20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

前日、母がリラックスできるようと
AIさんのStoryが入ったMDを渡した僕。


翌日いつものように病院に行くと
母は嬉しそうに僕を迎えてくれた。


「ゆうじのおかげで昨日はよく眠れたよ^^」


僕はとてもうれしかった。
母が少しでも苦しみから解放され
楽しい!と思えてもらえたことに。


そして母は


「Storyを聞いて今の自分と重ね合わせたよ」


「今の自分にピッタリ!だと思った^^」




ここでAIさんのStoryの歌詞を載せます。





限られた時の中で
どれだけのことが出来るのだろう…
言葉にならないほどの想いを
どれだけあなたに伝えられるだろう…

ずっと閉じ込めてた
胸の痛みを消してくれた
今 私が笑えるのは
一緒に泣いてくれた君がいたから

一人じゃないから
君が私を守るから
強くなれる もう何も恐くないよ…
時がなだめてく
痛みと共に 流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

説明する言葉も
無理して笑うコトもしなくていいから
何かあるなら いつでも頼って欲しい
疲れたときは 肩をかすから

どんなに強がっても
ため息くらいする時もある
孤独じゃ重い扉も
共に立ち上がればまた動き始める


一人じゃないから
私が君を守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

時に人は傷付き、傷付けながら
染まる色はそれぞれ違うけど
自分だけのStory
作りながら生きてくの
だからずっと、ずっと
諦めないで…

一人じゃないから
私が君を守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みと共に流れてく
日の光が優しく照らしてくれる














「母ちゃんの場合は家族みんなが守ってくれるから、強くなれるよ^^」


と僕に嬉しそうに、
もっと言えばこんな状況にもかかわらず
幸せを感じているような顔で
言ってくれた。


僕はその言葉で目に涙が貯まり
母に対してつい




「はつみおれは無力だよ…毎日ピーピー泣いてはつみに心配かけてばっかりだし…」



言葉が震えながら、
母の意見を否定してしまった。



しかし母はさらに太陽な笑顔で


「そんなことないよ^^ゆうじ、信ちゃん、洋ちゃんがいるから母ちゃん頑張れるよ^^」



「母ちゃんがゆうじを守るから」



「ゆうじの笑う顔が見たいから^^ほら泣いていないで笑って^^」


と無邪気に声をかけてくれた。



看病している僕が泣いて沈んでいる。
死が近い母が明るく笑っている。


僕は母の言葉と表情に
泣きながらも嬉しくて照れくさく


「なんだよそれ」


とつい笑ってしまった。
そしてそれと同時に
「母は強し!」と心の底から思った。


当時も母の影響で
よく耳にしていたけれど
この日母にこうして言われてから
夜1人部屋で聞いて
僕は号泣した。


歌詞の一つ一つが心に突き刺さる。
どこか今の自分の気持ちを代弁してくれているようで
どこか母がこういうことを考えているのだろうと感じたり。

この日この曲も僕にとって
忘れられない曲となった。


闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. yuuji16
    • 2018年03月06日 14:54
    • 初めまして。私も両親を亡くしており、同じ境遇の方と気持ちを分かり合えたらと思いふらふらとしていたらこちらに辿り着きました。
      私は現在29歳で、3年前に父をそして今年の1月に母を亡くしました。
      看病している自分が泣いて沈んでいて、死が近い母が明るく笑っていたとの一文がとても心に響きました。私の場合もそうでした。わたしの母の場合は看取りの個室に移った時点ではもう話すことも出来なくなっていたので、会話は出来なかったのですが、泣いて沈んでいた私の手を何度も何度も強く握り返してくれて、言葉は無かったけれど、私を励まして守ってくれているんだと感じました。本当に最後の最後まで自分を守ってくれる強いお母さんでした。
      今はまだ泣いてばかりいて無気力な日々が続いてしまっていますが、生前母が言ってくれたあんたの幸せがお母さんの幸せと言う言葉を実現出来るように、少しずつでも元気になって幸せに向かって頑張って生きて行かなくてはと、このブログを見て改めて考えさせられました。本当にありがとうございます。
      ゆうじさんのこれからの人生も幸せでありますように。またブログ拝見させていただきますね。
      長々と失礼しました。
    • 2. yuuji16
    • 2018年03月06日 22:55
    • コメントありがとうございます。
      私と同じ29歳の時点でご両親を亡くされ、今年の1月にお母様を亡くされ、あなたの気持ちが凄くわかります。
      コメントを拝見して凄く共感できる点が多く、様々な想いを抱きました。
      お母様が個室に移り、会話が出来ない状態にもかかわらず、何度も何度もあなたの手を握りしめてくれた情景が鮮明にイメージでき、読んでいて涙が出てきました。
      言葉では伝わってはこないけれど、想いは心の奥底にまできちんと伝わってくる、
      そんな素敵で素晴らしい親子関係だったのが文面から伝わってきます。
      お互い素敵な母親を持って幸せですね^^

      「今は泣いてばかりで無気力な日々が続いてしまっていますが」⇐凄くその気持ちわかります。僕は未だにこの現実を受け入れられていなくて、何より向き合えていません…。大事で大好きな父と母であったからこそ、何年立っても寂しくて、恋しくて、会いたくて、話したくて仕方がありません。

      でもあなたがおっしゃるとおり、僕らは亡くなった両親の為にも僕らは自分の人生を満喫して幸せに過ごすことが何よりもの親孝行だと思います!
      だからお互い両親からたくさんの無償の愛情をもらって大事に育ててもらったわけですからお互い頑張って生きましょうね^^

      お母様の「あんたの幸せがお母さんの幸せ」とても素敵な言葉ですね。
      凄く心に響きました。こちらこそ本当にありがとうございます^^
      これからもご覧いただけると嬉しいです^^
      コメントありがとうございました^^



コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット