20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

「20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~」



ブログタイトルを変更しました。



「両親を癌で亡くした僕が伝えたいこと」
このタイトルでブログを書き続けて来ました。



ブログを書き始める頃は
まさかこんなに多くの方に
読んで頂けて、かつ応援して頂けるとは
思っていませんでした。



僕は両親を癌で亡くしました。
最初は癌で親を亡くした方や
現在癌で闘病中の方や
そのご家族の方に
僕の経験が役に立ってくれればという想いがあり、
このようなタイトルをつけました。



ですが、ブログを書き続けた中で
皆さんから頂いたこれまでの心温まるコメントを
読む中で気づいたことがあります。



それは「若くして両親を亡くした」ということが
語弊はありますが相手の心に響きやすいということ。
僕は21で母を、29で父を亡くしました。



僕は若くして絶望を知りました。
でも逆を言えばそれは僕の武器でもある。



20代で両親を亡くした僕。
友人や職場の方など周りを見渡しても
なかなかいない。



ブログを書き続け、多くの方に読んで頂けている中で
僕の想いは次第に変化してきました。



僕の想いはただひとつ。
僕の経験を一人でも多くの方の心に届けたい。



そのためには多くの方の目に留まるような
興味を引けるタイトルにしたい。



また以前、XYZさんから頂いた
「あなたのブログが、様々な方の宿り木になるよう願っております。」
という素敵なコメントが
とても心に響き、心に残っています。



僕の目指すところはそこだと強く思いました。
この「宿り木」という素敵な言葉と
僕が大切にしている「心」をセットにして
「心の宿り木」という言葉を
サブタイトルに付けさせて頂きました。


両親がいなくなって初めて迎えた
新しい年ということもあり、
ブログタイトルを変更しました。



恥ずかしながらこのブログが
1人でも多くの方の心の宿り木に
なってくれたら良いなあと思っています。



これからも頑張っていきます。
よろしくお願いします。



次回も「番外編」です。
母の話は来週から再開します><



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 匿名
    • 2018年01月05日 18:23
    • はじめまして、通りすがりのものです。

      老婆心ながら申し上げますが、タイトルの件、「宿り木」ではなくて「止まり木」ではありませんか?

      「鳥たちが羽を休めるために止まる木のように…」という意味合いであれば、やはり「止まり木」だと思います。

      ちなみに、「宿り木」は基本的に寄生する木を指しますので、そういった意味で使われることはないように思います。
      もちろん、「生命力」「忍耐」などといった意味合いを持つ木でもありますので、プラスの側面がないことはないのですが…

      念のため、一度ご自身でお調べになってみてはいかがでしょうか。

    • 2. yuuji16
    • 2018年01月05日 21:40
    • コメントありがとうございます。
      言葉足らずで、誤解を招くような表現で申し訳ありませんでした。
      僕もタイトル変更の前に自分なりに調べました。
      ご指摘の通り、基本的に宿り木には寄生する木というのが大前提ですね。
      だからといって「忍耐」や「生命力」という意味でもこのブログに合致しません。

      「止まり木」という表現は出てきませんでしたが、似たような「拠り所」という言葉にしようかと迷いました。ですが、僕のブログはちょっとした心の休憩をするような内容ではないと思っています。あくまで僕の経験や想いを読んで、親を大事にしなければと考え直すキッカケになったり、忙しい日常生活を送る事で忘れかけている何か大事な事を思い出させることができるような場所でありたいと思っています。

      そういった意味でも、宿り木について調べていく中で、「愛の木」や「ヤドリギの下で友が出会うと幸せになり、敵が出会うと戦いをやめる」といった素敵な神話や伝説にとても心が打たれました。
      大それたことを言えるような人間ではありませんが、僕のブログを読むことで、大切な人との過ごし方や自分の人生について考え直すきっかけとなり、それが良い結果となって幸せになってくれたら良いなと願っています。また現在、親や大切な人と関係がうまくいっていない方達には、その相手に対する憎しみの気持ちを少しでも和らげられるようなそんな存在になれればとも思っています。
      ですが今回の匿名の方のような指摘はごもっともです。僕の言葉足らずで、またひょっとすると僕がそう思い込んでいるだけで、大多数の方から見れば僕の見解は間違っているかもしれません。
      それでも僕は「心の宿り木」と言わせてもらいます^^
      ただあまりにも今後も同じようなご意見を頂いたら、考え直すかもしれません(笑)
      貴重なご意見ありがとうござました^^
      通りすがりということで、また匿名さんの目に留まるようにこれからもがんばります^^
    • 3. ゆぅき
    • 2018年01月06日 09:53
    • 私も14歳で母親、20歳で父親を亡くしました。このブログを通し考えてみると10年以内に両親が居なくなったんだな、と改めて気付きました。母親が亡くなった後は地獄でした。更に父親が亡くなった後は今も続く地獄です。自分にも兄弟姉妹が居たらなぁ、とか色々思いを巡らせています。ちなみに母親は脳の遺伝病(医師が言うには家族性だとか)らしいもやもや病というもので父親は癌でした。何だか親戚一同色々と群がり最悪です。何と無くコメントしました・・・お兄さんはお元気ですか・・・
    • 4. yuuji16
    • 2018年01月06日 14:17
    • ゆぅきさんコメントありがとうございます。
      僕以上にお若い時にご両親を亡くされていて言葉がありません…。
      14歳という多感な時期にお母様を、20歳という人生の節目の年にお父様を亡くされ、
      「地獄」という表現が凄すぎて僕には想像もつきません…。兄弟姉妹がいないというのはかなり大きいと感じます。僕は兄がいたから、兄のおかげで地獄まではいかず、絶望ですみ、今こうして兄ともども元気に生きてこれています。
      ありきたりな言葉としか思われないかもしれませんが、一日でも早くあなたを地獄から解放してくれる方が現れるのを心から願っています。

      恥ずかしながらお母様のもやもや病という病気を初めて知りました。調べてみましたが難病なのですね。症状を読む限り、お母様も、そしてゆぅきさんご自身もかなり辛い現実を目の当たりにしてこられたのだと強く思いました。それが中学生という多感な時期で、見たくない現実、聞きたくない事実、そういったことに毎日たくさん傷ついて来られたのではないかと思います。

      本当に何と声をかければ良いのか正直言ってわかりません…。でも同じように若くして両親を亡くしている僕としてはとてもあなたのことが心配です。
      「今も地獄」という言葉が僕の胸に突き刺さっています。
      あなたが一日でも早く「地獄」から解放されて「生きてきて良かった~^^」と心の底からそう言える日が来てくれることを、願っています!!どうか一日一日を大切に過ごしていってください><


    • 5. XYZ
    • 2018年01月08日 01:29
    • 恐れながら、お詫びとお礼を申し上げます。

      まず匿名様には不安要因となってしまったこと。
      言葉の影響力は大きいものであることを自覚せずにはいられません。

      また、解釈はそれぞれですので、管理人様の思うままに言葉を綴るのが望ましいでしょう。良いも悪いも、相手の受け止め方次第であり、自由です。

      そして、貴方の公平性に畏敬の念さえ覚えます。

      相手の意見を尊重し、且つ、対立する意見も肯定しご自身の糧になさること。どちらにも偏らず、どちらにも寄り添う姿です。

      今後も見守っていきます。

      ここに集うコメント主の皆様も含めて。

      それでは、また。
    • 6. yuuji16
    • 2018年01月09日 14:56
    • XYZさんへ
      またこうしてコメントを頂けて嬉しいです^^
      XYZさんには絶対に今回の記事をご覧頂きたかったので嬉しい限りです。

      それと同時に今回の記事で、XYZさんを巻き込んでしまう形となり、お詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

      今回の匿名さんのご指摘は本当に的を得ていて、正直なところ、「そう捉えて当然だな」と納得がいくと言いますか、言葉足らずで誤解を生むような表現であったと猛省しております。
      決して匿名さんは僕に対して揚げ足をとろうとしたり、批判しようとしてコメントしたわけではなく、あくまで僕の為を思ってコメントをしてくださったのが、凄く伝わってきました。とてもありがたい事だと感じています。

      XYZさんや匿名さんやコメントを下さる方が良い方ばかりで
      いつも励まされています^^

      「今後も見守っていきます。」
      とても嬉しいお言葉です^^
      XYZさんは僕に宝物の言葉を下さった方です^^
      これからも是非よろしくお願いします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット