20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

告知の日。
僕はジャイアンツ球場にいた。


ジャイアンツ球場で大田選手に
サインを貰おうと待っている。


でも母の事が頭から離れない。
今この瞬間にも母はどうしているのだろう。


(もう終わったかな…?)


(はつみは大丈夫かな…?)


(おれは最低だ…何してんだよ…)


考えることは母の事と
そして父と母に対する罪悪感。


自分で選んだ決断だが
次第に増していく罪悪感。


かと言ってあの場に同席する
覚悟も勇気も僕にはない…。


一番傍に居てあげなければいけないのに
僕は本当に最低な行動を取った。


そしてそうこうしているうちに
無事に大田選手にサインを貰えた。


(よし!これではつみも喜んでくれるぞ)
などと自分の都合の良いように
気持ちを振るい立たせ、
僕は父と母が待つ病院へと
急いで向かった。


病院に着くなり
1階のロビーで父にメールをした。


いきなり母に会う勇気は僕にはなかった。
ここでも僕の弱い気持ちが出てくる。


父と1階のロビーで待ち合わせをした。
ジャイアンツ球場に居た時から
ずっとこの日は心拍数が上がっていたけれど


病院に着いて父にメールをして
父を待っていたあの時が一番心拍数が上がった。
あの時の光景は今でも覚えている。


そして未だにこうして思い出すと
あの当時の鼓動が蘇るというかドキドキする。


父が下りてきた。
駆け足で父の元へと向かう僕。


「どうだった?はつみの様子はどうだった?」


僕ははやる気持ちが抑えきれず、
父を質問攻めした。


「大丈夫だ。聞いたときはショックを受けていたけれど今は落ち着いている。」


「良かった~。じゃあ今は話せる状態ってこと?」


僕は父からの言葉を聞いて安心した。


(余命を宣告されたのだし、ショックを受けるのは当然だ)


(でも思ったより動揺していないみたいで良かった)


などと自分の都合の良いように勝手に解釈した。


僕はこの時点で
大きな間違いをしてしまった。


そしてその大きな間違いに気づかず、
母に対して最低な言葉を投げかける。


もちろんこの時の僕は
母の気持ちを考えていたつもりだった。
でもそれは本当に「つもり」だった。


僕は父からの「大丈夫だ」という言葉を真に受けた。
父が僕の事を想って、
心がボロボロだった僕へとくれた
精一杯の優しさの言葉だったのに…。


僕は


(これでもうはつみに嘘をつかなくて良いんだ!)


(これで今日からはつみと同じ方向を向いていける!)


と、この1ヶ月はつみに対して
嘘をつかなければならなかった毎日から
解放された事に、不謹慎ではあるが
一種の高揚感のようなものがあり


告知という残酷な現実を突きつけられた
はつみの気持ちを考えるよりも
自分が得られた解放感が勝ってしまった。


そしてその一番に考えなければいけなかった
「はつみの想い」を考えもせず、
はつみの元へと向かった…。


忘れもしないあの光景。
僕がはつみの病室へ向かうと
ちょうどはつみがトイレに向かうため
看護師の方に付き添われながら
病室から出てきた。


僕の顔を見るなり一言。


「大変だったね…。」


今にして思えば
この時のはつみは放心状態だった…。


けれど僕は母の異変に気づかず…。
解放されたことへの反動からか
笑顔でこう返してしまった。


「ううん。これではつみに嘘をつかなくて良いから嬉しいよ!」


はつみは「そうか。」とだけ
弱々しく返事をして
トイレへと向かった。


あの時の、あのはつみの背中は
今でも忘れられない。


はつみは大丈夫などではなく、
放心状態だった。


放心状態になるのは当たり前だなと
年を重ねるにつれ、強く思う。


でもこの時の僕は違った。
はつみの事を考えて毎日毎日泣いていたのに
僕は自分のことしか考えていなかったのだ…。


そして僕はこの日の夜も
はつみの想いを踏みにじる…。


今も消えぬ後悔…。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (11)

    • 1. 水際
    • 2017年12月17日 20:02
    • こんばんは。
      はじめまして。

      私は数年前に父と母を事故で
      なくしました。

      私も同乗していたのであの最期は
      本当に辛いです。
      又、事故なので、弟だった奴はじめ
      親戚からも非難されてきました。

      私は一人で生きています。

      ゆうじさん、貴方はお若い。
      これから幸せになって頂きたいです。

      親になった事がない私が言うのも
      なんですが、
      親にとれば子供が楽しく笑ってくれていたら最高に幸せなんだと、母がよく言っていました。
      だからゆうじさんはご自分を責めないで
      ください。

      どうか、踏ん張って生きてください。
      お父様とお母様から頂いた命を大切になさってください。

    • 2. yuuji16
    • 2017年12月17日 20:16
    • 水際さんはじめまして。そしてコメントありがとうございます。

      こんなこと言うと気分を悪くされるかもしれませんが、交通事故や殺人事件で亡くなった方のニュースを見ると心が痛みます。それと同時に不謹慎ではありますが末期がんだったとはいえ、お別れの時間がわずかに残されていた僕は幸せだったのかもしれないとも感じます。こうしたことは比べてはいけないことだとはわかっているのですが、感謝の想いなど伝えられる時間がもらえた僕は幸せだったのかもしれないと感じます。

      水際さんは僕が心を痛める両親との別れ方を、そしてその車に同乗されていたこと、また本来傷ついた心を支えてくれるはずの弟さんや親戚の方から非難されてしまったこと。僕には想像もつかない苦しみです。
      ただ両親のことを考え悲しむだけで良い僕とは違い、
      なんと言ったら良いのか言葉が見つかりません…。

      辛い思いをされてきたはずなのに、こんな僕を励ましてくださり本当にありがたく思います。

      どうか水際さんも僕と一緒に踏ん張っていきていきましょうね><
    • 3. 水際
    • 2017年12月18日 05:40
    • ゆうじ様

      おはようございます。
      お返事をありがとうございました。

      事故や殺人事件のニュースを見ると
      その胸が痛まれる、でもお別れの時間があった自分は幸せだ、という貴方の言葉は
      明らかに矛盾しています。

      自分より不幸な人を見付けて
      元気になっていかれる方だと
      誠に残念ながら捉えました。

      父と母は長患いして周りに迷惑を
      掛けるなら、
      笑いながらアッという間にあの世に行きたい
      と、いつも言っていました。
      二人の思い通りになり、
      仲の良かった父と母が一緒に行けて
      どちらかが悲しむ訳でもありません
      でした。

      だから不謹慎ですが
      私は幸せだったと思います。

      これから貴方は他人の不幸を見付けながら
      自分は幸せだと思って
      他人と比較しながら
      生きていかれるのでしょうね。

      父と母の尊厳に関わる事、
      コメントせずにはおられませんでした。

      頑張ってください。

    • 4. ラブハウス
    • 2017年12月18日 16:33
    • 5 ゆうじさん

      お疲れ様です。
      いつもながら丁寧な描写に、不思議と引き込まれて浄化されていくようで。
      ありがとうございます。

      お母様、お父様と先ずは夫婦二人の時間を持てたこと。
      告知のショックを受けたとき、全員揃っているよりも二人きりのほうが気遣いなくよかったかもしれない。
      私の考えですが、率直に感じました。

      私はアラフィフにもかかわらず、未熟な人間です。
      ゆうじさんやコメントをされる読者の皆さんには頭が下がる思いです。
      悲しい出来事に向き合う強い姿に。

      心を文字にする、書き出す作業は気持ちが癒されると聞いたことはありませんか。
      ゆうじさんのブログ記事にコメントすることで、絡み付いたマイナスの石みたいなものが削がれていくようで。
      本当にありがとうございます。

      ゆうじさんと読者の皆さんの心が、どうか温かく癒されていきますように。

      一人のおばさん読者より。
      感謝をこめて!!
    • 5. こち
    • 2017年12月18日 20:18
    • 自分の身に起きたことは1番の不幸に感じると思います。
      しかし自分より辛い人が居る、自分が1番つらいのではないと書いている…
      ゆうじさんが他人の不幸を自分と比べて幸せだと言いたいのではないんだと思います。

      お若いゆうじさんがお母さまの病と向き合うのはつらかったでしょうね。
      応援しています!
    • 6. rin
    • 2017年12月18日 23:08
    • お父様も、お母様も、そしておそらくお兄様も、それぞれがそれぞれの立場でそれぞれの苦しみ...そして、お互いの哀しみ、苦しみを想いあっておられたと思います。

      きっと哀しみや苦しみなんて比べられるものではないと、誰もが知っているのではないでしょうか。
      その上で寄り添おうとする優しさがゆうじ様、コメントをされている皆様から感じられて、温かい気持ちになります。

      ゆうじ様、皆様、ありがとうございます。
    • 7. yuuji16
    • 2017年12月19日 12:17
    • 水際さんへ
      僕の返信が水際さんの気持ちを害する形となってしまい、本当に申し訳ありませんでした。言葉足らずで真意が伝わらず、配慮が足りない発言をした事を深くお詫びします。
      またこの返信で気分を害する発言をしてしまうかもしれません。ですが僕の想いを書かせていただきます。どうかお時間を頂ければ幸いです。

      たしかに僕は水際さんにご指摘を頂いた通り、自分より不幸な人と比べてしまっています。これは紛れもない事実です。
      ですが他人の不幸を見付けながら自分が優越感を味わいたいわけでは決してありません。これだけははっきりと否定させて頂きます。

      うまく表現できませんが、事故で亡くなった方、殺人事件で巻き込まれた方など、わけもわからずその一瞬で人生を終える方。まだまだやりたいことが山ほどあった中、大切な人達をこの世に残したまま「その一瞬」の出来事でこの世とお別れする。無念だったろうな、もっともっと生きたかっただろうなと、まだまだ元気に生きれる方たち、またそういう人に限って社会に必要とされている人たち、そんな人たちが亡くなっていくことに胸を痛めます。

      それと同時に、僕はやっぱり自分も大切な人を亡くしてきた人間なので、水際さんのような残された方たちの事を考え、より胸を痛めています…。
      事故や殺人事件で大切な人の命が奪われた。
      「なんであの時出掛けるのを止めなかったのだろう…。」
      「もっと自分が電話とか会話であの時間にあの場所に行かなくて済むように時間を稼げることをしておけば良かった…。」

      自分を責めたり、
      あるいは大切な人の命を奪った人間を
      「絶対にあいつを許さない。死ぬまで呪ってやる」
      などと誰かを恨んだりする場合もあります。
    • 8. yuuji16
    • 2017年12月19日 12:19
    • 僕は20代で両親を亡くしました。学生時代の友達は、結婚して子供を産み、自分の親に孫の顔を見せれている。SNSなどを見ると自分の親を旅行に連れて行ったなど羨ましい光景が目に入ってくる。また知り合いで自分より30歳も離れた人のご両親は未だ健在。そんな状況を目の当たりにすると一種の劣等感に近いようなものを感じる時があります。

      でも僕は両親を癌という病に奪われましたが、母とは1ヶ月、父とは1年1ヶ月。
      一緒に死と向き合う時間、残りの時間を神様からもらえました。

      伝えたいことは伝えられた。
      誰かを恨んだりすることはない。

      ただただ両親に対して
      会いたい、話したいなどと
      両親との別れを悲しむだけで良い僕は
      幸せなのかもしれないと思うのです。

      あの時ああしておけば良かったと後悔することはごく僅か。
      でもそのごく僅かの後悔だけで、9年立った今も
      その事に苦しめられている。
      どこか自分を悲劇のヒーローではありませんが自分が一番不幸なのかもしれないと考えてしまう時も正直あります。

      でもそんな僕と比べてら事故など
      無念な状況で生涯を終えることになってしまった方達や、
      水際さんのように事故や殺人事件で巻き込まれて大切な人を亡くされた方、
      そういった方達から見れば

      僕は幸せなのかもしれないと思うのです。
      本来こういうことは比べる事ではないですが…。

      決して人の不幸を見つけて、
      優越感を感じているわけではありません。
      その点だけどうしてもお伝えしたいです。

      僕はのび太くんのように
      「他人の幸せを願い、他人の不幸を悲しむことができる人間」
      になるのが夢です。まだまだ未熟ですが…。

      せっかく励ましのコメントを頂いたにもかかわらず、
      気分を害する形となってしまい、
      改めてお詫びします。
      誠に申し訳ありませんでした。

      もしよろしければ今後も気が向いた時で
      構いませんのでまたご覧いただければ嬉しいです。
    • 9. yuuji16
    • 2017年12月19日 12:28
    • ラブハウスさんへ
      コメントありがとうございます。
      あの時の告知の時は果たして何が正解だったのかは
      未だにわかりません…。
      ただ今となっては自分の中では答えがはっきりと出ています。
      近いうちにブログでお伝えしますね^^

      僕もこのブログを通して色んな方からコメントを頂いて
      その人達それぞれの胸が痛むエピソードや命に向き合う姿に頭が下がります。
      また命について凄く考えさせられます。

      心を文字にして、紙に書いたりすると自分が何を考えていて、どういう感情や思考に支配されているのかが客観的にわかってくるので良いですね。
      そういった意味でもこのブログを書いて良かったと強く思います。

      ラブハウスさんのように応援してくれる方が身近に感じられて凄く励みになります^^
      いつもありがとうございます。これからも温かい目で見ていただけると嬉しいです^^
    • 10. yuuji16
    • 2017年12月19日 12:31
    • こちさん
      僕の想いを代弁して下さり、本当にありがとうございました。
      僕のコメントで相手を傷つけてしまい、落ち込んでいた時にコメントを頂けて、
      かつそれが僕の想いを代弁して下さっていて、とても嬉しかったです^^

      これからもブログを読んで頂けると嬉しいです。ぜひ今後ともよろしくお願いします。
    • 11. yuuji16
    • 2017年12月19日 12:39
    • rinさんへ
      rinさんのおっしゃるとおり、父や兄は口数は元々少なかったですが、
      母の末期がんがわかってから亡くなるまで、それぞれがそれぞれの事を想い合って過ごせました。元々家族の中は良かったけれど、母の一件以降、間違いなく家族の絆は強くなりました。それは現在、兄と僕の2人になった今でも。

      悲しみや苦しみは比べる事ではないと、誰もがわかっている。凄く共感します。
      もし仮にそういうことをして、優越感を感じているのなら、僕は最低だと思います。

      僕はrinさんから頂いているコメントで毎回温かい気持ちになっています^^
      こちらこそありがとうございます。これからもよろしくお願いします^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット