20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

前日渡したはつみコレクションのMD。
昨日病院に行く前にこのMDNに


コブクロさんと綾香さんのコラボ曲
「あなたと」とという曲を1曲だけ追加しておいた。




この曲もまたJULEPSさんの「旅立つ日」同様に
母が癌が見つかった事で歌詞の捉え方が180度変わった。


この曲はまさに当時の僕の気持ちを
代弁してくれているような曲だった。


特に僕の気持ちだったのが
歌詞の中の


"君を傷つけたくない" この言葉に逃げていた
本当は誰より自分が一番 傷つくのが怖くて


まさにこれだった。
入院した時から今日まで
「はつみを傷つけたくない」という言葉に逃げていた。
本当は誰より自分が一番傷つくのが怖かっただけ…。


この言葉で都合よく
自分に言い聞かせていただけだった…。


僕は恐る恐る母に


「コブクロの曲聴いた?」と問いかけた。


母は
「聴いたよ^^なにか母ちゃんとゆうじのための曲だね^^」
とニコッと笑っていた。


僕は嬉しくて「うん^^」と目に涙を貯めながら答えた。


そして僕はこの曲の最後の歌詞にある
「明日も会いたい」と母に懇願した。


それはただ会いたいというわけではなく
"明日も生きていてほしい"という想いを込めて…。





歌詞はこちら
   ↓↓↓

さっきまで泣いてた君が 今隣で笑ってる
少し先に待ってたこの未来に たどり着けて良かった



"君を傷つけたくない" この言葉に逃げていた
本当は誰より自分が一番 傷つくのが怖くて



今夜 孤独と自由を羽にして あなたに会いにゆく
壊れそうな心の止まり木は あなたと架けた願い



出逢ったあの日の夢を見た 手もつなげないまま二人
笑い声が ただ時をつないだ 未来なんてまだ見えなかった



目が覚めて 君想えば 手のひらにこぼれ落ちた
あの日のぬくもり そっと握り返して 溢れた涙に目を閉じた



どんな 些細な痛みも分け合って あなたと歩けたら
途切れそうな心も抱きしめて あなたのそばにいたい



どんな 孤独も自由も羽にして あなたに会いにゆく
壊れそうな心の隣には あなたと描く未来



どんな 些細な痛みも分け合って あなたと歩けたら
途切れそうな心も抱きしめて あなたのそばにいたい



明日もそばにいたい













闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット