20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父からの電話で
慌てて病院に向かった僕。



無我夢中で
自転車を飛ばし
脅威的なスピードで
病院に着いた。


4階につくと
猛ダッシュで
母の病室の扉を開けた。







すると…。



































母はまだ生きていた。



















しかし…












見た事のないような
まるで体のどこかから
空気が抜けているような
変な呼吸の仕方をしていた







そして白目の部分が
黄色かった








あの時の母の姿は
死ぬまで忘れない





それぐらいショックな光景だった




脳裏に焼き付くとは
まさにこういうことを言うのだろう…。






見た事のない
呼吸の仕方と
目の色





いくらこれまで
この辛い現実から
目を反らし続けてきた
僕でも




『もう為す術がない』




と諦めるというか




絶望的な光景が
そこにはあった…。













『はつみはもう死んでしまう』



無駄な抵抗であり
母から返事は来ないとわかっていたけれど
体が勝手に動いた。



母は母から見て
右側にある窓(=外)を
一点にじーっと見つめていた



僕はその前に立ち
母に僕を見てもらえるようにと



母を見つめながら



声を震わせ


そして一歩ずつ
近寄りながら




「はつみ…ゆうじだよ…来たよ…」




「ねえ…はつみ…ゆうじだよ…?」



だが目は真っ赤になったものの
いつもなら大泣きするところが
涙はこぼれてこない。



なぜなら放心状態でもあったし、
なにより到底受け止めることができない
絶望的な光景が目の前にあったから。




そして僕は母の横で
立膝をつきながら






「おれが来るまで待っててくれたの…?」





「約束を守ってくれたんだね…」






「無事カエル(帰る)んじゃないのかよ…」




しかし母からは
返事もリアクションも
帰って来ない…





母の病室に着いて
約3分。




もっと言えば
父からの電話で飛び起きたのが
8時30分頃


ここまでトータル約11分








そしてついに









『その時』







が来てしまった





















2009年2月2日午前8時42分






母は僕の前で







息を引き取った…。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 森のくまさん
    • 2018年04月11日 20:44
    • カエルの人形のことで以前コメントしたものです。自分の時も母は呼吸というより、息を吐くだけでまるでもう魂が抜けているようでした。
      ただ自分の時は声をかけた時、少し反応してくれた気がしました。人間は最後に脳の酸素がなくなるらしくて息をしなくなっても意識はあるらしいです。なのできっとはつみさんにもゆうじさんの声が届いていると思います。説得力のかけらもありませんがそんな気がしてコメントしました。拙い文で失礼しました。
    • 2. ムーンチャイルド
    • 2018年04月13日 15:03
    • お久しぶりです。
      いつもブログ拝見しています。
      そして自分の気持ちと重ねて読んでいます。

      私も母が亡くなる日のこと、その時の母の様子が今だに昨日のことのように思い出されます。
      そして一日たりとも忘れたことがありません。
      この先もきっと忘れる事はないと思います。

      元気な頃の母を思い出したいのに、どうしても最期の姿の方が鮮明で。
      それが悲しくなります。

      前に進もうと頑張ってはまた引き返し…
      その繰り返しで3年が経ちました。

      母が見たら情けないって怒られそうです。
    • 3. ラブハウス
    • 2018年04月14日 15:27
    • 5 最期まで声は聞こえていると、私は看護師さんから言われました。
      お母様、混濁した意識の中でゆうじさんをわかっていたと思います!

      顔に黄疸が目立つようになった日、うちの母も逝きました。
      やはり、窓の外を一点ジーっと見つめて。
      最期は苦しくないと言われましたよ。

      間に合って良かったですね、ゆうじさん。
      お母さんゆうじさんを待っていたんですよ。
      怖くても、悲しくても看取れる幸せ。
      うちは私と夫がいる前でした

      ゆうじさん、体験記を本当に心からありがとう!!
      お母様素晴らしいお人柄でしたね。
    • 4. yuuji16
    • 2018年04月15日 00:25
    • 森のくまさんへ
      お久しぶりです^^またコメント頂けて嬉しいです^^

      亡くなる直前の呼吸の仕方についてとても的確な表現で思わず「たしかに!」と唸りました!まさにそうですよね、「魂が抜けて行っている」そんな感じでした。

      僕も母が亡くなってから、亡くなった直後は意識は残っているという話を耳にして、もっとあれも言えば良かった、これも言えばよかったと後悔しました。

      「説得力のかけらもありませんがそんな気がしてコメントしました。」
      ⇒そんなことありません、凄く心に染みました。素敵なコメントをありがとうございます。思わずウルっと来ました。
    • 5. yuuji16
    • 2018年04月15日 00:37
    • ムーンチャイルドさんへ
      コメントありがとうございます^^

      凄くムーンチャイルドさんのおっしゃっている事に共感しました。とても気持ちがわかります。僕ももう母が亡くなって来年で10年になりますが、母の最期のあの光景はいつも鮮明に思い出されます。

      僕も母の元気な頃の事よりもこのブログに書いてある、母からのSOS、母の遺影の写真を撮った日、母が緊急入院したあの日から亡くなる日までの母の姿が真っ先に頭に浮かびます。凄くムーンチャイルドさんのおっしゃっている事がわかります><

      お母様は「情けない」と怒るかもしれませんが、それ以上に自分の事をいつも想ってくれているムーンチャイルドさんに対して「ありがとう^^」と絶対思っていますよ!
      僕から見てもお母様の事を大好き、大切に想っているのだなとわかるぐらいですから、当のお母様からすれば離れ離れになってしまってはいますが、絶対に喜んでくれていますよ^^偉そうに言って申し訳ありません><
    • 6. yuuji16
    • 2018年04月15日 00:47
    • ラブハウスさんへ
      お久しぶりです^^またコメント頂けて嬉しいです^^

      今回も素敵なコメントをありがとうございます。とても励まされました^^
      最期は苦しくないというのはせめてもの救いですよね、強く思います。

      ラブハウスさんのおっしゃるとおり母の最期に間に合って、看取ることができて本当に良かったと心の底からそう思います。もしあの日、母の最期に間に合わなかったら母は1人で旅立つ所でした…。でも最期の力を振り絞って僕の事を待ってくれていた事に今でも感謝しています。

      いつもいつも僕だけではなく、父や母の事も褒めてくださり本当にありがとうございます。僕の体験記が誰かの心に何らかのプラスの気持ちを与える事が出来たら、幸せです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット