20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

番外編ばかりで
すみません><


新年早々、幸先の良い
スタートが切れました^^


昨年の両親がいなくなってから
初めて迎えた僕の誕生日の時のように
母が亡くなってから
何度か不思議な出来事を経験した。


母とはお互い恋しいまま別れたので
そういった不思議な出来事は多々あるが、


父が亡くなってからは父からの
そういった何か不思議な事は無かった。


でもそれは母の時と違って
父の事をしっかりと送り出せたと
心の底から思えているから
そういった不思議な事は起こらないのかなと
思っていた。


でも父が亡くなったから初めて
父からのメッセージかなと思える事が起きた。


僕は今年の元旦も仕事だった。
サービス業だから元旦はなかなか休めない。


かと言って、結婚もしていなければ
彼女もいないので、元旦に
仕事でも特に不満もない。


年末ということもあり
職場ではここ最近
大掃除がてら
保管期限が切れた資料を
シュレッダーにかけて処分していた。


僕はいつもその仕事を同僚に任せ
他の仕事をしていた。


でも元旦ということもあってか
いつもより仕事量が少なく手が空いたので、
僕も資料をシュレッダーにかけることにした。


(どれどれ、ささっとやりますかな)


と大雑把に取って資料を
シュレッダーにかけていく僕。


シュレッダーが紙を切断している最中に
次にかける資料を手に取る。


その繰り返し。
そして不意にこれから
シュレッダーにかける資料に目を通した。


(いつの頃の資料だろう?)


(うわ~懐かしい書式だな~)


(前はこんな書式の紙だったな~)


と手を止め、資料に見入った。
そして次に日付に目をやると…。


僕はドキッとした。


(え?2014年8月1日って!?)


(おれがこの会社に転職した日じゃん!!)


僕が手にした資料は
僕が今の会社に転職して
初めて働いた日の資料だったのだ。


僕は今の会社が2つ目の会社。
つまりこの日は人生で初めて転職をした日。


僕は4年制の大学を卒業して
飲食チェーン店の会社に就職した。


そこで約4年と3ヶ月働いたのだが、
当時僕は入社して1ヶ月後から
ずっと夜勤の担当だった。


当時から父は僕の体の事を
心配してくれていて


日勤の勤務のみの
今の会社に転職が決まった時は
凄い喜んでくれたのを覚えている。


父が亡くなり
初めて迎えた年のお正月。


色んな意味で新しい年が
スタートしたこの日。


たまたま手が空いたから
普段はやらないシュレッダーをかける仕事をしたこと。


たまたま取った紙が
自分が転職した初日の資料。


僕はまた都合の良い解釈をした。


新年最初の仕事。


何だかこれは父からの


「ゆうじ、初心を忘れるなよ!」
というメッセージだと解釈した。


こんな偶然なんてありえない。
これは間違いなく
「父からの激励」だと。


何だか新年早々良いスタートが切れました^^
僕も皆さんも今年は今まで以上に
良い年にしましょうね^^


改めまして今年もよろしくお願いします^^


闘病記ランキング↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. メル
    • 2018年01月13日 01:54
    • 元旦からお仕事 お疲れ様です。お正月から お仕事頑張ってらっしゃるゆうじさんを お父様見守られて 激励されたのですね。きっと
      最先のいいスタートがきれてヨカッタですね。お正月は、遠くにいる息子達が 帰ってきて、嵐のように去って行きました。
      ひとりの生活は、 寂しいです。でも 子供達に 帰ってきて一緒に 暮らして欲しいとは、 思いません。子供達には、自分が納得出来る人生を歩んで欲しいから。離れていても心は、寄り添っているつもりだから。子供達の幸せが私の幸せだから。
      今年も よろしくお願いします。
    • 2. yuuji16
    • 2018年01月13日 14:05
    • メルさんお久しぶりです^^
      お正月は息子さん達が会いに来てくれたのですね^^
      帰ってきて嵐のように去っていく、よく楽しい時はあっという間とも言いますから、きっとその分、息子さん達と過ごしたお正月はメルさんにとって、そして息子さん達にとっても濃密な時間であったと思います。
      「ひとりの生活は、 寂しいです。でも 子供達に 帰ってきて一緒に 暮らして欲しいとは、 思いません。子供達には、自分が納得出来る人生を歩んで欲しいから。離れていても心は、寄り添っているつもりだから。子供達の幸せが私の幸せだから。」
      とても素敵な想いに読んでいてウルっと来ました。そして改めてこんな素敵なお母様をお持ちの息子さん達が羨ましくなりました。
      「無償の愛」とはまさにこういうことを言うのでしょうね。もちろん今もきちんと息子さん達はメルさんの事を大事に思っていると信じていますが、いつかこの素敵な母の想いが息子さん達の心に届いて、今まで以上に素敵な親子関係を築いてほしいなと感じました。
      また昨今、家族間でトラブルや事件などのニュースを目にします。
      メルさんのような素敵な母親が一人でも多く増えてほしいなと強く思います。
      今年もよろしくお願いします^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット