20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

僕が取った不謹慎で
軽率な行動によって
僕と父は喧嘩をした。


母の病室でお互い
怒りで沈黙をする。


全ては僕がいけないのに…。


でも変に意地を張ってしまい
母にもそっけない態度を取ってしまった。


僕は


「誰も洗濯してくれないから家に帰って洗濯干してくる!」


と病院に来てまもないにもかかわらず
帰ろうとしてしまった。



そんな僕の態度を見て
母は僕が母の事を嫌いになってしまったのかと
不安を感じ始め


父の方を向かい、
泣きそうな声で



「どうしよう…ゆうじがもう来てくれない…」



僕は慌てて



「大丈夫だよはつみ。洗濯物を干したらまたすぐに来るよ」



と母に声をかけた。



そしてその瞬間、
自分の軽率な行動を
心の底から後悔した。


母にこんなことを言わせてしまった事に
ショックを受け、目に涙を貯めながら



「とりあえず一旦家に帰るね」



と言い残し家に帰った。




しかし父に対して
謝ることができなかった。



父が家に帰ってくると
僕は無言でまた自転車で病院に向かった。



母の病室に着くと
母は僕の顔を見て



これまた泣きそうな声で



「あ~ゆうじが来てくれた…」



とホッとした様子だった。



僕は本当にバカだった。



あんな軽率な行動を取らなければ
父にも母にも
こんな嫌な思いをさせなくて済んだのに…。



母との貴重な残りの時間を
僕は台無しにしてしまった。



でもこんなバカな僕には
どんな時でも味方でいてくれる両親がいた。



僕は自分のしたことを悔いていても
くだらないプライドが邪魔をして
父に謝ることができなかった。



そんな思いを持って
母のそばにいると



突然病室の扉が開いた。



そこには先程家に帰って来たはずの
父の姿があった。



動揺する僕。



そんな僕をよそに
父は椅子に腰を掛けた。



僕と父が喧嘩をしていることを
知らない母は父に



「あれ?もう帰ってきたの?」



と嬉しそうに話しかけた。



父は



「洋平は仕事でまだ来れないけれど、今日は家族でゆっくり過ごそうと思ってな」



僕は父の言葉を聞いて
泣き始めてしまった。



あんな酷い事をしたのに
父が僕の事を見放さないでいてくれた事や


僕を含めた
『家族で過ごす』
という言葉がたまらなく嬉しかった。


そして何より
父と母に対しての


『ごめんなさい』


という懺悔の気持ちが溢れ
涙が止まらなかった。



母は突然泣き始めた僕を
心配してくれて


「どうした?」



「ううん…なんでもない…。おれが悪かっただけ…」



どんな時でも
大きな心で、
たくさんの愛情で
僕の事を包み込んでくれる両親。



僕はつくづく

この両親の元に生まれて
本当に幸せだと思った。


そしてこの数時間後
僕は母と最後の会話をすることとなる。






闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. みち
    • 2018年03月24日 22:25
    • こんばんは。先日満中陰法要が終わり、気付いたらもう母が亡くなってこんなにも時間が経ってしまったのだと驚いています。
      いつも日記を読ませてもらい、本当に仲の良い家族愛に満ちたご家庭だと思っています。
      そして、こんなこと言っては失礼ですが、最後の最後までお母様と話が出来てうらやましいです。
      私は、最後に母と話せたのは亡くなる1週間前でした。
      今でも悔やみます。でもそれが私と母の運命だったので、受け入れるしかないですね。まだまだ時間はかかりますが…。
      自分語りをしてしまいすみません。

      家族で一緒に過ごした時間は、忘れられない大切にしていたいものですね。改めて感じました。
    • 2. yuuji16
    • 2018年03月25日 00:16
    • みちさんへ
      コメントありがとうございます。
      僕も母、そして父それぞれの看病中は1日1日が濃かったためか、こうしてブログに書くようにゆっくりと感じていましたが、亡くなってからの時の経つスピードの早さには本当に驚かされます。なのでみちさんの気持ちが凄く良くわかります。

      「最後の最後までお母様と話が出来てうらやましいです。」
      僕の場合は父と母共に亡くなった日は会話はすることはできませんでしたが、前日は会話ができる状態だったので、今回のみちさんのコメントを拝見して凄く考えさせられました。亡くなる1週間前が最後の会話。その1週間の心境は僕には計り知れません。
      もっと話したい事があった、ただ声が聞きたい、もっと伝えたい事があった、
      最後の最後まで会話ができた僕ですら、もっと○○しておけば良かったと思う事が山ほどあり、後悔する事ばかりです…。
      無理をして受け入れる必要はないと思います。少しずつ、本当に少しずつゆっくり、ゆっくりとお母様の事を考えながら、みちさんが前を向いて歩いていける日が来るのを陰ながら応援しています。
      自分語りをして謝る必要なんてありませんよ^^
      こうしてみちさんの想いが聞けて僕の心にも響くものがあります。

      みちさんのおっしゃるとおり、家族で過ごした時間や思い出が絶対に心の支えになりますから、これからもその素敵な時間や思い出を胸にお互い頑張って生きましょうね^^

    • 3. コウ
    • 2018年03月25日 21:24
    • こんばんは。はじめまして。
      いつもブログを拝読させていただいております。
      このブログを拝読させていただいて感じたのが、凄く仲が良くて素敵な家族だったんだなぁって思いました。
      そして、大変失礼なことを承知の上で書かせていただきますが、最期の最期までお母様と会話が出来て、ちゃんと最期を看取ることが出来て羨ましいです。
      実は僕も数年前に祖父と、ひとつ下の従兄弟を相次いで亡くしました・・・。
      あまりに突然の身近な人の死。
      2人の最期を看取ることも、最後の会話すら出来ず・・・。
      忙しくてなかなか会えなかったこと、いつでも会えると思っていたことも含めて、数年経った今でも悔やんでいます。
      ・・・すみません。なんかうまく文章がまとめられないですが、このブログを拝読させていただいていると、少しずつ自分の気持ちの整理をつけることが出来つつあります。
      このブログと出会えて良かったです。
      本当にありがとうございます。
    • 5. yuuji16
    • 2018年03月26日 22:20
    • コウさんはじめまして^^ 
      いつもブログをご覧下さりありがとうございます^^

      コウさんも数年前に大切な方達を相次いで亡くされた経験をお持ちなのですね…。
      最期を看取る事も、最期の会話もできなかったとは胸が痛みます…。なんと言ったら良いか…。僕は母とは最期の会話も最期を看取る事もできたのですが、父とは最期の会話はできたものの、いずれ父の事もこのブログで書きますが、とても近くに居ながら最期を看取る事が出ませんでした。とてもそれが後悔していて、事あるごとにそれを思い出し、最期を看取る頃ができなった申し訳ない気持ちと自分に対して悔しい気持ちが込み上げてきて泣いてしまいます。

      「忙しくてなかなか会えなかった」「いつでも会えると思っていた」これには凄く共感できます。きっと多くの方が共感すると思います。
      後になってから「時間はいくらでも作れた」「会いに行こうと思えば会いに行けた」とその当時の自分の行動を後悔してしまいますよね。僕もまさにそうでしたから…。
      悔やんでも悔やみきれない想いとも向き合って前に進むしかないとも僕は思います。
      だからこそ微力ながらこうして僕の経験を伝えることで、コウさんのように「少しずつ自分の気持ちの整理をつけることが出来つつあります。」といった前に進むキッカケにつながることができたら感無量です。

      どうかこれからもよろしくお願いします^^
      僕のブログの読者の方は9割が女性の方ですので、これから少しずつコウさんのような男性の方にも読んで頂けるように書き続けます^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット