20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

「告知」
ついにこの日が来てしまった。


癌が見つかり、見つかった時には
すでに手遅れな状態。


「母が動揺するから」
と綺麗事を言って先延ばしにして
自分達が傷つくのが怖くて
先延ばしにしていたように思う。


それと同時に
どんなに辛くても
どんなに目を背けたくても
いつか伝えなければならない、
避けては通れない道だとも覚悟していた。

母に告知をする事となり、
父は休みを取った。

兄は仕事に向かった。


僕は大学が補講期間の為、休み。
告知の朝、父は僕に「告知に同席するか?」
と問いかけてきた。


この当時の僕は
もう限界だった。


緊急入院
緊急手術
癌発見
余命宣告
母との残り時間があとわずかしか残されていない事
人生で初めて死にたいと思った事
大好きな母から「死にたい。死んでも良いよね?」と言われた事


21歳の僕にはもう毎日が辛い事ばかりで
しかも目の前で起きる怒涛の悪夢に対して
その都度100%受け止めてしまっていた為


僕の心はもう限界だった。
だから当時の僕が出した答えは…。


「おれは良いよ。信幸が一緒に居てあげて。」
といった趣旨の事を言ったのを覚えている。


はっきりと覚えているのは
こうして言葉を濁した事。


本当は


おれにはもう限界。
これ以上傷つきたくない。
告知を聞いて動揺する、はつみを見るのが怖い。
受け止められる覚悟がない…。


これが僕の心の声、
心の叫びだった…。



要するに僕は逃げたんです…。
怖くて、傷つきたくなくて…。


さらに僕はこれから
不謹慎な行動を取る事を
父に告げた。


父はそれほどではないけれど
1995年頃からイチロー選手のファンとなった
母の影響で我が家は野球が大好きになった。


兄は巨人ファン、僕は西武ファン。
僕が高校生になったぐらいから
選手に直接サインを貰いに行くのが
僕らの楽しみになっていた。

大ファンの涌井選手や松坂選手に
サインを貰えた時は嬉しくて貰えた直後に
その都度母に電話をしていた。


電話の先で母も一緒に喜んでくれて
凄く嬉しかった。


そしてこの日僕は
これからジャイアンツ球場に
この年鳴り物入りで巨人に入団した
ルーキー大田選手にサインを貰いに行くと
父に告げた。


普通なら
「おまえも母ちゃんの傍にいてやれ!」

などと怒っても良いはず。


僕が父の立場なら、間違いなくそう言う。
でも父は違った。


僕の言葉を濁した、
あっさりとした無責任な返事、


そして母への告知という
とてもとても大事な事案に
同席しないうえに
あろうことか
サインを貰いに行くなどと
不謹慎極まりない行動に対して

父はすんなりと了承してくれた。


父は最後まで僕に同席を促すようなこともなく、
呆れた感じでも、突き放すわけでもなく
僕の意志を尊重してくれたというか


僕はその言葉に甘えて
ジャイアンツ球場へと向かった。


僕はこの日、告知という
辛い現実から逃げたのだ…。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (9)

    • 1. 読んでよかったです
    • 2017年12月12日 16:14
    • 5 こんにちは。私は19歳、女です。今年母が突然倒れて意識が戻らずに亡くなりました。
      死別 ブログ と検索してこのブログにたどり着きました。勝手ながら共感し、励まされました。そしてどのような形であれ早くに親を亡くした人は自分だけじゃないと勇気づけられました。
      母を亡くした状況を文字にするということ
      を私ができるかなと思うと、ブログとして書かれていることはとても強い方だと思いました。これからも読ませていただきます。
    • 2. yuuji16
    • 2017年12月12日 16:41
    • こんにちは。コメントありがとうございます。
      19歳でしかも突然お母様を亡くされたとは、同じように親を亡くしたとはいえ
      別れの時間が少なからずあった自分には想像がつかないほどの悲しみだと思います。
      僕のブログを通して共感していただけて、励まされた、勇気づけれられたと聞いて凄く感慨深いです。
      誰かの何かのきっかけになればと思い、このブログを書こうと思って始めたので、こうしたコメントを頂けると、書いていて本当に良かったなと実感できます。
      母を亡くしてまもなく9年。母を亡くして2年ぐらい立った頃から、自分の経験を何かしらの形で伝えていきたいと考えていました。
      そんな矢先、去年父にも癌が見つかり、今年の2月まで残りの時間を大切に過ごせました。母の時の後悔や経験があったからこそ、父との残りの時間は大切に過ごすことができました。そして父が亡くなって半年、長年心の中だけで留まっていた熱い思いが込み上げてきたので、ブログを書こうと思いました。ブログを通して誰かの役に立ちたいと心の底から思っています。
      あなたの心の拠り所になるようなブログであれば嬉しいです。これからも僕のブログをよろしくお願いします。
    • 3. rin
    • 2017年12月15日 00:17
    • ゆうじ様
      はじめまして。少し前にこのブログにたどり着き、読ませていただいてます。

      貴方のような心優しい青年を育まれたご両親、そしてお兄様。本当に素敵なご家族ですね。
      私は、はつみ様がご存命であれば同世代であろうと思われる50代。10年前に父を見送り、母との残された時間の短さにおびえる日々です。この年になっても、です。
      結婚が遅かったので現在、大学生の息子(ちょうどお母様をなくされた頃のゆうじ様と同じくらい)が一人おります。

      母の願いを一言。
      現在、息子は家を離れ一人暮らしをしております。今後もどんな選択をしていくのか。
      寂しくないと言えば嘘になりますね。
      でも、彼が健康で、明るく希望に満ちた毎日を笑顔で過ごしてくれるなら、そしていつか愛する人と巡り逢ってくれるなら、たとえ一生会えなくなってもかまわない…最近、切にそんな風に思うのですよ。
      ゆうじ様のご両親も、天国でそんな気持ちでゆうじ様とお兄様を見守っておられるのではないでしょうか。

      コメントを寄せる一人一人に丁寧に寄り添う返信に、ゆうじ様の優しさがあふれていますね。
      11月18日のブログのコメントの中でポン様に返信されていた、「僕の好きな言葉」、涙が止まりませんでした。
      娘から妻になり、母になり、強くならねばならないはずの自分を恥じるばかりの私が、これから生きていく上で支えてもらえる言葉をいただきました。
      ゆうじ様、感謝しています。

      若くしてご両親を亡くされた体験を、こうして綴ることは大変な作業でしょう。そのひとつひとつが、多くの人の力になり、貴方ご自身の心の中の悲しみ、苦しみを昇華させてくれると信じています。
      長くなってごめんなさい。これからもブログ、読ませていただきますね。
    • 4. yuuji16
    • 2017年12月16日 07:48
    • rinさんはじめまして^^コメントありがとうございます。

      亡くなった当時の母と僕の年齢に近いrinさんと息子さん。なんだか凄く感慨深く、コメントを何度も読み返しました。
      「10年前に父を見送り、母との残された時間の短さにおびえる日々です。この年になっても、です。」この気持ちはとてもよくわかります。親はいつまでも元気でいると錯覚のようなものがあり、自分が年を重ねるにつれ、親と過ごせる時間に限りが見えてくるととても不安になりますよね。それがいくつであっても...。僕は父が40歳の時の子供なので、元々父が元気だった頃から、残りの時間を意識していて怖くなったのを覚えています。それが風邪を引いたときなどの些細な事でも。
    • 5. yuuji16
    • 2017年12月16日 07:49
    • rinさんへ。長くなってしまったので2回に分けさせていただきますね。

      rinさんの息子さんへの想いを読んで感じたのは、率直に申し上げて、「こんな素敵なお母様を持って、こんなに素敵な想いを持ってもらえて息子さんが羨ましいな」と思いました。それと同時に「彼が健康で、明るく希望に満ちた毎日を笑顔で過ごしてくれるなら、そしていつか愛する人と巡り逢ってくれるなら、たとえ一生会えなくなってもかまわない…」というのはダメです!とも思いました。だってこんなに息子さんの事を想っているのだから、これからも何度も何度も顔を合わせて、息子さんの成長を身近で感じてほしいのと、息子さんからたくさんの親孝行をしてほしいと思ったからです。
      やっぱり母親というのはいくつになっても特別なのですよ^^
      それに息子さんもこれからいずれ社会に出て、結婚したりすれば、どんどん親御さんへの感謝の気持ちが芽生え、その想いを行動で示したり、伝えたりしたくなります。その時が息子さんに来たら僕は直接、息子さんからrinさんにそういった行動を取ってほしいのです。息子さんを想うが故に遠くから見守っていたいという気持ちもよくわかりますが、僕はぜひこれからもrinさんと息子さんにたくさんの想い出を残してほしいのです^^その想い出の数が多ければ多いほど、心の支えになりますし。すみませんついつい熱くなってしまいました(笑)僕の好きな言葉がrinさんの心に届いてくれて嬉しいです^^
      父と母が恋しくなり、落ち込みそうになった時など、よく思い出して奮い立たせている言葉です。
      僕の経験がこうしてrinさんや多数の方に届いて、心のこもったコメントを頂けて僕も勇気づけられています。これからもよろしくお願いします。
    • 6. rin
    • 2017年12月16日 16:18
    • ゆうじ様
      心のこもった返信、ありがとうございました。
      何度も何度も読みました。
      涙が止まりませんでした。
      私は羨ましがってもらえるような良い母親ではないのですよ。
      もちろん、地元に戻って就職してくれないかな、近くにいてくれないかな、などという下心は満載ですから(笑)
      ただ、それが叶わないとしても、元気で幸せでさえいてくれれば...と思うのが、母親なのです。
      ゆうじ様のお母様も、きっと不本意ながら早いうちに遠くへ逝かれてしまいましたが、天国で私と同じ気持ちだと思うのです。いえ、もっともっと私以上に...

      これからのブログ、辛い記述が出てくるのだと思うと、心が痛みますが、天国のご両親と共に、ゆうじ様の幸せに向かう道程を期待します。



    • 7. yuuji16
    • 2017年12月16日 23:27
    • rinさん
      ついつい熱くなってしまい自分の意見をごり押ししてしまい申し訳ありませんでした。
      rinさんは僕の母と同じで「無償の愛」を子供に与えられている素敵なお母さんだと強く思います。
      こんな素敵なお母様を持って本当に息子さんが羨ましいです。ちょっと母が恋しくなりました。
      rinさんのおっしゃるとおり、母も天国からそういう気持ちを持っていてくれていると僕も思います。だからこそ両親に恥じない残りの時間を過ごしていきます^^
      これからは母との残りの時間が目まぐるしく進んでいき、たくさん傷ついたり、大切な想いを再認識したりと怒涛のラッシュです。
      どうぞお時間ございます時に僕のブログを読んで頂けたら幸いです^^
    • 8. ひな
    • 2018年02月22日 21:06
    • 5 はじめまして、逃げたと言ってるあなたに一言伝えたくてコメントします。
      私も母をガンで亡くしました。
      30代の時でしたが、辛くて辛くて泣きました。
      そして、年齢が60を超えていたので、進行はそこまで早くありませんでした。
      見つかった時はもう末期に近い状態で手術して抗がん剤治療して、ガンそのものはよくなってきてました。
      けど、うちも人工肛門で、動くこともままなりませんでしたが、もうすぐ退院して家で様子を見ることになり、病院通いを小さい子供がいるという理由でサボってました。
      そしたら突然脳梗塞をおこしたと連絡が。
      この日は一生忘れられません。
      何度も後悔しました。
      もっと会いに行けばよかった。
      私も逃げたんです。
      あなたは若いのにがんばりました。
      お母さんも嬉しかったでしょう。
      お見舞いは大変です。
      告知も辛いです。
      頑張ったあなたはお母さんの誇りです。長々とすみません。
    • 9. yuuji16
    • 2018年02月26日 13:16
    • ひなさんコメントありがとうございます。そして返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
      ひなさんから頂いたコメント大事に読ませて頂きました。
      その中でも「病院通いを小さい子供がいるという理由でサボってました。
      そしたら突然脳梗塞をおこしたと連絡が。」
      読んでいながら何とも言えない複雑な気持ちになりました…。
      僕も父の時、似たような経験をしたのでとても共感しました。
      形は違えど、どこか安心して父の通院に付き添うのを止めてしまい、結果どんどん悪くなっていることに気がつけませんでした。気が緩んだというか…。

      母の時もそうですが、ひなさんと同じように「もっと〇〇しておけばよかった」「後悔」というのはどうしても付きまとってしまうものだと思います。
      母の経験があったからこそ父のことを大事にできましたし、本来ならば一緒にいる間にそういう大事な事に気づいて、接することができれば良いのでしょうが…。

      同じような経験をされたひなさんにそう言ってもらえて凄く励みになります。
      コメントありがとうございました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット