20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

もしタイムマシーンがあって
人生の中で1日だけ戻れるとしたら
僕は即答で、はつみの余命宣告の日を選ぶ。


もっと前に戻れば、癌が発症する前に
はつみに伝えられれば
今も生きれているかもしれない。


でも僕はそれはルール違反だと思う。
人にはそれぞれ生まれた時から
寿命が決まっているのではないかと思うから。


それに仮にはつみに癌が発症がする前に伝えて
生き延びたとして、
僕だけが幸せになるのはずるいと思う。


はつみには申し訳ないけれど
自殺や交通事故や急な病に倒れ、
お別れの時間がないまま、
何も伝えられず
大切な人と別れてしまった人にこそ
タイムマシーンを使って
大切な人の命を救ってほしい。


僕ははつみの命は救えないけれど
出来る事ならタイムマシーンで
あの日に戻って
あの日のはつみの[心]を救いたい。


ただ泣くことしかできないけれど
告知の席に同席したい。


放心状態だったはつみの心に寄り添いたい。
一緒に悲しんで、
一緒に思う存分泣きたい。


「今日は傍に居てほしいな」という
はつみの心の叫びをしっかりと受け止めて
一晩中、はつみのそばに居たい。


今の自分でも、かけられる言葉など
見つからないし、かけられないけれど
あの日気づけなかった心の叫びを
はつみと共有したい。


そして思う存分2人で泣きたいなあ。
そして大好きだよってもう一度伝えたい。


はつみと信ちゃんの子供で
おれ本当に幸せだよ


ってこの9年分の想いを込めて
改めて伝えられたなあ。



いかん…書きながら涙が止まらなくなってしまった。
ここまで読んで頂いたということは
僕の妄想にお付き合い頂けたようで嬉しいです^^
ありがとうございました。


おかげさまでブログを開設して約3ヶ月。
ついに先日初めて、1日で403名の方に
お越し頂きました。


誰かの役立ちたい
その一心で書き続けて約3ヶ月。


LINE読者も15名の方に^^
僕の書く記事を気にかけてくださって
それだけで僕の励みになっています。


温かい心のこもったコメントも頂けて
このブログを書いていて良かったなと
実感しております。


拙い文章ではありますが、
これからも当ブログを引き続きご覧いただければ幸いです。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. XYZ
    • 2017年12月24日 00:14
    • 純粋に応援したいです。

      意図的に誰かを挑発するでもなく、嘲笑もせず、争いをけしかけられても戦わない。
      ただただ、ひたむきに、堂々と自分の意志を貫く貴方を尊敬します。

      貴方は本当に素晴らしい方です。

      此方のブログが、様々な方の宿り木になるよう願っております。
    • 2. yuuji16
    • 2017年12月24日 01:01
    • コメントありがとうございます^^

      頂いたコメントは端的にもかかわらず、僕の心に凄く入ってきました。
      何度も読む返したくなる心の籠ったコメントをありがとうございます!

      「純粋に応援したい」
      凄く嬉しいです。[純粋に]という言葉が凄く心に響きました^^

      ただせっかく褒めていただいたのですが、普段の僕は些細な事でイライラしてしまったり、自分の意志を貫けない未熟者です><

      ですが「命」や「家族」などの言葉には過剰に反応して、「相手の力になりたい」と「何か役に立てるのではないか」と心の底から何か熱い思いのようなものが込み上げてきます。
      自分の信念に基づいて発言した考えを評価していただけて励みになります。
      これからもぜひ応援していただければ幸いです^^

      僕も僕の想いを綴ったこのブログが多くの方の目に留まり、そしてその方達の心の宿り木になれるよう、これからも精進していきます。
      素敵なコメント本当にありがとうござました^^
      また宝物のコメントが増えました^^
    • 3. ラブハウス
    • 2017年12月25日 19:39
    • 5 長々と書き込んだのですが、文字数オーバーになってしまいました(^^;)

      『宿り木』というのは、私の心にもしっくりときました。
      ・・・いい言葉ですね。
      グリーフで苦しんでいる人へ、日々の悩みが辛い人へ。ゆうじさんのブログで温まっていけばいいなと。

      タイムマシーンがあれば、私は薄情で帰省をほとんどしなかった日々に戻りたいです。
      私は、最後の1週間は母からの「何かあれば呼ぶからソファに寝てて」との願いで24時間泊まり込みましたが。。
      家族からは反対され(一人だけに負荷をかけていると思われるのが嫌だという理由(-_-;)、一部の看護師さんからも疎まれ(個室だったのに、です)。
      フォローするわけではありませんが、経験談から一長一短だと思っています。

      愛情があればあるほど、告知も痛みも辛い。
      愛ある家族とのお別れが、お母様は本当にお辛かったのだと察します。
      それでも、ゆうじさんのお母様はゆうじさんのご家族の力で、最期まで過ごしていたんだと感じました。

      お疲れでしょう、コメント返しは不要です(^.^)/
    • 4. yuuji16
    • 2017年12月26日 23:09
    • ラブハウスさんいつもコメントありがとうございます。
      せっかくコメント返しは不要と僕の体を気遣って下さったのですが、
      僕の為に時間を取ってくれた事、そして素敵なコメントを頂いた以上、
      返信をしないのは自分の気持ちに納得ができないので返信させていただきます^^

      「宿り木」。僕も凄く良い言葉だなと思いますし、素敵な言葉を頂きました。これから大切にしていきたい言葉です^^微力ながらこれからも心を込めて書きますね。

      ラブハウスさんはお母様のお願いで泊まり込みをされたのですね。
      個室にもかかわらず、一部の看護師さんに疎まれたり、ご家族にそのように思われてお辛い思いをされたのですね…。でもお母様は間違いなく傍にいてくれたラブハウスさんの存在が大きな心の支えになったと思います。
      今まで心のどこかで「団体部屋だから」「個室の部屋だったら泊まっていた」と都合の良い言い訳を持っていたので、個室にもかかわらずそのような想いをされた事、貴重な経験談を聞けてとても勉強になりました。言葉は正しいかはわかりませんが、何か心の中がスーッとしました。

      たしかに愛情があればあるほど諸刃の剣というか辛いものですね…。
      「愛ある家族」
      「家族の力で、最期まで過ごしていた」
      嬉しくて泣きました。ありがとうございます。そう言ってもらえて本当に嬉しいです。
      最期まで泣くことしかできなかったですが、母の子供で本当に幸せだと心の底から思っています。今でも。



    • 5. 名無し
    • 2018年10月24日 18:00
    • 初めまして。つい先日、母を癌で亡くしました。
      20代で親を亡くした人はどんな気持ちなのか、どうやって前を向いて歩いていくのかなど知りたくて探していたところこのブログを見つけました。
      タイムマシンがあったら、僕は絶対もっと何年も前に癌検診を受けて欲しいと頼むと考えていましたが、これを読んで少し考えが変わりました。死に目には立ち会えましたが、昏睡状態のまま他界したので最期は会話をせずにお別れになってしまいました。前日の会話も殆ど覚えていません。もっと話をしておけば良かった、温泉も元気なうちに行けば良かった。タイムマシンがあったら、決まった寿命までにいかに後悔を残さずにしたいことをするかに使おうと思います。叶わぬ願いですが…
    • 6. yuuji16
    • 2018年10月26日 23:09
    • コメントありがとうございます。
      ブログを書きながらいつも皆さんがどうやって僕のブログに辿り着いているのかと疑問に思っているので、こうしてブログに辿り着いた経緯と理由が知れてとても参考になります。そしてそれ以上に、心に大きな傷を負った方の、誰かの役に立てているのだと再認識することができて身が引き締まります。

      今回コメントを下さったのはタイムマシンの記事についてですね。僕もこんなカッコつけた事を言っていますが本音を言えば、あなたのように癌が初期で発見できる前の頃に言って母に伝えたいという気持ちはあります。でもそれ以上にルール違反だと思っています。人には必ず生まれた時から寿命が決まっていると僕は強く思います。だからこそ毎日の日常に感謝の気持ちを持って、一つでも後悔しないように一日一日を大切に大事に過ごさなければならないと思います。
      今回頂いたコメントを拝見して両親を亡くした僕にはあなたの当時の辛さと後悔の気持ちが文面から凄く伝わってきます。「死に目には立ち会えましたが、昏睡状態のまま他界したので最期は会話をせずにお別れになってしまいました。前日の会話も殆ど覚えていません。もっと話をしておけば良かった、温泉も元気なうちに行けば良かった。」読んでいて涙が出てきました。僕が偉そうに言うのは失礼ですが本当に心残りがあるお別れですね…。こんな辛いお別れをしたあなたが僕のタイムマシーンについての考えや想いを読んで考え方が少し変わった事とても誇らしく思います。どうかあなたにもお母様からもらった残りの素晴らしい時間と人生に一つでも多くの幸せが訪れてほしいと強く思います。コメントありがとうございました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット