20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

《その時》は
突然やって来た。



何の前触れもなく
突然やってきた



忘れもしない。



2009年2月2日月曜日



朝8時28分頃。



この3分ぐらい前に
僕は目が覚めた。


ベットの上で
ウトウトしながら
左側に寝がえりを打ち


寝たまま手を伸ばし
その真正面に置いてあった
テレビを付けた。


TBSの朝のニュース
「みのもんたの朝ズバ」の
エンディング。


まもなく次の
「はなまるマーケット」が
始まろうとしていた矢先



ウトウトしていた
僕の頭は一本の電話で
一気に目が覚めた。



携帯電話が鳴り響く。
普段はマナーモードだが
寝ている間に



《その時》が
来るかもしれないと
覚悟をしていたので
鳴るようにしていた。



携帯に表示されているのは
父の名前。



僕はすぐに出た。



電話の先の父がいつもと少し様子が違う。
動揺しているのがわかった。





「今病院から電話があって母ちゃんが危ないと連絡が来た」




僕は胸が締め付けられるように
ドキッとして
一気に起き上がった




普段冷静な父が早口で



「今すぐに病院に向かってほしい」




僕はベットから飛び起きて




「わかった  信幸は今どこにいるの?」




「父ちゃんは兄ちゃんを今送り終わった所。急いで向かうからおまえも今すぐ母ちゃんの所に行ってくれ」



「わかった」



父は何故この月曜日に
仕事を休んでいたのかは覚えていない。



ただきっと母がもう
昨日今日のうちに亡くなる可能性が高いと
1人だけ先生に聞かされていたのだろう。



父は母が元気な頃から
休みの日は



アクセスが悪い兄の職場に
兄を車で送って行くのがほとんどだった。




話が逸れてしまったが
僕は父からの突然の電話で
飛び起き、




雨戸も開けず
寝ぐせも直さず
急いで病院に向かった。



母が緊急入院、緊急手術したあの日と同様
火事場の馬鹿力というか
ものすごい速さで病院に着いた。


普段なら自転車で10分ぐらいかかる所を
おそらく5分ぐらいで着いたと思う。



僕は病院に向かう途中



全力で自転車を漕ぎながら



「嫌だよ…はつみ…嫌だよ」



「間に合ってくれ…」



と何かに取りつかれたように
独り言を言いながら



そして泣きながら
病院に向かった。



あの時の病院に向かっている光景は
今でも忘れられない…。





病院に着き
急いで4階の母の元へと急ぐ僕。




(お願い!生きててくれ…)







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. コウ
    • 2018年04月07日 20:02
    • 突然の電話は驚きますよね。
      ましてや危篤の電話は・・・。
      頼むから間に合ってくれ、持ち堪えてくれ・・・。
      病院に、お母様のもとに駆け付ける間はずっとそんな不安な気持ちが頭の中でぐるぐる渦巻いていたのではないのかなって思います。

      僕の場合は・・・正直に言うと、実はその頃の記憶が曖昧で、電話を受けた後からの記憶が・・・遺体と対面した時のことも通夜告別式の記憶も・・・なんかその部分だけがぽっかりと無くなっているというか、断片的にしか思い出せない状態です。
      思い出せないこと自体、人として最低かもしれません。
      思い出したくてもちゃんと全てを思い出せない状態の人間が気持ちが分かると言うのは変かも知れませんが、ゆうじさんがブログに書かれている気持ちはよく分かります。
      本当に・・・よく分かります。
      このブログと出会えたおかげで少しずつですが思い出していけているので嬉しいです。
      こんなこと誰にも話せないことなので、凄く助かってます。
    • 2. ゆい
    • 2018年04月08日 22:18
    • 以前、今年の1月に母を亡くして、ゆうじさんと同じく29歳で両親を亡くしたとコメントさせていただいたものです。
      お気持ちすごくわかります。私は父の場合はゆうじさんと同じでした。私も今でも忘れません。父が緊急入院した日、夜中にそれじゃあまた明日ねと言う会話をして母を残して私だけ一旦自宅に帰宅したのですが、それからほんの数時間後、明け方4時ごろだったかと思います。母の携帯から電話がかかってきて、明らかにおかしいと感じたのですぐに出ると、電話の相手は母ではなく付き添ってくれていた看護師さんでした。看護師さんからのお父さまの容態が、、、すぐに来ていただいたほうがいいです。と。そして電話越しに聞こえた母の父を呼び叫ぶ声と、今にも止まってしまいそうな心電図の音。今でもこのときの電話とそのあとの病院での父の亡骸を前に泣き崩れる母を目の当たりにしたときの光景は当時の私にはとてもとてもショッキングなもので一生忘れられません。

      ブログやコメント見させていただくと、同じ思いをしているのは自分だけではないんだ。というだけで本当に救われます。
      いつもありがとうございます。
    • 3. yuuji16
    • 2018年04月09日 23:22
    • コウさんへ
      9年立った今でもあの日のあの電話は忘れられません。
      「いつか《その時》が来るとはわかっていたましたが、いくら覚悟はできていたとはいえ
      あの時、携帯電話に父の名前が表示された時は心の奥底にまでドキッと突き刺さった感じがします。
      コウさんのおっしゃるとおり、母の元に駆けつけている時はただただ「母の最期を見届けたい」「俺が行くまで生きてていてほしい」とその一心でした。

      『その頃の記憶が曖昧で、電話を受けた後からの記憶が・・・遺体と対面した時のことも通夜告別式の記憶も・・・なんかその部分だけがぽっかりと無くなっているというか、断片的にしか思い出せない状態』
      僕もコウさんの気持ちが凄くわかります。やはり人間、到底受け止きれない突然の残酷な現実に直面した時はパニック状態になり、断片的にしか覚えていないのではないのかなと思います。とっさに心にバリアを張るというか…。だから僕はコウさんが思い出せない事を最低だとは思いません。むしろそれだけ亡くった方の事を大切に想っていた証拠だと思いますし、心の綺麗な方だと強く感じます。

      僕もこうしてブログを書き続けてきて、コウさんや色んな方からコメントを頂けて凄く嬉しいです。
      当時は誰にも吐き出せず、果たして自分の取った言動は良かったのか、それとも間違いだったのか、わからない事ばかりでしたが、コウさんや色んな方から当時の自分の行動に対しての考えや意見を頂けてとても励まされたり、考えさせられたり、「あの時の言動は間違っていなかったんだ」と皆さんに救われています。
      改めて僕の経験が誰かの役に立てていると実感できて凄く励みになります。
      これからもよろしくお願いします。
    • 4. yuuji16
    • 2018年04月09日 23:51
    • ゆいさんへ
      前回コメントを頂いた時から29歳までに両親を亡くされていて自分と境遇が似ているため凄くゆいさんの事が印象に残っています。またお母様がゆいさんにくれた「あんたの幸せがお母さんの幸せ」という言葉がとても心に残っていました。

      今回ゆいさんから頂いたお父様の最期のお話、とても胸が絞めつけられました…。
      当事者ではありませんが、似た経験をした僕にはゆいさんのお父様の最期の一連の経緯が凄く鮮明に想像ができて、自分に置き換え想像しただけで心拍数が上がり心臓がバクバクとしました。
      電話越しに聞こえたお父様を呼び叫ぶお母様の声と今にも止まってしまいそうな心電図の音。考えただけで怖いです…。また電話の向こう側からこんなショックな現実が聞こえてきたら、怖くて中々動けない、でも一刻も早くお父様の元へ行きたい!と一瞬にしてあらゆる感情に襲われ、そして本能のまま体が勝手に動き出す。凄く共感しました。

      またお父様の亡骸を前にして泣き崩れるお母様…。すごくわかります…。僕の父もそうでした…。この一文を読んで当時の光景が一瞬にして蘇って涙が出てきました…。
      本当にぼくとゆいさんは似た経験を持っていると感じます。

      僕もゆいさんや色んな方からのコメント、経験を聞いて、言葉は正しいかはわかりませんが救われています。共感してもらえる事、共感できる事が凄く多くて自分だけではないのだと強く実感できます。こちらこそありがとうございます。
      またコメント頂けたら嬉しいです。
      そしてお互いゆっくりゆっくり前を進んで、自慢の両親を持った者同士、自分の残りの人生満喫していきましょうね^^ 大好きな両親の為にも^^

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット