたのだと強く思います。でもそれと同時に近くには居なくても、お兄様である花さんのご主人や花さんの存在がとても心の支えになったと思います。現に僕のブログを読みながら妹さんの立場になって考えられる花さんは素敵な方だなと感じました。

      これからもぜひ読んでいただければ嬉しいです^^素敵なコメントをありがとうございました^^

    • 9. ゆい
    • 2018年04月17日 16:31
    • 前回のコメントにもかかせていただきましたが、親の泣き叫ぶ姿をみることほどショッキングなことはありませんよね。
      私は父が亡くなったことに対してはもちろんですが、今でも鮮明に思い出すのは父が亡くなった時の母のあの悔しそうに、言葉では表せないほど絶望した姿です。私含め、周りにいた看護師さんたちも暫くは誰も声をかけられずにいました。
      ただ、そのときの私はなぜか冷静で、まずは離れて暮らす弟と近くに住んでいた父の妹夫婦に連絡しなければと思い父が亡くなったというのに涙を流すことはありませんでした。
      今思えば泣いている母を前にして、私がしっかりしなければという思いで気が張っていたからだと思います。葬儀の確定までの一通りの段取りが終わり、遺品整理で父が使っていた手帳に記入されていたあることを目にするまでは。
      そのあることとは、私との未来の約束です。
      父は病気になってから母に対しては、期待しないでくれ。や未来に関する話に対しては言葉を返すことは決してしませんでした。父なりに母に無駄に夢を見させてしまうことは申し訳ないと思っていたからだと思います。→
    • 10. ゆい
    • 2018年04月17日 16:32

    • それなのに私との未来の約束は果たそうとしてくれていました。母はその時期はもう難しいと思うからと私に言いましたが、父は当然のように、そんなのお願いすればいいじゃないかと母に言ったそうです。
      その私との約束が手帳にしっかりと記されていました。それを目にした瞬間に一気に涙が溢れて来ました。
      正直、私と父はあまり親子仲がいいとは言えませんでした。父が病気になってから少しずつ歩み寄るようになりました。
      父が私のことをどう思っているかなど気にしたことが無かったのですが、このとき初めて私は父にとても愛されていたんだと。父にとってはどんな私もかわいいかわいい娘だったんだと気が付きました。
      父が、母が亡くなってから両親の自分への愛情の深さに気がつく機会がたくさんあります。
      親になるとはこうゆうことなんだと、両親は命を懸けて私に教えてくれたんだと思います。
      自分もいつか親になる日が来たらこんな風になれればと最近つくづく思います。
      このブログを見ているとなんだか心の整理が出来ているような気がします。
      いつもたくさんの気づきをありがとうございます。
      長々と失礼しました。
    • 11. yuuji16
    • 2018年04月20日 14:27
    • ゆいさんへ
      コメントありがとうございます。とても丁寧に、そして大事に読ませていただきました。読んでいて後半は涙が溢れて来ました。
      本来なら生きているうちに気づければ良かったのかもしれませんが、ゆいさんはとても大事な事に気づけて本当に良かったですね。また改めて素敵なご両親ですね。
      お父様が亡くなった時、言葉を掛けられないほど絶望したお母様。考えてみると僕も亡くなってから通夜、告別式とワンワン泣いていて誰かに声をかけてもらった記憶がほとんどありません。きっと傍から見たら僕もゆいさんのお母様と同じような状況だったのかなと今回思いました。また一方でゆいさんは僕の兄と同じで、ゆいさんのおっしゃるとおり、自分がしっかりしなければいけないと気が張っていたのでしょうね。ただただ目の前の残酷な現実に打ちひしがれ絶望だけしていた僕からすると、本当に凄い事だと感じます。
    • 12. yuuji16
    • 2018年04月20日 14:28
    • そして今回ゆいさんのコメントで涙が溢れたお父様の手帳に記されていた、ゆいさんとの未来の約束。率直に言って、とても羨ましいなと思いました。
      母が亡くなった時も、そして父が亡くなった時も、二人の直筆の物は捨てられません。ただのメモ書きですら。その中に二人の字で「ゆうじ」と書いてある物がいくつかあってそれは僕のいわば宝物です。
      去年父が亡くなって少し落ち着いてから断捨離というか大掛かりに色んな物を処分しました。その時今回のゆいさんのお父様がゆいさんの為に書いたような僕宛の両親からの手紙などがあれば良いなと期待しながら処分しましたが、残念ながらそういったものは見つかりませんでした…。なのでゆいさんがとても羨ましいです。

      しかもこんなに素敵なお父様からのメッセージが書かれているとは…。先程も述べましたがただ「ゆうじ」という文字が書かれているだけで涙が溢れてくるのに、こんなに温かくて愛情が詰まった手帳が残されていて本当に良かったすね。

      僕も生前2人からたくさんの愛情をもらっていると自覚はできていましたが、両親が亡くなってからより一層「両親からたくさんの愛情をもらっていたのだな」と両親の愛情の深さに何度も気づかされています。
      僕もゆいさん同様、もし親になる日が来たら両親のような親になりたいと思っています。
      素敵なコメント本当にありがとうございました^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット