20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

(次に眠ったらそのまま…かもしません…。)


その言葉に
僕はとてつもない
恐怖を感じた。


(もう本当にもうすぐはつみが死んでしまう)


その残酷な未来がもう目の前に迫っている。
その未来はもう近い…。
計り知れない恐怖が僕の心を苦しめた。


母の病室の前に着いた。
何度も何度も気持ちを落ち着かせようと
深呼吸を繰り返す。


母には忘れ物を確認しに
行っていることになっている。


時間が立てば立つほど
母に怪しまれる。


(早くはつみのところに戻らなきゃ…)


何度もドアの取っ手を握ろうとするが
握ることができない…。


まるでドラマのワンシーンのように
それを2、3回繰り返した。


母の前で何もなかったように
振舞う自信がない.


母の前で笑える自信がない


ようやく母に嘘をつかなくて良くなったのに
また嘘をつかなければいけない


この扉の向こう側にいる母の顔見たら
僕はまたすぐに泣いて母を不安がらせてしまう。


僕はしばらく扉の前で葛藤していた。
しかしやはり扉を開ける
「覚悟」が決まらない。


息を吐き、目が真っ赤になっているのがわかったので
一旦気持ちを整えなければと
トイレに行って顔を洗った。


鏡越しの自分に向かって


(落ち着け、落ち着くんだ)


と僕は自分で自分を鼓舞した。
そしてようやく覚悟を決めて
母の病室の扉の前に戻った。


今できる最高の作り笑顔を浮かべて
「よし!」と気合を入れて
扉を勢い良く開けた。


この時の僕は勢いで乗り切ろうと
というか、母に口を挟まれないように


「何も忘れていなかったよ」


「ちょっと1階の売店に行ってジャンプを立ち読みしてた」


「遅くなってごめん」


などとまくしたてるように早口で
聞かれてもいないことまで
母に報告をした。


すべては母に怪しまれないために…。



すると母は…
微笑みながら僕に向かって







「先生に何て言われた?」




「え…?」




動揺する僕。





「え?だから忘れ物はなかったって…」


しかし必死にそう否定しながらも
僕の声は震えていた。


母は穏やかな顔で


「あたしを誰だと思ってるの?^^」



「おまえの顔を見れば何かあったな、ってすぐにわかるさ^^」



僕は母からのその言葉を聞いて
その場で膝から崩れ落ち
ベットに寝ている母のちょうど
太もも部分の布団に顔をうずめて
泣き崩れた…。


母には僕の考えていることはお見通しだったのだ。

僕の心は母に見透かされていた。


僕が泣き続けている間、母はゆっくりと
僕の頭をポンポンと優しく何度も叩いてくれた。
無言でずっと。母からの愛情が凄い伝わってきた。


僕はその母からの愛情と
母が僕の事を本当に理解してくれていることが
たまらなく嬉しかった。


それと同時に母と一緒にまだまだいたいのに
母との別れの時間が迫っているこの現実を
受け入れられずに、母を失いたくないと
泣き続けた。


そして思わず


「はつみ…怖いよ…離れたくないよ…」


と泣きながら弱音を吐いてしまった。


母は


「大丈夫、これからもずっと一緒さ」


と優しい声で僕を慰めてくれた。


母の優しさが本当に心に染みて
ずっと泣いていた…。


母は結局、亡くなるまで
僕が病室に戻った時に
「先生に何て言われた?」
と聞いてきただけで
それ以降は追及してこなかった。



おそらく僕の顔を見て
深刻な事を言われたのだろうと思い
また取り乱す僕をこれ以上
傷つけないようにとそれ以上のことは
聞いて来なかったのだろうと思う。


母は本当に優しい人だった。


そしてこの夜、
僕は父にやり場のない怒りを
ぶつけてしまうこととなる…


それは僕が
母の死を認めたこと、
負けを認めたことを
意味することとなる…。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット